毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

フラム戦を前に-選手の状況 

先ほど、アンチェロッティのプレスカンファレンスが終わりました。
私は観ていないのですが、即アップしていた記事を見ると、どうやら
明日のフラム戦、アネルカ(背中/腰)とアレックス(ひざ)の問題で
欠場が濃厚のようです。
エッシェンは出られそうですね。

そして、リバプール戦の前に熱を出していたドログバはマラリアに
かかっていたようです!
どこで感染したのかはわからないそうで、
今週月曜に血液検査をして、
マラリアだと診断されたみたいですね。 
そしてリヴァプール戦前に熱が出たと・・・。
そんな万全じゃない中、よくプレーしてくれたもんだとちょっと感激してしまいました。
ただ、フラム戦は出場出来るようなので、まずは安心。
スタメンだろうと言われています。



London Evening Standard にはこのような記事がありました。
Didier Drogba cleared to face Fulham after suffering from malaria
(多少、分かりやすく文面を加え、そして意訳しています・・・。)

ドログバが具合悪いと思ったのは10月3日のアーセナル戦。
(先制ゴール決めていますが!)
その後、アストンヴィラ戦(A)、スパルタク・モスクワ戦(A)と続けて欠場したものの、
ウルヴズ戦(H)、ブラックバーン戦(A)、スパルタク・モスクワ戦(H)、
リヴァプール戦(A)の4試合には出場。

アンチェロッティは、
「彼はパワーを失い、通常のトレーニングを行う事が出来ず、
コンディションを落としました。
私は試合後、何日か休暇を与えました。そして彼は休暇中にマラリアに感染しました。
彼がどこに行ったのか知りませんし、選手達がどこに行くのかも興味ありません。
ただ、トレーニングに戻るのに十分な時間の休暇を取る事は重要です。」

「ディディエが戻ってきた時、彼は熱がありました。それは治療され、
昨晩のテスト後、マラリアにかかっている事が判りました。
彼は処置をされ良くなっており、問題は解決されています。」

とコメントしたようです。

随分長い間苦しんでいたんですね。
ドログバがどこに行ったかは判りませんが、感染する可能性がある場所へ行く際は、
予防して行かないと怖いですネ・・・。

でも、もう問題がないという事でホント良かった。

ランパードの方は、チェルシー公式によると
フィジカル的には100%だそうですが、ボールを使ってチームメイトと十分
プレーする必要があるという事みたいです。
復帰が近づいてきていますね!!
ただ、アンチェロッティは、「チェルシーでプレー出来るのならイングランド代表でも
プレー出来る。彼がプレーする必要があるかどうかはカペッロが決める事です。
彼がサンダーランドでプレーするなら、代表チームに送り出す事は
我々には問題ありません。」とも言っているようです。

チェルシー公式: ANCELOTTI: ESSIEN WILL PLAY

イングランド代表は、14日サンダーランド戦の後、中2日の17日にフランス代表との
対戦があります。もしサンダーランド戦で復帰出来たとしても、いきなり
そんなタイトに試合に出て欲しくないな、というのが正直なところです・・・。

ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。