毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

9才の天才少年 

yahooのトピックス・ニュースにも出ていたのでご覧になった方は
多いと思うんですけど、マンUのアカデミーに加入したオーストラリア
生まれのRhain Davis(レイン・デイビス)君がBBCスポーツに紹介
されていて、『ザ・サンの1面となり、新しいウェイン・ルーニーと
言われてる』と書かれていました。動画をみる限りでは、タイプ的には
全然違うんですけどね。^^;
デイビス君の母親は英国籍らしいので将来はイングランド代表として
活躍出来るでしょうか。
でも、とても9才とは思えないプレーっぷりですよねー。



その記事によるとYouTubeで既に300万人以上の人が見たと
言われています。えぇ
BBCスポーツではC・ロナウドを思わせるという感じで書かれていた
のですが、ルーニーよりむしろロナウドの方が近いでしょうか。
デイビスのおじいさんがマンUにDVDを送ったのがきっかけで、
マンチェスターまで呼び寄せられたという事です。



ルーニーをコーチしたエバートン・アカデミーのマネージャー、
レイ・ホールは将来の保証はないと言っているようです。
「我々はどんな約束もしません。若者に夢を成し遂げる機会を提供
しているだけです。」

マンUのスポークスマンは、
「プロフットボールに入ってるユナイテッドアカデミーの卒業生は
本当に多い。しかし、現在ユナイテッドのファーストチームに
英プレーヤー(ダニー・シンプソン)だけは、アカデミーから来ました」

フットボール・エージェントのスカイ・アンドリューズは、
「J・コールは天才的な子供であったし彼は非凡です。
多くの子供は才能を持っているけれど、それは過大評価されてます。

彼らが12才になったら(何人かは16才になったら)離れていきます。
他のクラブに行きたいなら、そのように段取ります。
次のルーニー、デイビス。彼の目の前の目標はいたって単純です。
彼が12才を過ぎたら奨学金を受ける資格(スカラシップ)を得る事
です。それからが本当のハードワークになります。
----------------------------------------------------
確かに、子供は成長するにしたがって、どういう方向にも変わる
可能性がありますよね。プロは厳しいという事です。

【BBCスポーツで紹介されていたフットボールの天才】
J・コール
ウエスト・ハムアカデミーのNew Gazzaと呼ばれ、マンUは16才の
J・コールに1000万ポンド払う気があると言われていました。
1999年J・コール  New Gazza(ガスコイン)と呼ばれていた

サニー・パイク
7才でアヤックス・アカデミーに入ったが、プレッシャーで神経が
衰弱しプロフットボーラーを断念する。

フレディ・アドゥ
14才でプロ契約を結び、昨年はマンUでトレーニングを積んでいた。
現在17才、この夏ベンフィカに加入。

チェルノ・サンバ
13才で、32ゲーム出場し132ゴール。2004年にミルウォールに
リリースされ、現在はプリマスの選手。
----------------------------------------------------
何と言われようが、デイビス君はマンUのファーストチームを
目指す意気込みを持っているでしょう。
是非、このまま成長していってもらってプレミアリーグで活躍して
欲しいですし、イングランド代表になれるよう頑張って欲しいです。
かなり厳しい、長い道のりだとは思いますが、頑張れ!!
ブログランキング
“9才の天才少年”は私もちらっと見出しだけ見ましたが・・・^^
動画を見る限りでは、確かに上手いとは思うけどということしか言えないですね。現サッカー選手の中には、小さい頃はこの少年以上にスゴイ人もいましたからね。チャンスを与えられたというところで、これからの成長次第ではないかなと・・・(^^)

