毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

開幕戦に続きウィガンにも大勝! 

ウィガン戦前の情報では、ラミレスはこの試合には間に合わず来週から
トレーニングを受けるという事で出場準備は出来ていない状態。
そして、イバノビッチは胃の状態が良くないけど試合には出られるだろう、
ブルマは鼠径部の手術の為、金曜日にミュンヘンまで飛んでいます。
(戻ってきたブルマは日曜日現在、既にトレーニンググラウンドを軽く歩いているようです)
カクタは背中に問題があるみたいですね。
そして、ボジングワは来週チームトレーニングに合流し、試合に出るまでには
あと2~3週間必要だろうという事です。




2010年8月21日(土) 17:15
DW Stadium  Attendance: 14,476 referee: Mike Dean

ウィガン 0-6 チェルシー
          219 34分 マルダ
          219 48分 アネルカ
          219 52分 アネルカ
          219 78分 カルー
          219 90分 カルー
          219 90+3分 ベナユン

チェルシー (4-3-3)
ツェフ
イバノビッチ、アレックス、テリー(c)、A.コール
エッシェン、ミケル、ランパード
アネルカ、ドログバ、マルダ

選手交代
63分  イバノビッチout  フェレイラin
70分  マルダout     カルーin
80分  エッシェンout   ベナユンin

他サブ
イラーリオ、ファン・アーンホルト、ジルコフ、ボリーニ


ウィガン (4-3-3)
Kirkland (c),
Stam, Gohouri, Alcaraz, Figueroa (Boyce 83);
Thomas, Diame (McArthur 79), McCarthy (Watson 78);
N' Zogbia, Boselli, Rodallega.
------------------------------------------------------------
それにしてもDW Stadium、人が入ってないにも程があるってくらいガラガラ。
チェルシーのサポーターのチャントの方が勢い良かったんじゃないでしょうか。
テリーアシュリーへのブーイングも、後半には殆ど聞こえず
静かになっちゃいました。
(大量失点で帰ってしまったサポーターが多い、という事もありそうですが)


昨シーズンは3点も取られて敗れた、このDW Stadium。
今シーズンは同じ間違いはしませんよ!
と、気合いを入れて試合を見始めたものの、開幕戦、ホームで昇格チームの
ブラックプールに0-4と大敗したウィガンはホームでさすがに2連敗は
出来ないと言わんばかりに、守備に、プレスに、気合い入っていましたね。

エッシェンランパードがなかなか良い形で前を向いてパスを散らすというのが
難しい状態が続きました。
前半序盤は何度か攻め込みましたが、徐々にゲームをコントロールするのは
ウィガンの方になっていったように思います。
先制ゴールが生まれるまでは、15分過ぎにエッシェンがクリアーボールを
拾ってミドルシュート打ったくらいでシュートはなく、厳しい時間が続きました。


21934分
左サイドのマルダからドログバに縦パス。
その間にオーバーラップしたアシュリーに合わせドログバからパスが出ます。
フリーのアシュリーは、PAで動き直したランパードにマイナスのパス。
ワントラップし、トウキックで流し込んだランパードのシュートは、なんとか
カークランドが左手で弾きますが、詰めてたマルダが押し込みチェルシー先制!


     マルダ先制ゴール


押し込まれていた時間が続いていただけに、ここで先制出来たのは良かった。
少し落ち着けましたよね。
前半は1点リードで折り返す事になり、いい所があまり出せなかったなりに
まずまずな状態で後半に臨めました。
ただ、やはり万全ではなかったのか、この試合にはフィットすると言われていた
イバノビッチが彼らしくないプレーが目立ったのが気になったところです。

ウィガン HTスタッツ チェルシー

    5 枠内シュート 2
    1 枠外シュート 1
    0 コーナーキック 0
    1  オフサイド  4
  51% ポゼッション 49%


後半、またウィガンが気合入れ直してくるのは間違いないので
流れを持っていかれないうちに追加点を決めてしまわないといけないなーと
思っていたのですが、私の思惑通り、やってくれましたよ!

21948分
ハーフウェーラインよりも自陣寄り、中央のミケルから、右サイド前方のスペースへと
素晴らしいロングパスが出ました。追いついたアネルカが左サイドネットを揺らし
チェルシー2点目!


21952分
イバノビッチからのヘッドで出されたバックパスに詰めてこられるんですが、
一足早くツェフが左サイド前線へフィード。フリーで拾ったマルダからクロスが入り、
ファーサイドでドログバがバウンドしたボールを中に戻し、(シュートだった?)
ゴール前のアネルカがヘッドで押し込み、チェルシー3点目!
アネルカの位置がオフサイドでしたが、フラッグは上がりませんでした。
(それにしても、ゴール後のパフォーマンスは何を表現してたんだろうか。笑)

     ドログバ、アネルカ

試合が終わってからは、この追加2点でゲームの勝敗はほぼ決まったようなもんだと
思えるのですが、試合中はその後もウィガンが勝負を諦めていなかったので
攻め込まれて、チェルシーの守備が堅く守ってはいるもののヒヤヒヤ。
とても安心して余裕で観ている事は出来なかったんです・・・。

