毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

接戦を制しブラックバーンに勝利 

昨シーズン、イーウッドパークではカーリングカップでPK戦の末敗れ、
プレミアリーグでは1-1のドローという結果で、苦しめられていた場所でもあります。
先週末、せっかく2位との勝点差が5に開きましたので、ここで取りこぼすわけには
いきません。




2010年10月30日(土) 15:00
Ewood Park   Attendance: 25,836   referee: Peter Walton

ブラックバーン 1-2 チェルシー

 21分 ベンジャニ 219  219 39分 アネルカ
                219 84分 イバノビッチ

チェルシー (4-3-3)
ツェフ
イバノビッチ、アレックス、テリー(c)、コール
エッシェン、ミケル、ジルコフ
アネルカ、ドログバ、マ
ルダ

選手交代
72分    マルダout    スターリッジin
90+3分  アネルカout  フェレイラin

他サブ
ターンブル、ボジングワ、マクィークラン、カルー、カクタ


ブラックバーン (4-1-4-1)
Robinson;
Salgado, Samba (c), Nelsen, Givet (Olsson 34);
Jones;
M Diouf, Emerton, Pedersen, E Diouf (Dunn 79);
Benjani (Roberts h-t)
.

他サブ

Bunn, Grella, Kalinic, Hoilett,
------------------------------------------------------
11月に入ると、イギリスでは11月11日のリメンバランス・デーに関係し、
ポピーの花を胸につけている人を見かけるという事ですが、まだ11月になる前、
今週でも既に、Chelsea TV Onlineの出演者の方も付けていました。
この試合でも付けている方たちが何人かいらっしゃいましたね。
11月2週目のミッドウィークあたり、選手達もユニフォームに付けてプレーするかな?


ブラックバーンは以前ほどのダーディーなイメージはもうなくなっているものの
ここではいいイメージを持っているのか、立ち上がりからのハードワークで
チェルシーはかなり苦しめられました。
通そうと思ったパスもインターセプトされる回数が多く、
5枚の中盤が連動してプレスをかけてくるので、前へと運べませんでしたよね。
明らかにブラックバーンの選手の方が出足が速く、身体もキレてましたよ。

そんな流れなら当然守備の時間が多くなってくるわけですが、
14分過ぎ、マメ・ビラム・ディウフにループシュートを打たれ、
ツェフがなんとか手を伸ばして助かったというシーンがありました。
一瞬、ツェフが滑ってバランスを崩したので、決められたかと思いましたが、
ホント、ツェフのリーチが長くて良かった ^^;
他にも、このツェフが触ってシュートを打たせなかったシーンもありましたし、
この試合も、よくやってくれました。

試合前にイーウッドパークでは、いつものお約束という感じで
突然激しい雨が降ったそうですからね・・・。
ピッチも滑りやすかったでしょう。


その後もインターセプトされてベンジャニに立て続けにシュートを打たれたり、
ハイボールの競り合いにも負けてマイボールに出来ず、
こぼれ球もブラックバーンボールになったりと、苦しい展開続き。

サイドから攻めるにもアシュリーのクロスの精度が今日はイマイチでした・・・。
これだけ押し込まれてる時間が長いのはマズイ。でも断ち切れないこの流れ。

21921分
ブラックバーンの左CKから。
クリアーボールを拾って、エル-ハジ・ディウフからゴール前にクロスを入ります。
それをベンジャニがヘディングシュートを決めてブラックバーン先制。
ベンジャニはフリー状態でした。これで今シーズン3失点目・・・。
そしてベンジャニの今季初ゴールを献上してしまいました。


21939分
ツェフのパントキックを左サイドで受けたマルダ
そこから逆サイド、ボックス内のドログバへとロングフィード。
それをドログバが頭で落とし、後ろから中央を上がってきたアネルカ
押し込み、チェルシー同点! う~ん、シンプル!
シンプルですが、全てのプレーの精度の高さが積み重なってのゴールでした。
キレイでしたよね!!


ブラックバーン HTスタッツ チェルシー
       5  枠内シュート  2
       3  枠外シュート  2
       4  コーナーキック  2
      49% ポゼッション  51%

チェルシーがCK1個目を得たのは24分過ぎにやっとという前半でした。
そしてシュート数は合計4本・・・。
イバノビッチのクロスからドログバのヘディングシュート、
ジルコフが相手の前に入ってカットしてからのシュート、
エッシェンの右足アウトで打ったシュート、

同点弾となったアネルカのシュート。 なんとも寂しい内容ですが同点は同点。

攻めても、その後カウンターで逆に攻められたりしていた中、前半で追いつけたのは
良かったですよ。このゴールがあるのとないのとでは後半の入り方、気持ちは
全然違っていたでしょうから。
チェルシーが「ゲームコントロールしているのにゴールが決まらなかった」という
展開とは違いましたしネ。