J・コールのところでちょっと気になる箇所が・・・
16才のJ・コールには、たった10ポンドしか払う気がなかったということなのですか?
それと、ガスコインとはどういう意味ですか?
イギリスのユースシステムもイタリアと似たようなものですか?
良かったら、今度教えて下さいね♪
[ 2007/08/04 10:05 ] [ 編集 ]
見た感じ、OMFですね~。
サイドに流れるというより、真ん中でラストパスを出す役割を担いそうです。でも9歳ですからね、こんな子がユナイテッドにいるんだ~とほんのり幸せの気持ちに浸りたいと思います。10年後に期待したいです。
[ 2007/08/04 11:47 ] [ 編集 ]
私も見ましたが、やっぱりすごいなって感じましたね。
昔の小野伸二の子供の頃のプレーもこんな感じだったような・・・
J・コールが昔New Gazzaとは(笑)
[ 2007/08/04 14:08 ] [ 編集 ]
>registamilanさん
すみません、10ポンドは間違いで、訂正しました ^^;
10mポンドと書かれていて、ミリオンを訳すの忘れてました・・・笑

’90年頃~のイングランドの象徴とも言える、ガスコインというMFの選手
がいて、私もプレーは見てないんですけど、想像力豊かなパスやドリブルで、かなりスキルの高い選手だったみたいです。
’92-95年にはラツィオでプレーしてたみたいですよ!

アカデミーのシステムについても、あまり調べてないんですけど大幅に
変わってなければたぶん↓こんな感じかと思います。
U8~12は週2練習・1回試合、U12~16は週3練習・2回試合、
U17~21は16才からはプロ予備軍のスカラシップという契約が出来、
3年間学校に通いながら、フルタイム練習。その中でもクラブが認めた
選手は17才でプロ契約を結んだりと、どんどん狭き門となるのはどこも
同じですね。アカデミーについて、またちゃんと調べたいと思います。笑
最低でも1年毎に選手はカットされていくのでデイビス君もこのチャンスを物にして欲しいですね。
リヴァプールアカデミーは10面も芝グラウンドがあるようで、実家近くのJクラブのグラウンドのしょぼいさは悲しくなります^^; 
[ 2007/08/04 16:44 ] [ 編集 ]
>yueyueさん
目指せ、ジダン!! でしょうか?笑
引き付けて・・・抜いたり、ラストパスみたいなのが好きそうですね。
まぁ、アカデミーに入ったばっかりの9才ですし、どうなるかわかりませんけど、こういう子が日本にいたらもっと騒がれるんだろうなぁって思います!
足の裏もうまく使ってますし、成長して体が出来てきてから
どんなプレーが出来るのか楽しみですよねー。
10年後でも19才!!可能性は無限ですね。^^
[ 2007/08/04 16:53 ] [ 編集 ]
>コージさん
私も小さい子のプレーを見たのは、初めてってくらいだったので結構
驚きましたよっ!
こんな小さくてもこれくらいのプレーが出来るのね~、さすがフットボールの国には集まってくるもんだって思いました。
伸二の子供の時のプレーは、以前CMでやってたアレしか見た事ない
んですけどデイビス君の方が衝撃は大きかったです。^^
New Gazzaって言われていたって事はプレースタイルが似てるんで
しょうね?ガスコインをよく知らないもので・・・ ^^;
でもガスコインの説明を見る限りではちょっと違うような気もします。
J・コールはJ・コールって感じです。笑
[ 2007/08/04 17:01 ] [ 編集 ]
先は長いですが、可能性のある子供は順調に成長して欲しいですね!
夢を成し遂げる機会を与えることが一番大事なのでしょう。
[ 2007/08/04 23:39 ] [ 編集 ]
>あやっくすさん
コメントありがとうございます☆
チャンスがあるだけもすごい事だと思います。プレーをするのが
大好きな子達の多くはプロの選手になりたいと思ってるでしょうし、
しかもマンUの目が留まったとなれば、これ以上何も望むものは
ないってくらい彼は幸せだし、より打ち込めるでしょうねっ。
今は周りの子達とスキル的に差はあるかもしれませんが、傲慢に
ならず、人間的には素直に成長して欲しいですね!
[ 2007/08/05 01:36 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。