毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

ユナイテッドに逆転勝利!! 

ユナイテッドにはスタンフォード・ブリッジでは「8シーズン負けなし」という事と、
この試合のレフェリーはアトキンソンでしたが、チェルシーは今まで
プレミアリーグでは
アトキンソンがレフェリーの時、負けた事がないというのを
チェルシーファンの方が言われていたので知っていたのですが、
なんと、勝率89%らしいですね!!4年半も負けてないそうですよっ。
そんなジンクスにあやかってでも勝ちたいユナイテッド戦です。



2011年3月1日(月) 19:45 GMT
Stamford Bridge   Attendance: 41,825   referee: Martin Atkinson

     
チェルシー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
     54分 ルイス 
219  219 29分 ルーニー
80分 ランパード(PK)219


チェルシー (4-4-2)
ツェフ
イバノビッチ、ルイス、テリー(c)
、コール
ラミレス
、エッシェン、ランパード、マルダ
アネルカ、トーレス

選手交代
61分   アネルカout    ドログバin
71分   マルダout     ジルコフin
81分   ルイスout     ボジングワin

他サブ
ターンブル、フェレイラ、マケークラン、カルー
(※ミケルがウォームアップ中に負傷し、フェレイラが直前でベンチ入り)


ユナイテッド (4-4-2)
Van der Sar;
O'Shea, Smalling, Vidic
(c), Evra (Fabio 80);
Fletcher, Carrick, Scholes (Giggs
70), Nani;
Hernandez (Berbatov 70),
Rooney

他サブ

Kuszczak, Rafael, Brown, Gibson.
----------------------------------------------------------------

立ち上がりからトーレスの顔つきが今までになくキリッとしているのに
目を引かれました。
CLのコペンハーゲン戦で感覚をつかめたのが良かったのか、
徐々にでもコンディションが上がってきている事がメンタル面にも
良い方へと作用して、プレーでの迷いは見えませんでした!


4分頃、左チチャリートからのグラウンダーのクロスをルイスがボックス内でカット。
そこから右ラミレスへとパスが出て、ラミレスは一気に右サイドをドリブルで加速!
キャリックに寄せられつつ最後はバランスを崩して倒れますが、
そのパスは直ぐ左にいたアネルカが拾い、ドリブルで深い位置まで持ち込んでから
アネルカは少しマイナスのクロスを入れます。
それを中央でマルダがシュート!
しかしファンデルサールの正面で難なくキャッチされてしまいました。

アネルカの動きに合わせてトーレスがゴール前に進入し、
スモーリングオシェイを引き連れていたのでマルダはどフリーでしたね。
ここはビシッと決めたかったシーンでした・・・。
でも、流れはいい感じでした!


この試合もフラットな中盤。センターのランパードエッシェンの関係も
良くなってましたし、私の予想以上にいい感じでパスが回っていました。
試合終盤にはテリーのミスがちょっと目立ってましたが、
中盤でのミスが減った事で最後まで攻めきれる事が多かったですよネ。

そして、いつも通りもっとスコールズがガシガシ来るかと思ってたのも、
それほど来てなかった印象もありましたし、フィジカル勝負でくるチームに
比べると、この試合のユナイテッドのプレス加減は、追い込まれて窮屈になり
見ていてつらい、と思ったシーンはあまりありませんでした。
やっとビッグチーム相手にイーブンに戦えてるチェルシーの姿がっ!(涙)


・・・そしてユナイテッドのポゼッションが高まってきた時間帯がやってきました。

21929分
ユナイテッド左サイドでナニからルーニーへ近い距離のパス。
ゴールに背を向けていたルーニーは、ボールを運びつつクルリと前を向き
そこからミドルシュート!
低めの弾丸シュートは左ポスト近くを通るコースでツェフも触れず、
ユナイテッドが先制。
やっぱりルーニーは怖い選手です。


