毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

CL GS Matchday4 スパルタク・モスクワに勝利しチェルシーGS突破決定! 

エッシェンはマイナーらしいですが、つま先に問題があり、この試合は欠場。
最初、もしかして「ひざ」かっ?!と思ったので、つま先と分かって少し
ホッとしましたが、トレーニング中で負傷したんでしょうか・・・。
マルダはブラックバーン戦での足首負傷で欠場。
そしてテリーはお休みという事でしたが、一応サブメンバーには入っていましたね。
テリー、ランパードもいないスタメン。キャプテンは今シーズンCL初出場となる
ドログバが担う事に。



2010年11月 3日(水) 19:45 GMT
Stamford Bridge  Attendance: 40,477  referee: Cüneyt Çakır (TUR)

    チェルシー 4-1 スパルタク・モスクワ

    49分 アネルカ 219   219 86分 バゼノフ
    62分 ドログバ 219
  66分 イバノビッチ 219
90+2分 イバノビッチ 219


チェルシー (4-3-3)
ツェフ
フェレイラ、アレックス、イバノビッチ、コール
ラミレス、ミケル、ジルコフ
カルー、ドログバ、アネルカ


選手交代
68分  ミケルout   マクィークランin
76分  ドログバout  スターリッジin
76分  アネルカout   カクタin


他サブ
ターンブル、テリー、ブルマ、アーンホルト


スパルタク・モスクワ
 (4-2-3-1)
Dykan;
Ivanov, Pareja, Suchy, Makeev;
Ibson, Sheshukov (Drincic 66);
McGeady (Bazhenov 79), Alex (c) (Kozlov 68), D Kombarov;
Welliton.

他サブ
Belenov, Khodyrev, Sabitov, Ananidze.
-------------------------------------------------------
前半。
本当にStamford Bridgeなんだろうかと思うほど上手くいかない。
簡単に回されてるし、シュートもスパルタク・モスクワの方が多かった
ように思えました。
ただ、こういった時に相手の多くが、精度が悪い為ピンチに至っていないという・・・。

あまり良くない時の、いつものパターンと少し違うのは、ファウルを割と取ってもらえて
FKをもらえてた事でしょうか。
けれど、そこから決定機は作れずだったんですよね。
CKに関しては、マルダが欠場していた事もあり殆どジルコフが蹴っていました。


オォと思ったのは、20分過ぎにフェレイラがスルスルと中央へ切り込んできたシーン。
ドリブルで取ったコースは少し違いますが、昨シーズンのインテル戦(A)の
イバノビッチ
と重なりました。
あの時はカルーがシュートを打ち、ゴールとなりましたが、残念ながら今回は
ジルコフが打つ前にクリアーされてシュートは打てず。

うーん、めちゃくちゃ悪いって訳ではないけど、良くもない。
それでもドログバの強さが何度か見えていたので、そこは良かった。
前半は左サイドに入ったマッギーディ。小刻みなフェイントを入れつつチャレンジして
いましたが、フェレイラはほぼ問題なく対応出来てたし、
他も、ヒヤッとするシーンはなかったかな。


33分過ぎ、スパルタクのアレックスに右サイドから打たれたシュートは
落ちるボールだしたが、ツェフだからこそ大丈夫という感じで、
それ程危ないとも思いませんでした。
ホント、頼もしいですよ。

観ている私は、何か消化不良のまま0-0で前半終了のホイッスルを聞きました。
前半終わって拍手が出たのはスパルタク・モスクワのサポーターの方でしょう。
アウェイでのチェルシー戦、引分けでOKなわけですもんね。

チェルシー HTスタッツ スパルタク
     3  枠内シュート  2
     8  枠外シュート  6
     7  コーナーキック  2
    48%  ポゼッション  52%

後半。

21949分
大きく枠を外れたシュートを打たれた後、ツェフのフィードから。
ドログバがヘッドで擦らして前方へと落とし、左サイドで拾ったアネルカ
逆サイドのカルーへ横パス。
カルーが中央でボールをキープしつつDFを引き寄せてから、右へと斜めに走り上がった
フリーのアネルカへナイスタイミングでスルーパス。
ゴールライン少し手前、角度のない所からシュート左サイドネットを揺らした
アネルカのゴールでチェルシー先制!
GKが寄せてきても、何のプレッシャーも感じてないような素晴らしいシュートでした。
ツェフのキックから15秒後にゴールが生まれたという!
ゴール後、アネルカはコーナーフラッグをチョンと触ってニッコリ笑顔。
こっちまで、幸せな気分にさせてくれます。

前半なかなか上手くいってなかったので、後半立ち上がり早々の先制ゴールは
嬉しかったですねー。
先制ゴールが決まってから、チェルシーの選手達なんだか動きが軽くなったように
思えました。


21962分
左サイドからし掛けるドログバパレハに付かれてバランスをくずしながらも
ボックス内に入り、マケイエフもかわそうとしたところ足をかけられPKゲット!
キッカーはドログバ。これをきっちり決めてチェルシー2点目!

現地TV局のITVでは、なんとランパードがゲスト出演していたそうで!!
私が観たITVの動画には、ランパードの姿が映るどころか声すら入っていません
でしたが、丁度カルーがペナルティスポットに置いてくれたボールを
ドログバがボールの感触を確かめつつセットし直している時に、実況の人が、
ランパードはTVスタジオにいる事を伝えていました。
恐らく試合の前後やハーフタイムに色々とコメントしていたんでしょうね!


