毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

CL GS Matchday3 欠場者を多く抱えつつもスパルタク・モスクワに勝利 

アシュリーとエッシェンを起用するかどうかについては練習後に決めると
コメントしていたアンチェロッティでしたが、スタメンを見ると二人とも
メンバーに入っていました!足首やひざは耐えられるかなーと心配な気持ちと、
よし、これで勝ちを狙える!という気持ちとが入り乱れていましたが、
練習後に見極めるという慎重さも伺えたので、ここは信じるしかありません。
アンチェロッティの監督としてCL100試合目のこの試合、勝利で祝いたい
気持ちでいっぱいになりました!




2010年10月19日(火) 17:30 BST  現地気温は2度!!
Luzhniki Stadion  Attendance: 70,012  referee: Carlos Velasco Carballo

スパルタク・モスクワ 0-2 チェルシー

                    219 23分 ジルコフ
                    219 43分 アネルカ

チェルシー (4-3-3)
ツェフ
フェレイラ、イバノビッチ、テリー(c)、コール
エッシェン、ミケル、ジルコフ
カルー、アネルカ
、マルダ

選手交代
74分  カルーout   マクィークランin
82分  マルダout   カクタin
87分  コールout     アーンホルトin


他サブ
ターンブル、B.クリフォード、ブルマ、メリス


スパルタク・モスクワ (4-2-3-1)
Dykan;
Parshivlyuk (c), Pareja, Suchy, Makeev;
Ibson, Sheshukov;
McGeady, Ari (Ananidze 84), Kombarov;
Welliton.

他サブ
Pesyakov, Sabitov, Stranzl, Ivanov, Kozlov, Maidana.
Booked Suchy 56.
----------------------------------------------------------
カルーが復帰です!
それにしてもサブのメンバーの若いこと!!^^

立ち上がり数分もすれば、チェルシーがボールを持つ時間がほとんど、という、
私が想像していたのとは逆の展開。
スパルタクモスクワはホームの利がいくつかあるから、もっと最初から
ハイペースで来ると思っていましたのです。

この早い時間帯にゴール出来たらいいなー、なんて思っていた時に(開始9分くらい)
スパルタクの右サイドでボールを受けたパルシヴリュクが、
前にポッカリ空いたスペースをドリブルで突っかけます。
ジルコフは前に入られた為、やれる事といったらファウルで止める事くらい。
でもここで止めたらイエロー間違いないので何も出来ず。
そして、正面でパルシヴリュクを止めようとしたテリーですが、かわされてしまい
ボックスへの進入を許します。が、外からカバーに入ったアシュリーが、
相手の足元からボールが離れた隙にカット。
それが逆サイドにいたコムバロフへのパスとなりシュートを打たれてしまいました。
枠を外れた為、冷や汗をかいただけとなりましたが、
2人でシュートまで持っていかれたのはマズイ。

その後、一本のパスで前線のアリが胸トラップから抜け出そうとしたところ、
テリーが戻ってきてクリアーして助かったり、
スパルタクの左サイドからクロスが入り、ヴェリトンにトラップから反転シュートを
ニアに打たれ、ここはツェフが右足1本でクリアー!・・・という、
ハラハラが続きましたが、やっとグループFの頂上決戦らしくなってきました!

21923分
センターサークル内のミケルからアネルカを狙って前線へとロングパスが入ります。
それはパレハにヘッドでクリアーされますが短い。
そこへジルコフが走り込んできてズドーンとボレーシュート!
GKはめいいっぱいジャンプして手を伸ばすものの触れず、ゴーーーール!

いつものCLキックオフだと日本時間では3時半ですが、ロシアでの試合なので
日本時間では1時半だったんですよね。
そのお陰で、試合前に仮眠する事が出来ず眠かったのですが
これで一気に眠気が吹っ飛びました^^
素晴らし過ぎるシュートでしたね~。
一気にダッシュして走り込んできて、バウンドに合わせるのも難しいと思いますが
よく噴かさずにあんなにキレイに打てたもんです。さすがジルコフ

それまでもジルコフは後ろから上がって来て、こぼれても押し込めるような、また
パスが出てきたらシュートを打てるような、ランパードが不在のチェルシーには
欲しい動きをしていました。

実況では「チェルシーに来て初めてのゴール」と言われていましたが、
ジルコフはチェルシーでのデビュー戦でゴール決めているので、
「チェルシーに来て」って部分では間違ってますよね(苦笑)
ゴールを決めたのは去年夏のアメリカツアー、World Football Challengeでのミラン戦。
「公式戦」ではスパルタク戦が初ゴールという事になると思いますが、実況の野村さんは
UEFAやチェルシー公式等のプロフィールデーターを見たのカモですね。