38分頃、イバノビッチからのパスを、自分の前のスペースで受けようと
動き出したトーレスエブラがオブストラクションでファウルとなりFKゲット。
ボックス右角より少し外の位置でした。
ランパードが入れたシュート性のボールをファンデルサールが弾き、
こぼれ球をイバノビッチが身体ごと押し込もうとしますが、
ファンデルサールは倒れた態勢のまま左手でかき出しセーブ・・・。
これはビッグセーブをやられてしまいました。さすがです。

そして、前半はこのままチェルシーが1点ビハインドで終了。

チェルシー HTスタッツ ユナイテッド

     6  枠内シュート  3
     4  枠外シュート  2
     4    コーナー   1
    52% ポゼッション  48%


後半立ち上がり数分はユナイテッドのポゼッションの方が高かったような印象。
でも決定機は作られてはいませんでした。


21954分
右サイドでトーレスが粘ってCKとなります。
その流れで、左サイドでクリアーボールを拾ったエッシェンから
ゴール前にクロスが入り、中央でイバノビッチビディッチが競ります。
そのこぼれ球がファーサイドにいたフリーのルイスの下へ!
ルイスはバウンドに合わせ、右ポスト際を通るシュートをズドーンと決めて
チェルシーが同点。
そしてルイスはチェルシーでの初ゴール!!おめでとう!
よし、早い時間に同点に追いついた!

それにしても、ルイスはCBの選手か?と思うほど素晴らしいゴールでしたね~。
カルバーリョもフィードが正確でシュートも上手い攻撃的なCBでしたが、
ルイスは彼以上かもしれません?!
1月に加入して既にチームにフィットしているし、チャンスとなればそのまま
ドンドン上がっていくし。^^
凄い逸材を手に入れた幸せ感をたっぷり味わえました。
本当にチェルシーに来てくれて、ありがとう!


同点となり、その後しばらくは膠着状態が続きました。


21980分
エブラのクロスをキャッチしたツェフから。
ボールを受けたランパードはドリブルでドンドン上がっていきます。
ユナイテッドは攻め込んでいたのでピッチ中央には広大なスペースがありました。

左サイドに開いて待っていたドログバへとパスが渡り、ドログバがゴールに
向かって運んでる間にランパードは外を回ります。
ヒールパスでドログバから出されたパスをボックス内で受けたランパード
ドログバへと戻しますがスモーリングがカット。
そこへ後から入ってきたジルコフがボールを拾って前に出ようとしたところ、
スモーリングの足がかかって倒れホイッスル。ジャッジはPK!
これはジルコフのコントロール下にあったとも言えないですし、
ラッキーだったかもしれません。(でも抜けてたらチャンスでしたし・・・って事で。)

PKキッカーはランパード
天井中央のネットが揺れましたよ!すごいところ狙いましたね、ランパード
これでチェルシー2点目で逆転!


81分過ぎ、チェルシーの左CKから。
ランパーがゴール前に入れたボールを中央でビディッチがクリアー。
それをボックスすぐ外やや左の位置でジルコフがダイレクトシュート!
一瞬入ったかと思いましたが、ビディッチの股を抜けて右ポスト直撃でした。
このところ、らしさが出ないマルダとの交代は正解ですネ。
ジルコフが復帰し、ここのポジション争いにより、マルダのらしさも
戻ってくれたら嬉しいんですけど・・・。


追加タイム4分。
コーナーフラッグ付近で時間を使うチェルシー。
キープするのはドリグバ、そしてサポートはラミレス
何度目かのキープ後、出されたボールをラミレスはゴールに向かってドリブル。
ビディッチがユニフォームを引っ張って引き倒しホイッスル。
2枚目のイエローでビディッチは退場となりました。
時計は90+3分になるところだったので、ゲームに影響はあまりなかった
かもしれませんが、時間が潰せますし、いい流れ。