62分には、マッカーシーが切り替えして左足で放ったシュートは
テリーに当たり左ポストに直撃。左サイドでこぼれたボールに詰めたボセーリ
押し込まれますが、ボセーリの位置がオフサイドで助かりました。
でもツェフは、マッカーシーのシュートに反応して体制を崩していたのに
ボセーリのシュートも触ってたんですよね。
とにかくノーゴールでしたが、このシーンは血の気がザザーッと
引いた気がしました ^^;


21978分
相手ボールを途中でカットしたランパードから右サイドのドログバへ縦パス。
ゴールに背を向け受けたドログバは前方へと長めにパスを出しダッシュ!
抜け出したドログバはDFの前に入りつつ、ワンタッチしてゴール前中央へ。
それに合わせ左サイドを上がってきたカルーへと優しいラストパス。
これをカルーが流し込み、チェルシー4点目!
このゴールはドログバの、あのプレーあってこその得点でしたね!
ゴール後のパフォーマンスも、カルーがドログバのシューズを磨いていましたし^^

     ドログバ、カルー

21990分
右サイドのアネルカから大きくサイドチェンジ。拾ったアシュリーは寄ってきた
ドログバへと戻します。ドログバからゴール前へとクロスが入りますが
これがまたDFとGKの間へと絶妙!!触ればゴールというものでした。
カルーがヘディングシュートで流し込み、チェルシー5点目!カルー自身は2点目!
これで、カルーは「簡単なシュートは外す」というイメージからは脱却できるかっ。^^;



21990+3分
自陣左サイドのドログバから大きくサイドチェンジのパス。
受けたアネルカの後ろを上がったフェレイラに合わせ、そこからパスが出ます。
フェレイラはゴール前にマイナスに戻し、同じスピードでPAに上がってきた
フリーのベナユンがダイレクトで右足を振り抜き左サイドネットを揺らしました。
チェルシーこれで開幕戦から2試合連続6得点!
そしてベナユンはチェルシーでの初ゴールです。おめでとう!!!!

        ベナユン

このベナユンのゴール後、解説の粕谷氏が
「チェルシー、2試合続けて6点?凄いな~」と言われた後に、実況の野村氏が
「3試合で20点になります」と補足したのですが、野村氏がなんか
上機嫌な感じで言われているように聞こえました。^^

前半はかなり苦しみましたけど、後半はポイントポイントで選手達の能力の
違いを見せつけ、シュート数が少ないながらも確実にゴールへと繋げましたよね。

ウィガン FTスタッツ チェルシー
   12  枠内シュート 8
    5 枠外シュート  2
    0 コーナーキック 0
    2  オフサイド  5
  52% ポゼッション 48%


2試合続けて、これ程大勝するような内容ではなかったように思うのですが、
今シーズンもスコアラーが偏る事なく、色々な選手がゴールハンターに
なれるようです!

若手を使って欲しかったという声も上がっているようですが、
まずは主力として頑張ってもらわなければいけない、カルーベナユン
コンディションを上げていってもらわなければいけないと思うし、
2人を使ったのは正解だと、個人的には思っています。
この2人で3ゴールですもんね^^

ドログバは昨シーズン最終戦、今シーズン開幕戦でハットトリックをやってのけたので
シーズンをまたぎますが、この試合でハットトリック出来たら3試合連続
ハットトリックというところでした。残念ながら彼のゴールは生まれませんでしたけど、
ホント周りがよく見えてますよね、ドログバ。相手にとって危険なパスを
いっぱい出してくれますし、ゴールへと繋がるプレーやアシストの巧みさでも
痺れさせてくれます!


リーグテーブルを見ますと、2連勝しているのはチェルシーだけとなりました!
1試合消化が少ないリヴァプールとシティは開幕戦で引き分けているので、
月曜日の試合でこの両チームどちらかが勝点3を加えても、チェルシーが
首位である事には変わりません。

次は28日(土)ホームでストーク戦ですね。
この流れでいくと、また大量得点での勝利を期待してしまいそうな私がいますが、
アンチェロッティも言ってる通り、プレステのゲームじゃないんだからというのを
肝に命じ(笑)、優位なポジションでシティ・オブ・マンチェスターに
乗り込めるよう、
勝点3を積み重ねていって欲しいです。
ブログランキング
これで開幕戦は完璧な滑り出しとなりましたね。
それにしても完璧な実況!!すごいですね
相変わらず、ドログマ得は点をしなくても
すごい!!!
何はともあれ、ゼロ封したのが大きいです。
カウンターからの攻撃が出来たのも大きな成果です。

このような試合を続け、上位陣の攻撃に耐えうる守備を向上していければと思います。
[ 2010/08/23 06:05 ] [ 編集 ]
>どろんこなっくさん
予想外の好結果で嬉しい驚きが続いてます!
ドログバって身体の向きからは予想し辛い方向に正確なパスを出せたり、
他の選手とは一味も二味も違うし、素晴らしい活躍っぷりですね!
昨シーズンはここまで苦戦するとなかなか得点出来なかったような気がしますが
今シーズンは違うみたいです。攻撃は心配なさそうですが、あとは守備ですねっ
この2試合は下位チーム相手でしたから、本当の力が試される試合までに
守備の連携など確認をしっかりして準備万全にしておいて欲しいです。
(いえいえ、全然大したことないです。ゴールシーンの説明、自分用に
記録してるんですけど、今は記憶に残ってるから読むと思い出すものの、
何ヶ月も後で見返すとゴールシーンを全く頭で描けない事もあります。^^;)
[ 2010/08/23 21:38 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。