毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

イングランド勝利に一安心 

エストニアvsイングランドは0-3でイングランドが必須の勝点3を
加えました。1日遅れて観戦したので先に結果だけを確認していたん
ですけど、オォ!3ゴールかっと安心していましたが、観終わっての
感想は「ベッカムありきでイングランド代表となる」
ベッカムがいなければ、なかなかエストニアのゴールを割るのは
難しかっただろうなぁと思える内容でした。



スタメンは昨日出ていた予想スタメンと同じでした!
右SBにブラウンが入り、左SBにブリッジ、クラウチがスミスに代わり
オーウェンと2トップを組んだというのがブラジルとの親善試合の
スタメンと変わったところでした。

全員が引いて守備を固めていたエストニアに対し苦戦するのは
予想できていましたが、クラウチはこういう試合に使えますね!
両サイドバックの攻撃参加はそれ程なかったように思いますが
クラウチにまずあてて・・・ってのが出来ますし。
私の中では、今までのEURO予選よりはドーンと重いものは
ありませんでした。

でも開始15分位のところで、ベッカムが左足を気にし出したん
ですよねー。ちょっとそれが嫌な感じはしましたが。

イングランドに待望の先制ゴールが生まれたのは37分。
そこまでの流れというと、自陣ゴール前からのクリアーボールを
中央のJ・コールがヘディングで競り(その前からジェラードは全力で
駆け上がります)それを拾ったブリッジから左サイドの方へと
上がったジェラードへパス。カウンターですよね。
ジェラード全力疾走&ドリブル 29 ペナルティエリア手前で
お得意の切替してシュートor中へのクロスってところでしたが、
切替した所を相手DFにクリアされてしまい、スローインになります。

ブリッジのスローインをクラウチがヘッドで後ろに送り、それを
J・コールが胸トラップから反転してシュート!! 先制ゴールです。
これ、結果を知ってたから大丈夫でしたけどLIVEで観てたら
たぶん私は叫んでいたでしょう。笑

エストニアの監督は「エッフェル塔みたいなクラウチに対してどう
守ればいいんだい。首の上に登る事は出来るけど、それじゃぁ
ペナルティーだ」
とコメントしていたようです。^_^;

後半開始でベッカムを交代させるのか、足の状態が
心配では
ありましたが、選手交代はありませんでした。

54分、右サイドのベッカム(結構遠め)からゴール前にクロスが入り
クラウチがヘディングシュートを決め、2ゴール目。
この距離からのベッカムのクロス、しかも受けてからダイレクトで
入れてますし、最高です!!

62分、ランパードから右のベッカムへ大きくサイドチェンジ。
そこからゴール前にこれまた最高のクロスが入り、フリーの
オーウェンが右足アウトで合わせて押し込み、久々のゴール!!
エストニア戦 クラウチ追加点   オーウェン久々のゴール!!

しかし、終了のホイッスルがなる直前にエストニアにシュートを
打たれ、ライン上か少し手前のギリギリでテリーがクリアーって
シーンがあり、もしこれが入ってたら勝ったとはいえ気分よく
終われてなかったかもしれません。
イングランド国内でもまた批判のターゲットになってたかも・・・。
----------------------------------------
 エストニア    スタッツ     イングランド
     2     枠内シュート      6
     5     枠外シュート       6
     4    Blockedシュート    1
     2      コーナー       2
     21      ファウル       8
     78    パス成功率      81.1
     29      タックル       20
     62.1   タックル成功率     75
     40.9  ボールポゼッション   59.1
----------------------------------------
クラウチがイエローをもらい、次の試合はサスペンションとなりますが
ルーニーは帰ってきますしね。
オーウェンも試合数を重ねれば、イングランドのエースとしての
復活は間違いないような気がします。
エストニアに勝利

 9月  8日  イスラエル戦 (ホーム)
 9月 12日  ロシア戦   (ホーム)
10月13日  エストニア戦 (ホーム)
10月17日  ロシア戦   (アウェイ)
11月21日  クロアチア戦 (ホーム)

残り5試合になりましたが、そのうち4試合はウェンブリーでの
試合です。芝はなんとかして欲しいですけどね ^_^;
相手国は右サイドを押さえる対策を練ってくるでしょうが、
ホームが続きますし本戦出場はかなり期待しちゃいます!

ブログランキング
やっぱりイングランド代表はベックスがいないとv-266
存在感がありますね~v-237
テリーにつづいて、Jコールがゴールをいれたのも嬉しかったですしv-238
ランパードも頑張れ☆★
本当に、ベッカムの活躍にはアッパレv-119
という感じですよね(^。^)
[ 2007/06/08 06:36 ] [ 編集 ]
クラウチとベッカムのホットラインはいいですね。ニステルもそうですけど、ベッカムを生かすには、ヘディングの強いFWが必要ですね。
[ 2007/06/08 19:46 ] [ 編集 ]
>○ふう○さん
やっぱりベッカムが入ってからチャンスが増えるし、ゴールにつながりましたね。
今までにないパスやクロスが出ますから、この好調さが続くならMSLに行っても代表に呼ばれる可能性は高そうです!
J・コールのゴールはキレイに決まりましたしv-238
ランパードも狙いは良かったヘディングシュートがあったんですけどねー。とにかく勝ててよかったですv-425
[ 2007/06/09 01:25 ] [ 編集 ]
>shimadaさん
この試合、ボールを前でキープするのにもクラウチは必要でしたしベッカムも他の選手と比べると、より出しやすいでしょうね。
オーウェンの飛び出しにも精度の良いのが出てきますし、ゴール前にスルーパスとかよりクロスを呼び込みたいタイプのFWとは相性いいですよねっ。
[ 2007/06/09 01:40 ] [ 編集 ]
今晩は。
ベッカム、Jコール、オーウェンと代表復帰組が揃っての活躍でしたね。
引いて守る相手の時には、やはりベッカムの右足は効きますよね。
Jコールもオーウェンも、復帰の試合で得点する事が出来て、丁度良かったと思います。
まあ一番喜んでるのは、マクラーレン監督でしょうが・・・
[ 2007/06/09 23:55 ] [ 編集 ]
>ランプスさん
そう言われてみれば代表復帰組みの活躍でしたねー。
この試合、私的には快勝したとは思えないんですけど、
特にオーウェンのゴールはイングランドにとって力強いというか、
これからいけるゾ!っていう自信復活の元になると思います。
マクラーレン監督が一番喜んでるのは間違いないですね!! 笑
[ 2007/06/10 09:18 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2007/06/17 08:45 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2007/06/17 08:58 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。