後半も引き続き、ブラックバーンはハードワークしていましたが、
前半に比べると少し落ちたでしょうか?
ボールを出すまでに、ほんの少しですが時間に余裕が出来たように思えたし、
スペースも出来てきたように思います。

しかし、その程度ではそれを活かして決定機が作れないチェルシーの現状。
チームコンディションが落ちてきた第1段の時期なのでしょうか。

良かったなぁと思えたのはジルコフくらいで、
アシュリーマルダエッシェンも、あまり良くなかったですね。
後半、現地で観戦していたチェルシーサポーターの方の話では、どうやら
エッシェンがひざを掴んで一度プレーを止めていた時があったようで・・・。
ひき続きプレーはしていたものの、タフなゲームになりました。
代表戦に復帰するようですが、大丈夫かなーと少し心配。


81分過ぎ、チェルシーのFKからブラックバーンの逆襲。
右サイドのマメ・ビラム・ディウフから大きく逆サイド前線へとパスが出て、
受けたロバーツは簡単にアシュリーをかわしてシュート!
絶対決められたと思いましたが、枠を外してくれました。
何度ヒヤヒヤさせられたでしょうか、この試合・・・。

このピンチの後です。
21984分
左サイドのボックス内でアネルカがボールキープ。
切り替えしたところにペデルセンが寄せてきたので、すぐ後ろの
ジルコフにバックパス。
ジルコフアネルカの外を回わり縦にドリブル、DFが3人寄せきる前の
早いタイミングで、逆サイドへとふんわりクロス。
それを一番外で待ち構えていたフリーのイバノビッチがヘッドで叩きつけゴール!
チェルシー逆転です!!

90分を過ぎての選手交代、そしてコーナーでの時間稼ぎをしなければいけないという
苦しい試合でしたが、この試合で勝点3を上乗せする事が出来ました!

ブラックバーン FTスタッツ チェルシー
       6  枠内シュート  8
       7  枠外シュート  8
       4  コーナーキック  5
      48% ポゼッション  51%


アーセナル、ユナイテッドが勝点20で並んでいますが、5ポイント差が縮まらなくて
良かったです。^^
シティはウルヴズに敗れ、勝点17のまま。
試合終了間際にマンシェンA.ジョンソンにうまくタックルをしかけ攻撃の芽を摘み、
いい仕事をしてくれました!よしよし!

次は3日(水)CLスパルタク・モスクワ戦(H)。ここで勝っておけば残りの2試合は
グッと楽になりますし、選手達も思いきってローテーションさせる事も出来るので
勝って欲しいですね。内容よりもケガ人を出さないで勝ちたい!

プレミアリーグの方はというと、7日(日)リヴァプール戦(A)です。
今、ボルトンvsリヴァプールを観戦していたのですが、ジョーが左足ハムストリングを
傷めて負傷退場していますので、もしかしたら来週プレー出来ないかも(?)
ボルトンに勝ち2連勝となったリヴァプールですが、内容的にはまだまだ。
アンフィールドでの戦いですが、こちらも勝ちたいところです。

ブログランキング
こんばんは!
苦しい試合をモノに出来ましたネ。なんでもリーグ戦での逆転勝利は昨年9月のストーク戦以来だとか。確かに久しぶりの劇的展開でした。
ジルコフは3試合続けて決勝点を生み出しましたネ。中盤でのプレーも板についてきて頼もしい限りですがランプス復帰後の扱いはどうなるのやら。エッシェン、ミケルがフル稼働中だけに上手く回してもらいたいものです。
スパルタク戦もしっかり勝って早いトコ首位通過を決めたいですネ。
[ 2010/11/01 23:44 ] [ 編集 ]
>プレミアンさん
特に前半はすぐにボールを奪われてしまって、キープ出来る時間が短く、
見ていて息苦しくなるくらいでした。リーグ戦での逆転勝利は久々という事ですが
去年のストーク戦以来ですか!しかも逆転ゴールがこの時間ですしね。
ホント勝ててよかったです。そして、ジルコフ好調ですね~^^
スケジュールがいよいよタイトになるといっても、ランパードが復帰したら、
やはり彼は外すことはないでしょうから、ジルコフはエッシェンやミケル、
きっとそこにアシュリーも加えて回していく事になるんでしょうね。
でも好調な選手は、使い続けて欲しいという願望もありますが・・・。
スパルタク戦に勝って早めに通過、決めたいですねーーー!
ホームなので期待を膨らませて観戦したいと思います!
[ 2010/11/02 00:55 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。