毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

ボルトン戦で久々の勝利! 

ボルトンはWBAとの試合は26日(日)にあったので、チェルシーより1日多く
休む事が出来た上に、後半途中からですが見たところWBAの試合自体、
それほど疲労するような試合ではなかったように思います。
こちらはアーセナル戦の後、中1日での対戦。
サンダーランド(L)、バーミンガム(L)、ニューカッスル(D)、エバートン(D)、
トッテナム(D)、アーセナル(L)と6試合勝利なしの不調さ加減が重症で
スケジュールも厳しい中、好調のボルトンと対戦。
ボルトンとは1試合消化数が少ないとはいえ、2ポイント差。
負ければ順位を入れ替わられるところです。




2010年12月29日(水) 19:45 GMT
Stamford Bridge   Attendance: 40,982   referee: Mike Jones

   チェルシー 1-0 ボルトン
   61分 マルダ 
219

チェルシー (4-3-2-1)
ツェフ
ボジングワ、イバノビッチ、テリー(c)、
コール
ラミレス、エッシェン、ランパード

アネルカ、マルダ
ドログバ


選手交代
90分    アネルカout  カルーin
90+2分  ボジングワout   フェレイラin

他サブ
ターンブル、アーンホルト、ブルマ、マクィークラン、カクタ


ボルトン (4-4-2)
Jaaskelainen;
Ricketts, Cahill, Knight, Robinson;
Moreno (Klasnic 71), Muamba, Holden (M Davies 81), Taylor (Petrov 76);
K Davies (c), Elmander.

他サブ
Bogdan, Alonso, Blake.
--------------------------------------------------------
ミケルは先日のアーセナル戦でケガの為に欠場です。
この日は霧が立ち込めていて、TV画面で見ても上方が真っ白になっていました。
途中、雨に変わってたかもしれませんね。

前半の立ち上がり、ボジングワが前に出そうとしたパスがテイラーに引っかかり
いきなり大ピンチになるところでした。
ボジングワも長期離脱から戻ってきて、またケガをして、出たり入ったりとなり、
昨シーズンのような調子に戻すのに苦労してますね。

ホームですが、これまでの出来と変わらず不安なゲーム序盤。

やはり空中戦ではボルトンに分がありますね。
ゴール前に入れられるクロスはファー狙いが割と多いボルトン。
その辺を分かっての守備だったと思いますが、迫力があり嫌なもんです。

チェルシーは出すパスが雑なのか、受け手が感じるのが遅いのか
シュートはおろかクロスを入れるまでも到達しない状態。
私が見た印象では出す側のパスが雑だなーと感じる事が多かったです。

前へ運べないチェルシーですが、時折見られるラミレスの前への推進力は
目立っていましたね。でもそれ以外はパッとしない内容。
前半、枠内シュート1本とスタッツが出てましたが、そんなのありましたっけ?
シュートは立ち上がりにエッシェンが大きく枠を外したシュート1本のみだったような・・・。


チェルシー HTスタッツ ボルトン
     1  枠内シュート  0
     1  枠外シュート  2
     2   コーナー    1
     3   オフサイド   2
   66%  ポゼッション  34% 


後半48分頃、テリーにパスをもらいに下がってきたランパードは、そのまま
やや左サイドから中央へとドリブルで持ち上がり、そこからバックライン右サイドの裏へと
ロングスルーパス。抜け出たドログバがダイレクトで流し込みますが、
惜しくも左ポストに弾かれゴールならずっ!

素晴らしいランパードのスルーパスからドログバがポストを叩くシュート。
スタンフォードブリッジは一気に高揚しだしました。


それにしてもアーセナル戦もその前もですが、この不調時期は前線中央の選手への
楔のパスが、いとも簡単に通るのが気になります。
それでも前半と違ったところは、こぼれ球がチェルシーボールになる確率がグンと上がり、
ファウルも取ってもらえるようになった事ですね。

そして58分過ぎ、右サイドのアネルカから中央のエッシェンへとパスが渡り、
左のランパードとワンツーで抜け出たエッシェンが、ゴール前でケーヒル
滑ったのを見てからシュートまで持っていったシーンはいい流れでしたね。
残念ながらシュートは少し弱かったので、ヤースケライネンには難なくキャッチ
されてしまいましたが。


21961分
ヤースケライネンからのフィードをテリーボジングワへとヘッドで落とし、
前線からの厳しい寄せに負けずボジングワが粘って後ろへ戻したところに
ラミレスがサポートで寄ってきて、再びボジングワへパス。
そして中央やや右にいたエッシェンにボールが渡り、そこからエルマンデル
ホールデンもバランスを崩しながらも倒れずかわしたエッシェンは、
最終ライン右裏へとスルーパス。中央から抜け出たドログバ
オフサイドのようでしたがフラッグは上がらず、そのままゲームは流れます。
ボックス内に持ち込んだドログバから逆サイドへとラストパス。
左サイド、詰めてきたマルダが押し込み、チェルシーが先制~~~!!