21966分
右サイドでスローインを受けたカルーがドリブルで仕掛けますが、
イバノフに倒されFKを得ます。
キッカーはドログバ。ゴール前へ入ってきたボールに、ドンピシャっとヘッドで
イバノビッチが叩きつけ、チェルシー3点目!
その後、イバノビッチドログバの方へと走って行き、ひざでスライディングしつつ
ドログバとハグ。


3点入って、ジョシュ投入。これまでミケルは休む事が出来ましたね。
これこそ望んでいた展開!!
しかし、ミケルはこの試合でイエローをもらってしまい、グループステージでの
イエローが2枚目となってしまいました。
このグループステージでは3枚もらうと次がサスペンションとなってしまうんですよね。
(次のジリナ戦でもう一枚もらって消化しておいた方がいいのか、でもそれも・・・^^;)


70分過ぎにはジルコフが、前線中央のアネルカの足元へとグイーンと曲がるような
ロングスルーパス。GKがギリギリのところ飛び出してきてクリアーしましたが、
パーフェクトなスルーパス。
ドログバの強さでボールキープが出来たからこそ、そこからジルコフにパスが
渡たり、素晴らしいスルーパスが出たわけですが、良いプレーが続いての
惜しいチャンスは本当に残念!

時間が経つにつれ、スパルタクの疲れも加わってか
チェルシーのリズムが良くなって、観ている方も楽しくなってきました。

そして、アネルカドログバが下がり、カクタスターリッジが入り、
キャプテンはフェレイラに。
これで、テリーは完全にお休みする事が出来ましたね。
後半は、試合前に計画したであろう通りにゲームが進んで、いい感じです。

84分過ぎ、カルーカクタで右サイドつなぎつつ、カクタからゴール前に絶妙なクロス。
ファーサイドでスターリッジが頭で合わせきれず・・・。
ピッチを思いっきり叩いて悔しがるスターリッジ
カクタのクロスが良かっただけに、フリーでしたし、合わせられたらゴールでしたね。


残りあと5分+追加タイム。
後半はこのまま良い感じで終わると思っていたのですが・・・。

21986分
相手のパスをカットしたイバノビッチ
一瞬、パスの出しどころを探したからか、足元のコントロールが甘くなったところを狙われ
奪われてしまいます。
それをつがれ、最後は
バゼノフ押し込まれて失点。
オフサイドくさかったですけどね・・・。
でもミスから始まったものなのでもったいない失点でした。


86分過ぎ、ラミレスが自陣で相手のボールをカットして前線へフィード。
拾ったスターリッジが左サイドをドリブルえぐってからマイナスに中央へと戻し、
そこに待っていたのはどどどフリーのラミレス
キーパーもスターリッジを警戒して飛び出していたので、ポジションが戻りきれて
なかったのに、打ったシュートは1人しかいないカバーに入ったDFにドーン・・・^^;
これは決めて欲しかった・・・。
ラミレスはシュートがDFに当たったのを見て、仰向けにぶっ倒れて残念がってましたが、
それくらい残念なシーン。


21990+2分
右CK。カルーからのショートコーナーで、ジョシュからリターンを受けたカルー
ボックス内に入り、切り替えしたところでゴール前にクロス。
中央スターリッジがトラップからシュートを打とうとしますが打ち切れず、
クリアーされます。
しかしそのクリアーがジルコフに当たり、こぼれ球に素早く反応したイバノビッチ
反転してダイレクトボレーシュート!
さっきの失点につながったミスの分取替えしたぜというような表情でしたね。


失点したまま試合が終わっていたら、少し嫌な気分のままだったと思いますが
その後、追加ゴールが決めれた事で、チェルシーの強さを見せられました。
試合は4-1で勝利し、4戦連勝でグループステージ突破が決定!
この時点で突破を決められたのは、本当に良かったです ^^
残り2試合は、どう戦うんでしょうね。CLデビュー選手がまた現れるでしょうか?
色々想像すると楽しみです。

さて、週末はリヴァプール戦(A)ですよ。
この試合、足首負傷で欠場したマルダは当初、リヴァプールへと帯同しないと
言われていましたが、先ほどチェルシー公式で起用出来るというニュースが
アップされていました。
エッシェンの出場は疑わしいながらも、チームと帯同はするようですね。
無理はして欲しくはないですが、ビッグゲームですからね・・・。

そして、ランパードはリヴァプールに間に合いませんでした。
トレーニングには受けているものの100%フィットはしていないようですね。
こればかりは仕方ありません。じっくり、じっくりですよランパード
そして、スケジュールが詰まって疲労が溜まってきた選手の中で
キレキレのランパードがゲームを決める、そんな妄想をしつつ
復帰を待ちたいと思います。
ブログランキング
いやー、前半が全てでしたね。
どうせドログバを出すんだったら、
前半から出すべきですねー。
しかしこれでリバプール完全復活ですね
あの後半の守備、他チームながら
なかなかよかったですね。
しかし、これからきびしくなりましたね。
特に12月は日程、相手ともにかなりタフです。
毎年この時期に失速するので心配です。
[ 2010/11/08 06:16 ] [ 編集 ]
>どろんこなっくさん
はい・・・。前半が全てでした。
2点リードもあればリヴァプールは守りに徹する事が出来ますもんね。
ドログバは前日の夜、発熱していたらしいのでやっぱり90分プレーするのは
難しかったのカモですね。。。スタメンだったらまた違った展開になっていた
可能性はありますが、リヴァプールもベストメンバーじゃなかったので、
このメンバーで勝ちたかったです。
リヴァプールはこの試合への強い思いが出ていました。
勝ちたい度は上回ってたんでしょうネ。
は~、12月は厳しい対戦相手が続きますねe-330
エバートン、スパーズ、ユナイテッド、アーセナル、ボルトンですか・・・。
考えただけでも大変。ここで何ポイント取れるかは重要ですね!!
[ 2010/11/09 01:57 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。