先制したチェルシーはゲームを優勢に進めますが、もう少しという所で
踏ん張られてゴールならず。
1点リードで前半が終わるんなら良いかなと思ってたのですが、

21943分
引いて受けに来てたカルーから、パスを受けたエッシェンが相手3人が寄せてくる中
ドリブルで持ち上がり、左サイドで待ち構えていたアネルカにパス。
スパルタクの最終ラインはギャップが出来ていたのでオフサイドにはならず、
フリーの状態でボックス内に!今度こそ決めて、アネルカー!
寄せてきたDFとの絡みでバランスを崩しながらも相手をかわし、
体勢が悪い中、逆サイドへと押し込みゴール!
あれだけ身体の重心がいろんな方向へと動いている中で、ゴールを決めれるなんて
やっぱり真のストライカーですよネ。

これでアネルカはチェルシーでの50ゴール目だそうです。
今シーズン、CL3試合で4点目のアネルカ、是非得点王を狙ってください^^

それにしても良い時間に追加点が取れました。チェルシーが2点リードで前半終了。
枠に飛んだシュートが両方ゴールという事ですね。

スパルタク  HTスタッツ  チェルシー
      4  枠内シュート  2
      2  枠外シュート  5
      1  コーナーキック  4
    39%  ポゼッション  61%


後半は、立ち上がりにいきなりシュートを打たれ、そしてクロスを入れられ、
またシュートを打たれ、とエンジンをフル回転に入ってきたスパルタク・モスクワ。
枠は外れてばかりでしたが、この試合負けたら終わりってくらいの勢いで
押せ押せでした。
ちょうど、この試合開始からハイペースで仕掛けてくるんだろうなと
私が思っていた、それくらいに!

寄せも厳しくなり、チェルシーの選手が何度も倒されてるシーンが続き、
ケガだけはさせないでと祈るばかり。
なので、マイボールになっても前半ほど余裕でパスが回せなくなりました。

そして、前半はあまり出番がなかったツェフが大忙し。
もちろん危なげなくクリアーしてくれていたので安心はしていたのですが、
こう何本も打たれると気持ち良いもんではないですね。

そんな中、72分過ぎにあったチェルシーのゴールチャンス。
チェルシー右サイドのスローインからでした。
相手に寄せられつつもかわして抜け出たカルー
ゴールライン近くまでえぐってマイナスに折り返したパスは
中央のアネルカはスルー。後ろから上がってきたエッシェンは、
そのボールに対し入り過ぎた形になりますが、足を伸ばして止め、
倒れこみながらシュート!
左ポストから僅かに外れてゴールならず。うーん、惜しかったです。

その後、カルーに代わってジョシュ投入。
あまり中盤で持てなくなっていたので、カルーの良いプレー後でしたが、
この交代も納得。
しかし、流れはほとんど変わらずシュートまで持って行かれていました。


そして、スパルタクも先週18歳になったばかりというアナニーゼ投入。
こちらも若手を使ってきたかーと見ていたら、走ってポジションに向かう
アナニーゼの横に映っていたアシュリーが、手をくるくる回して自ら交代を要求・・・。
ザザザーっと血の気が引きましたよ・・・。

その直後にはツェフへのバックパスが危うくかっさわれるところでしたし、
やっぱり傷めてたんですね。足首なのか、どこなのか不明ですけど
程度が気になります。


そのままスパルタク攻め手は緩みませんでしたが、ツェフを始め、守備陣が
まとまってしっかりとゴールを守っていたので無事失点なしで試合終了。

個人的に要注意かなと思っていたマッギーディにはそれ程は脅威を
与えられなかったかな。

やっぱりあれはジリナ相手だったからかも ^^;)

スパルタク  FTスタッツ  チェルシー
      9  枠内シュート  3
      7  枠外シュート  10
      9  コーナーキック  5
    52%  ポゼッション  48%


ケガ人が多くて、引分けて帰れるならOKかなと思っていた試合で
勝てたというのは本当に良かった!
エッシェンアシュリーも出場したというのが大きいですね。
アシュリーが大事に至っていませんように・・・。

ツェフは本当に安定していますが、この試合、いつも以上にテリーが良かったなぁ。
まだまだ辛いイメージが残っているこのスタジアムでテリーの魂を感じましたし、
アネルカもゴールという形で結果を出しました。

ミケルも攻守に渡り、ほんとに頼もしいプレーで貢献してくれていたし・・・と
選手を挙げていったらみんなになってしまう。笑
フェレイラも上手く対応していましたしね!


この勝利で勝点9に伸ばし、残りグループステージの試合も計算しやすくなりました。
11/3スパルタク・モスクワ戦(H)、11/23ジリナ戦(H)、12/8マルセイユ戦(A)
3試合のうちホームが2試合。いい感じです^^

ドログバも無事トレーニングに戻っているようですし、ランパードのリハビリも
順調のようで良かった。
アレックスはもう2~3日は必要という事で週末のウルヴズ戦は微妙かな・・・。

それでもチェルシーに吹いてる風はいい方向。
追い風に乗って突き進むだけです!!
ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。