毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

タイ・オールスターズ戦 [プレシーズンマッチ 4]  

タイ・プレミアリーグ・オールスターズとの対戦。
以前にリバープールでプレーしていたロビー・ファウラーが7月7日(木)に
タイのプレミアリーグのクラブ、ムアトン・ユナイテッドと1年契約にサインした
という事で、今回のチェルシー戦に出場のオファーがあったのかなかったのか。
バンコク・ポスト誌はファウラーのコメントとして、
「物理的に準備が出来ていないという事と、ムアントンでタイ・デビューを
果たしたい」と言ったと掲載していたようです。
移籍して直ぐですもんね。でも、ファウラーが出場してたら、より面白かったでしょうね!
このオールスターズには日本人も出場していて、ちょっとビックリでした。^^




2011年7月24日(日) 11:50 BST (現地時間 17:50)
Venue: Rajamangala National Stadium, Bangkok
Attendance: -  referee: Apisit Aon-rak


タイ・オールスターズ 0-4 チェルシー

                   219 38分 ランパード
                   
219 49分 ボジングワ
                   
219 52分 イバノビッチ
                   
219 72分 マルダ

チェルシースタメン
ツェフ
ボジングワ、イバノビッチ
、テリー(c)、アーンホルト
マケークラン、ミケル、ランパード
アネルカ、トーレス、スターリッジ

後半
イラーリオ
ボジングワ、イバノビッチ、テリー(c)、アーンホルト
マケークラン、ミケル、ランパード
アネルカ、トーレス、スターリッジ

61分
イラーリオ
フェレイラ、イバノビッチ、ライコビッチコール
ベナユン、ミケル、ジルコフ
カルードログバマルダ

76分
ブラックマン
フェレイラ、チャロバ、ライコビッチ、コール
ベナユンB.クリフォードジルコフ
カルー、ドログバ、マルダ

他サブ
なし (アレックスはサブメンバーに入ってなかったようですね)
------------------------------------------------------------

ツェフがやっと出場!
攻められる事が多かった訳ではないのですがなんでしょうか、この安心感^^

今回ジョシュは中央ではなく、基本は左サイドでのプレー。
やっぱり上がる事を躊躇しなくていい役割だと、本来のジョシュの良さが
出てきますよね!
アネルカは、これまで以上に積極的にシュートを打っていて、チーム内で
一番シュートを打った本数が多かったのではないでしょうか。

惜しかったシーン:
20分頃、相手ボールを足を出してカットしたテリー。
跳ね返ったボールを拾ったミケルが、右ランパードへ短くパス。
そのランパードからDFの裏へと縦にスルーパスが出て、
右サイドいっぱいに開いていたアネルカがスペースに出たボールに追い付き、
(その時点で相手最終ライン3人よりも、アネルカ、中央トーレス、
ファーのスターリッの方がゴールに近いポジション)
もう、これはゴールもらった!と思えるビッグチャンス!!
しかし、アネルカからのラストパスはマイナスに入り過ぎてDFにクリアー
されてしまいました。
ここでアネルカがダイレクトで出せていれば良かったですねー。
いや~、しかし惜しかった。


あまり苦戦する事なく攻め込む事は出来ていたので(決定機を作れるかは別として)
押し上げている時にカウンターを受けると、広大なスペースがサイドにあるので
中央で相手のスピードを緩められても、後ろから上がってくる選手に
裏を取られた時は、ちょっとヒヤリでした。

アネルカとスターリッジは左右のポジションを何度か変えていましたが
アネルカが右の方が、流れ的には良かったシーンが多かったような印象です。
アーンホルトは、ボジングワに比べると結構攻撃に参加していましたね。
トーレスへのスルーパスも良かったですし、上下に何度もよく動いていました。