そして試合終了のホイッスルが鳴り、2-1でチェルシーが勝ちました!!^^
やりましたね~~。やはり後半早い時間に同点に出来た事が
この試合のポイントとなったと思います。

チェルシー FTスタッツ ユナイテッド
    12  枠内シュート  7
     6  枠外シュート  5
    10    コーナー   2
    60% ポゼッション  40%


ゴール前での崩しというのは、やはりユナイテッドの方が上手いですし、
この試合でもチェルシーの攻撃は手詰まり感があったのも確かですが、
でも全体を通して見ると、なかなか良い攻撃もありましたし、
もっとユナイテッドに決定機を多く作られると私は思っていたのですが、
それ程でもなかった事と、
何と言っても、この試合に勝った事が本当に嬉しいです!


チェルシーは勝点3を加えて4位に浮上。1試合消化が少ないので、その分勝てば
3位のシティのポイントも自力で抜くことが出来ます。
次は攻撃的なスタイルを貫くブラックプール戦(A)ですね。
ビッグマッチの後、気が抜けるって事もありがちですが、何のために
ユナイテッド戦をこんなにみんな頑張って勝ったのかを考えると
もう止まってはいられないのですよ。
月曜日に試合という事で、日本ではまた早朝の観戦というのだけが大変ですね。^^;
ブログランキング
素晴らしい勝利でしたね^^

ルイス、トーレスの加入、ジルコフの復帰などでオプションが増えたので、これからは、上手くローテーションして欲しいところです。

次はアウェーでブラックプールですね。
前にスペースができそうなのでアネルカで良さそうですが、ジルコフ、ルイス含めどのような布陣になるか楽しみです。

長らく不調だった分、この勢いをシーズンが終わるまで持続して欲しいですね。
この試合の後半のような雰囲気で開始直後から果敢にプレーしていってほしいです。
[ 2011/03/03 10:48 ] [ 編集 ]
はじめまして、マンUに勝ちましたね!美しい逆転勝ち!今もあの試合を思い出すと嬉しくって嬉しくって(笑)

アトキンソンさんとの相性がそんなに良いとは知りませんでした!つまりは名レフリーということですね!

yunapureさんのブログはチェルシー愛に溢れていていつも更新を楽しみにしています。シーズン末までここからエンジン全開で突っ走りたいですね。
[ 2011/03/03 19:48 ] [ 編集 ]
こんばんは!
やりましたネ~。ルーニーにスーパーショットを叩き込まれた時は今日もダメかと思っちゃいましたが(笑)久々に闘志全開の熱いチェルシーを見る事が出来ました。
ルイスは圧巻のパフォーマンスでしたネ。最近のチェルシーは大人し過ぎると感じていたのでガツガツした守備は非常に頼もしかったです。
退場にならなかったのは正直ラッキーでしたがリッキーやバラックなんかもあのくらいやってましたしネ。やっぱりプレミアはあのくらいやらなきゃダメですよ。
攻撃に関してはおっしゃる通りまだまだ課題アリですネ。あまり決め事を作らず選手に自由を与えるのがアンチェロッティのやり方のようですが今のチェルシーにはもう少し規則性のある動きがあってもいいのかなとも思います。
次も勝って勢いをつけたいですネ。
[ 2011/03/03 20:58 ] [ 編集 ]
判定に救われたのは間違いないです。ユナイテッドに文句言われても仕方がないぐらいチェルシー寄りでしたね。ユナイテッドはまだ勝ち点4差で首位だから許してください。としか言いようが…(笑)
goal.comに判定に激怒のファーギーって記事が絶対出ると思いました。(笑)

