毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

クラブドクターとしてPaco Bioscaがチェルシーに加入 

Doctor Paco Biosca
少し前まで、リールのクラブドクター
Frank Le Gall がチェルシーに来るのでは?
という噂があったようですが、ついにドクターが決定。
シャフタール・ドネツクのクラブドクターの、スペイン人Paco Biosca(57才)が
チェルシーに加わった事を確認したと シャフタールの公式で発表されました。
シャフタール公式(英語): From Shakhtar to Chelsea



Dr. Biosca は、メディカルチームのトップとしてシャフタールに6年間在籍。
シャフタールでのクラブ・ドクター以前の経歴は

■ex-President of EFOST
(European Federation of Orthopedics and Sports Traumatology)

■ex-President of Spanish Association of Football Teams Physicians
(AEMEF)

とありました。他にもズラズラ書いてありましたが何かの教授とかそんなような。
・・・曖昧ですみません。^^;

EFOSTは
、「整形外科とスポーツ外傷学のヨーロッパ連盟」でいいでしょうか?
AEMEFは「フットボール・クラブ・ドクターのスペイン協会」という感じ?
どちらも元プレジデント、お偉い方だったって事ですね。

もちろん、今後もシャフタールとのコンタクトは取っていき、アドバイスしたりと
関係は途切れないそうです。
フットボール医学と最新技術の最先端を知るドクターとしてシャフタールは太鼓判を
押しているようですし、ヨーロッパで最高のドクターの1人という評判だそうね。

英語も流暢に話せるそうなので頼もしい限り!
ドクターと意思疎通出来る、出来ないで、話す側としては精神的に全然違うでしょうし
状態などを上手く伝えられる方がベストな判断が出来ますもんね。

エッシェンが7月11日にひざの手術を受け、無事成功はしましたが、
復帰までの長期間、大きな助けとなってくれると信じています。

ここ数シーズン、メディカル・スタッフたちに向けて、エッシェンやランパード達の
復帰見込みが延び延びになってる事にグチグチと言ってたなぁ~と
思い出してしまいましたが
、もう、そんな思いはしたくありません・・・

Dr.Biosca、チャルシーを頼みます!
ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。