21938分
ハーフラインあたりで相手のパスミスを拾ったテリーが、すぐ傍のミケルへパス、
そしてダッシュで上がり、リターンパスを中央アネルカへと縦パス。
まだテリーは上がります。
アネルカは持ち上がりつつ、一瞬止まってタメを作って右サイドへとパス。
テリーはスルーしランパードの足元へ。
そしてランパードはクイッと足の裏とインサイドを使って止め、ミドルシュート!
キーパーの手前でワンバウンドしゴーーール!チェルシー先制。
プレシーズンマッチで、やっとスッキリしたゴールが観れました。^^;


これまでに比べると、前線で停滞していたのが少し改善されたように思え、
後半も期待したいなーと気分良くしていました。
後半開始時点での交代は大幅チェンジはなく、ツェフがイラーリオに代わっただけで、
あとは同じメンバーでした。



21949分
テリーヘッドで
相手ボールをカットし、アーンホルトへ。
そこからスターリッジへ短めのパスが渡り、ドリブルで上がりながら
中央でDFを1人かわして、右ボジングワの前スペースへとサイドチェンジ。
そこから、ボジングワはチョンと前にボールを出しクロスを放り込んだー!と
思ったら、ボールはゴールへと向かっていき、GKは下がってなんとか触りましたが
かき出せず、左ポスト内側に当たってゴーーーール!
びっくりゴールが決まりました^^


21952分
自陣で相手攻撃中、マークに付いてた選手からボールを奪ったアーンホルト。
そこからジョシュ、ランパードとパスがつながり、その瞬間、前にスペースが
たっぷりあったのでイバノビッチが中央をダッシュでランパードを追い越します。
ランパードからイバノビッチにパスが出て、相手に寄せて来られたところで
左のジョシュにはたき、尚もそのまま上がります。
ジョシュは左に開いていたトーレスに渡るようスルーパスを出すかとも
思いましたが、トーレスは僅かにオフサイドポジション。
ジョシュはイバノビッチのスピードを活かすようにパスを戻し、
なんとイバノビッチがGKと1対1!! これをきっちり決めてチェルシー3点目。
イバノビッチの上がりといい、ジョシュのラストパスといい、良い判断でしたね~。


後半に入ってタイ・オールスターズの守備が緩くなったのは気のせいでしょうか?
でも、ちょっとチェルシーのミスからですがボールを失ってシュートを打たれたり
押し込まれ出した数分間があり、流れがちょっと悪くなってきたか?
というところで、チェルシーは一気に8人交代。
最初から決まってたのかもしれませんが、いいタイミングでした!


21972分
右サイド深い位置からフェレイラのスローイン。
ミケルが受けて、左ジルコフ→左アシュリーへと渡り、そこから縦へと
スルーパス。DFは人数がいましたがユルユルな感じ。
マルダはするするとフリーで上がって、左足でダイレクトで押し込みゴール!
これで4点目です。^^


他にオ~!と思ったのは
・ゴール前で何本もパスがつながりジルコフのシュートはゴールと
 至近距離でしたが、GKが止めてゴールならずのシーン。
・左サイドでマルダ→アシュリーとパス交換で攻め上がり、GKとDFの間を
 通したラストパス。
 GKが触りますが詰めてたドログバが押し込みネットを揺らしました。
 が、オフサイド・・・。ドログバはオフサイドじゃなかったのでアシュリーの所
 だったのかな?でも勢いがあって良い攻撃でした。


そして76分にはイラーリオと代わってブラックマンが入り、
ファーストチームでのデビューを果たしました!! これはホント嬉しかったです ^^
ブラックマン、おめでとう♪

試合は4得点で無失点、チェルシーがスッキリ勝ちました!
徐々にですが攻撃の形も出来てきて、ゴールも決まりだしましたし、
調子を上げていって欲しいですネ。

それと、この試合、サブメンバーも全員プレー出来たというのは好感。
アレックスはどんな状況なんでしょう。バートランドはもうフィットしているという話も
ありますが、次の試合、出られるんでしょうか??

アジアトロフィーの初戦、キッチーってどんなチームか分かりませんが
次もスッキリと勝つチェルシーが観たいです。

ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。