毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

ドログバ、アレックスの2ゴールでアーセナルを降す! 

ロンドンダービー!この試合数時間前、ロンドンは雨が降っているという情報でした。
しかし、Kick off少し前にどうやら雨は止んだようです。
スタメンは予想通り。ランパード、カルー、ベナユンはインターナショナル・マッチ・
ウィーク後に戻ってこれそうかなぁ・・・(また延びると残念なので過度な期待せず^^;)
という感じです。ボジングワの方はもう少しかかりそうですね。
リザーブリーグのリヴァプール戦を見たのですが、守備の時、まだちょっとスピード
負けしてるシーンもあり、プレー時間も70分くらいだったかな?もう少しかかりそう。




2010年10月3日(日) 16:00
Stamford Bridge   Attendance: 41,828   referee: Mike Dean

  
チェルシー 2-0 アーセナル
 39分 ドログバ 219
85分 アレックス 219

チェルシー (4-3-3)
ツェフ
イバノビッチ、アレックス、テリー(c)、コール
エッシェン、ミケル、ラミレス
アネルカ、ドログバ
、マルダ

選手交代
73分  イバノビッチout   フェレイラin
83分  ラミレスout     ジルコフin
89分  ミケルout      スターリッジin
90+ 分 アレックスout   ※負傷退場

他サブ
ターンブル、アーンホルト、マクィークラン、カクタ


アーセナル (4-4-1-1)
Fabianski;
Sagna, Squillaci (c), Koscielny, Clichy;
Wilshere (Emmanuel-Thomas 80), Song, Diaby (Rosicky 69), Arshavin (Vela 87);
Nasri;
Chamakh.

他サブ
Szczesny, Djourou, Denilson, Eboue.
---------------------------------------------------------------
アンチェロッティ監督は土曜日のお父様の葬儀の後、ロンドンに戻ってきて
この試合はしっかりと指揮を執っていました。
深い悲しみの中、よくやってくれたと感謝します。

試合の方はといいますと・・・。
キックオフ後、いきなり攻め込まれましたねぇ。
アーセナルのスタイルだと繋げてくるかと思ったところ、サニャがゴール前に
クロスを放り込んできて、シャマフがゴール前にヘッドで飛び込んで来て
アレックスがクリアー。
その後のCKからコシェルニーにはフリーでヘディングシュートを打たれたり。
枠から外れたから良かったものの、立ち上がりから心臓に悪かったですよ・・・。


その後、チェルシーがボールをキープしても相手は前線からのプレスを
しっかりかけてきていたので前に出し辛く、中盤より後ろで回して相手を動かし
様子を伺うチェルシー。
空いた隙を狙ってパスを出しますが、シュートまではいけず。

逆にアーセナルボールになると、前回と同様、相手に持たせる作戦だったと思いますが、
簡単にボックス付近まで持ち込まれてましたし、アルシャビンにシュートを打たれ、
ツェフが防いだシーンもありました。
プレスを厳しくかけに行ったところで、失敗したら簡単にすり抜けられて置き去りって
パターンになってしまうという事もありますし、この戦法は対アーセナルには
合っているようですね。
でも、普通にはプレスをかけに行くのは当たり前ですが、中盤をあまりにも簡単に
スルスル上がられていたような・・・^^;

数シーズン前のアーセナルだったら、狭い中もつなげてボックス内にも
進入されていたと思いますが、前半では、印象に残っているのは1回くらいかな。
あとは外からのミドルシュートを打ってくるという感じでした。
それも枠から外れてくれていたり、ツェフの守備範囲のものばかりだったので
それ程、脅威を与えられたわけではありませんでした。

一方のチェルシーの攻めも相変わらずシュートを打てずでしたが、
この試合は、ミスをした方が負けというシティ戦の時のような重い空気が
漂っていたように感じなかったですし、私自身はアーセナル戦の方が
スコアレスの状態でも楽しめていました!

その理由はチェルシーの方がフィジカル対決では勝っていたから
かもしれません。^^;
エッシェン強い!とか、マルダはボール取られないねぇ!とか、
ドログバつよっっ!!とか。何度言ってたことか。笑
フィジカル的にもちょっと不安のあるラミレスでも、ファウルになってFKもらえたりと
それ程問題に感じませんでしたしネ。

21939分
中央でドログバが倒された所でFK。そして素早いリスタート。
左のマルダにパスが出て、サニャソングに囲まれますがボールをキープ。
マルダから中に戻したパスが少し短く、ラミレスが戻りながらスライディングで
後ろに送り、それを受けたミケルがDFを引き寄せてから、再びラミレスに渡します。
前を向いたラミレスから出されたスルーパスにアシュリーが駆け上がりつつ
ダイレクトでゴール前にクロス。

最終ライン中央にいたドログバラミレスのスルーパスに反応して
左サイドに寄りますが、アシュリーがいる事を見ると、中央へと下がって行き、
スキラッチを背中で押さえつつ、左足のインサイドなのかヒールなのか?で
身体をひねりつつシュート!ねじ込みゴールです!!

速過ぎてよくわかりませんでしたよ。それにしてもドログバ強いですねー。
あの体勢でマークに密着されてのシュートは難易度かなり高いと思うんですが
またしてもアーセナル相手に決めてくれました^^ 素晴らし~い!!