微妙な判定でしか勝てないのは情けないですが、ようやく好転してきましたかね?闘志も出てきたように感じますし、ドログバも腐らずチームのために頑張ってくれましたね!
そしてルイスはすさまじい。アレックスが復帰しても不動のレギュラーで君臨し続けるでしょうね。ギャリーケーヒルの方がいいとか言ってすみません<m(__)m>
あとはトーレスのゴールを待つだけですね。
せっかく首位に勝ったのだから良い流れをこのまま続けてくれることを願います。
[ 2011/03/04 21:00 ] [ 編集 ]
>sさん
ルイスはバッチリ!トーレスはこれから上り調子でしょうし、ジルコフが戻ってきた事も大きいですね。ジルコフのスルスル入って行けるドリブルは、攻撃パターンを増やせますしアンチェロッティも選択肢が増えて悩める嬉しさを久々に感じてるかもしれません。^^
ブラックプールとシーズン序盤で戦った時は結構裏のスペースが狙い目でしたもんね。
結果が出ているフラットな中盤はそのまま起用されそうですけど、どの選手が
スタメンになるでしょうか!
次も、早い時間にポンポンとゴール決めて楽しめる試合を見せて欲しいですねー。
[ 2011/03/04 22:56 ] [ 編集 ]
>Surreyさん
はじめまして!コメントありがとうございます^^
そして更新を楽しみにしていただいてるなんて、本当に嬉しい限りです!!!!
(マイペース更新でスミマセン^^;)
みなさんと同じく、チェルシー愛は次から次へとドンドン作られ溢れていきます♪
ユナイテッド戦、私も勝利の喜びはまだ続いてますヨ!!
もう何度もこの試合の録画を観てますが飽きません。笑
そうなんです、私もここまで勝率が高いとは初めて知りました!
アトキンソンさんは名レフェリーですね。笑
首位ユナイテッドに勝てた事で自信も取り戻したでしょうし、エンジン全開で
やるしかないですっ!必ず突っ走ってくれるでしょう♪^^
[ 2011/03/04 23:05 ] [ 編集 ]
>プレミアンさん
私もルーニーにあんな鋭い先制ゴールを叩き込まれた時には「やっぱりか...」と
深いため息を付いてしまいましたが、闘志が溢れていましたねぇ。
トーレスも、あんなに激しく守備をしていたのは、この試合が初だったように思います。あと、途中出場となったドログバですけど、何度も周りを鼓舞していたのには、胸が熱くなりました!
ルイスが退場にならなかったのはラッキーでしたね。でもこれまで闘志が見えなかったチームには必要なものだと私も思いました。確かに最近は大人しかったですし。
大人しい事だけが反映されてるのとは違うと思いますが、プレミアリーグ公式に載っているフェアプレーの順位もチェルシーがトップですよね?!
攻撃に規則性・・・いくつか、これで点獲る!みたいな攻撃パターンがあるといいですねぇ。
このユナイテッド戦勝利で勢いに乗れるなら、自由な攻撃でもそれも勢いに乗っていけてしまいそうですが。^^
(ブラックプール調子がいいのか悪いのか・・・スパーズに3-1で勝った
というのが気にならない事もないですが...いや、絶対勝ちます。笑)
[ 2011/03/04 23:10 ] [ 編集 ]
>ksさん
判定に救われる、それもフットボール。どのチームもお互い様ですよネ^^
(まぁ、チェルシーが判定に救われるなんて、ほとんどお目にかかれなかった
くらいですが・・・)
ゴールラインを完全に割ってもゴールが認められない事もあるくらいですし^^;
ファーギーも解ってるハズですが言いたいのでしょう。
CLも、ホントに勝ち進んでいけるのか?という不安も、ここでビッグマッチに勝った
という事で、かなりチェルシーにポジティブに影響すると信じてます。
いやー、ルイスは圧巻でした。CBの層も厚くなり、不安は一気に解消ですね!
というかルイスはGK以外ならどこでもプレー出来そうですが。笑
トーレスのゴール、早く見たいですネー。
次決まったらもうチェルシーは止められなくなる位、勢い付く可能性ありますね^^
[ 2011/03/04 23:19 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。