ゴール後、マルダランパードも吠えている姿が映し出されると、
1点入っただけなんですが泣けるほど嬉しかったです。
こんなにもゴールに飢えていたチェルシー・・・。
そして私たちチェルシーファン。


けれどその後、自陣深い位置でボジングワが上手く処理出来ずにボールを失い
ゴール前に放り込まれてホールデンがシュート。
それがテリーの腕に当たったので、ハンドを取るレフェリーもいたかもしれません。
しかしここではノーホイッスル。

他にもクロスに対し、後ろから入ってきたホールデンにフリーでヘディングシュートを
打たれ、ツェフが何とか触ってピンチをしのいだりと、ゴール前の守備は
まだまだ不安たっぷり。

81分近くチェルシーの左CKから。
ファーサイドでヘッドで押し込んだエッシェンのシュートは、ムアンバにライン手前で
クリアーされ、それをダイビングヘッドでイバノビッチが押し込みますが、
シュートは枠の外。これも惜しいシーンでした・・・。

結局、マルダのゴールでチェルシーが久々の勝利を手にする事が出来ました。
ホントに長かったなぁ。


チェルシー FTスタッツ ボルトン

     7  枠内シュート   2
     5  枠外シュート   4
     6   コーナー    3
     9   オフサイド   3
   62%  ポゼッション  38%


ラッキーが2つ重なり手にした勝点3。
勝利に値したゲーム内容だったかは、胸を張ってイエスとは言えないのですが、
後半に限っては、勢いというものが少し出てきたかなぁと思えますよね。

前半は全然ダメでしたが、後半は
相手ゴール前でのFKも増えましたし、
全然使えていなかったサイドが使えるようになりました。

近いうちにまた、「なんでアッシュがここにいるんだー!」という言葉を発したいです。

ラミレスは攻守に渡り、良かったですね!
何試合か彼らしいプレーが出せてきていますし、益々チェルシーの主力となるべく
頑張って欲しいです ^^

ツェフはどうやら、このボルトン戦が150試合目のクリーンシートとなるようですネ。
ツェフは神だ!と、ファンが思わず叫ぶような、今まで通りのプレーを
続けていってください。

そして、この試合でイバノビッチが累積5枚目のイエローとなり
次のアストンヴィラ戦はサスペンションとなります。
不調続きのヴィラ相手で良かった、となれば良いんですが、誰がテリーとCBを
組む事になるんでしょうね。
次こそはブルマになるのか。フェレイラはちょっと怖かったですしね。
エッシェンが入るより、本職のブルマに入ってもらって、その手前で
エッシェンがブロックするという方が良いような気がしないでもない。

とにかく今は内容より結果。ラッキーでも勝利する事が大事。
勝ち続ける事で本来のチェルシーは戻ってくると信じています。
なので、2日(日)のヴィラ戦はまたホームですし、必勝そして連勝ですね。

幸いにも、ユナイテッドはバーミンガムに、アーセナルはウィガンにドローという
結果だったので助かりました。
ボルトン戦に勝った事で、2位のマンシティも射程圏内に入りました。

可能性が少しでも残っていれば最後まで諦めてはいけませんよね。

何事も諦めれば、そこで終わりです。
まだ不調から脱出出来ないチームがいくつかありますが、チェルシーが
一抜けしなければですね。
ヴィラ戦にも勝つぞー!連勝するぞーーー!

ブログランキング
本当に良かった!!
試合内容は不安たっぷりだったけど、勝てたのがなによりです。これで勝利で2010年を締めくくることができました。
この勝利をきっかけに、安定した試合運びを見せてほしいですね。
[ 2011/01/01 18:52 ] [ 編集 ]
>チェルシーファンさん
勝つのはいつも嬉しい事ですけど、これほど勝利から遠ざかっていての
この勝利は喜びも"ひとしお"ですね!!
この不調の中、運があれば勝てた試合もありましたが、なんせ結果が出ない。
そして、やっと待望の勝利を得ることが出来て2010年を締めくくれたのは
ホント良かったです^^
あとは、ミスを極力減らし、眠っている攻撃力の復活を期待したいですね。
[ 2011/01/01 23:32 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。