チェルシー公式によると11試合で13ゴールらしいですね。
13試合で13ゴールと言っている記事もありますが、
これは全コンペティションを含めてという事になるのでしょうか?!

ゴール後、ドログバは両手上げ人差し指で空を指していましたので
アンチェロッティのお父様へのポーズだったのかもしれません。

そして気がつけばアーセナルのパスも徐々にインターセプト出来る回数が
増えてきました。
時間が経つにつれ、狙いが定まってきたという感じですね。

このままチェルシーの1点リードで前半が終了。

チェルシー HTスタッツ アーセナル

     3  枠内シュート  3
     3  枠外シュート  4
     7  コーナーキック 4
     3    オフサイド   1
   56%  ポゼッション  44%


後半は何度かボックス内に入られシュートを打たれますが、この試合も
ゴール前のチェルシーの堅守は健在!

59分あたりでは、コシェルニーからのバックヘッドをスキラッチが浮き球の
処理をミスし、それを狙っていたアネルカが奪い取りドリブルで持ち上がります。
ファビアンスキもかわし、あとは無人のゴールへ流し込むだけでしたが
枠から外れてサイドネットを揺らすだけでした。
いつもなら決めていたであろうシュートだったんですけどね。うーん、残念!

それにしてもチェルシーはオフサイド取られまくりでしたね、後半は。
中には微妙なものもありましたけど、あの半分でもひっかからなければ
もう少しチャンスは増えてただろうなぁ^^;


21985分
中央の高い位置で、横パスをカットしたアネルカ。ドリブルでしかけようとしたところ
コシェルニーに止められて倒され、FKを得ます。
ボールをセットしたのはドログバ。少し離れて立っていたアレックス
でもカメラに映し出された顔はゴールを鋭く見つめるドログバの表情。
さてどっちが蹴るのか。

蹴ったのは・・・
十分に助走を取って走りこんできたアレックスが右足でズドーンと強烈な一撃砲!!
出ましたーーーー!!気持ちいいですねーーー!!
コースといい、球速といい凄いの一言です。
壁に立ってたマルダが退いたコースを通ってグイーンと曲がりネットに突き刺さりました。

ゴール後、ドログバとハグするアレックス
そこに集まってきた選手達のこれ以上ないといってもいい程の笑顔!
たまりませんね^^


86分頃には、クリアーボールを中央で拾ったジルコフが右サイドのスペースへ。
上がってきたエッシェンファビアンスキと1対1となりますが、
ここはファビアンスキ倒れずによく我慢しましたねぇ。
浮かしたシュートはブロックされてしまいました。


追加点を挙げ、エッシェンの惜しいシュートシーンがあり、盛り上がった終盤。
しかしその後、中央でミケルがピッチに仰向けに倒れこんでしまいました。
最初は足がつったのかと思ったのですが、ドログバがベンチに向かって
「ひざだよ」という感じでひざを指してたので手術した箇所かなと思ったのですが、
足を引きずってピッチを去る前、腿も触っていたので状況がよくわかりませんでした。

公式によると、やはり手術をしたひざだったみたいですね。
もし悪化したとなると、かなりマズイのですがどうなんでしょう。心配です。


そして悪い事に、90分が過ぎて追加タイムが表示された時、
アレックスが止まってしまいます。
恐らく筋肉系ですよね。右足みたいですが鼠径部でしょうか?どこでしょうね。
大事に至っていないことだけを祈ります。
3人の交代枠を使い切っていたので、CBにはなんとドログバが入ってました!
残り時間わずかでしたが、これは心強い!ドログバはどこでも出来ますね。

そして2-0、クリーンシートで試合終了。

チェルシー FTスタッツ アーセナル
     6  枠内シュート  5
     5  枠外シュート  8
    10  コーナーキック 10
     8    オフサイド   2
   53%  ポゼッション  47%


やりました!ロンドンダービーに勝利!この勝利は大きいですね。
勝った事はものすごく嬉しいのですが、やはりケガ人の事が気になってしまって。
ミケルのケガもマズければアレックスのケガもマズイですよ。
ま、ケガしても大丈夫って選手は今のチェルシーにはいないんですけどね (T_T)


ユナイテッドがサンダーランドと引分けた事により、シティが2位に浮上してしまい
なんだかそれも嫌~な感じですが、とりあえずチェルシーとシティは勝点差4。

これまで後半に調子を落とし気味だったチェルシーでしたが、この試合では
しっかり攻めれた事もあり、90分観てて楽しかったです。
2ゴールともスーパーゴールでしたしね^^

ラミレスも、あの先制ゴールの起点となったスルーパスがなかったとしても
これまで出場した試合の中で、彼のベストゲームだったのではないでしょうか。
まだまだ不安な部分もありますが、こうやってプレー時間を積み重ねて
どんどんと感覚をつかんでいって欲しいです。

いい気持ちのままインターナショナル・マッチ・ウィークに突入です!
そして2週間後にはアウェイでのヴィラ戦が待っています。
召集された選手達にはくれぐれもケガしないよう頼みますよ!!
ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。