毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

チェルシー、ウィガンを8-0で降し4シーズンぶり優勝! 

09/10シーズン、ラストゲームまで縺れたユナイテッドとのタイトルレース。
結果、チェルシーが4シーズンぶりの優勝~!!
あまりにも嬉しすぎて、夜中2時ごろに試合が終わったにも関わらず、
眠れなくて、録画していたウィガン戦をもう一度最初から観てしまい、
そうするうちに、スカパーで再放送が始まり結局その日は一睡もせずでした^^;
そして火曜日は公式TVの録画を観て、コメンテーターの
「イエェェーーーーース!!ハッハーーーー!」等の絶叫と共に再びエキサイトし、
今日に至るという事で、更新が少し遅くなりましたが、まだ覚めないこの幸せ!
Chelsea優勝



2010年5月9日(日) 16:00
Stamford Bridge  Attendance: 41,383  Referee: Martin Atkinson

         チェルシー 8-0 ウィガン
       6分、56分 アネルカ 
219219
      32分 ランパード(PK)
 219
            54分 カルー 219
63分、68分(PK)、80分 ドログバ219219219
          90分 A・コール 
219

チェルシー (4-3-3)
ツェフ
イバノビッチ、アレックス、テリー、A・コール

ランパード、バラック、マルダ

カルー、ドログバ、アネルカ

選手交代
58分  イバノビッチout   ベレッチin
58分  カルーout      J・コールin
70分  バラックout     マティッチin

他サブ
イラーリオ、フェレイラ、ジルコフ、スターリッジ
-------------------------------------------------------------
前半のチェルシーはやはり全てが決まる試合、勝たなければいけない試合
というプレッシャーからか、動きが硬かったように思いました。
普段あまりないようなパスミスが何度かありましたし。

そして、31分にコールドウェルがランパードをPAで引き倒しして1発退場となり
10人になっても、相手が一人少ないとは思えない程ウィガンも良かったです。

しかし、硬いながらも前半のうちに2ゴールを決めたチェルシー。
そして相手は10人。よっぽどの凡ミスが続かない限りは大丈夫かなーという思いと
いやいや、試合を終わらせる程の追加点がないと安心出来ないという思いが交錯。

2196分
カルーが中央で倒されて得たFKから。
ドログバが蹴ったボールは壁に弾かれますが、その浮いたボールを
そのままバラックがヘッドでゴール前に送ります。
マルダが胸で落とし、ゴール左にいたアネルカ
ニアに押し込みチェルシー先制!

21932分
カルードログバと繋ぎ、上がってきたランパードにパス。
コールドウェルの動きと逆にトラップしたランパードの勝ちでした。
抜かれるまいとランパードを引き倒しPK。そしてゴールドウェルは一発退場。
これをきっちりランパードが決めて2-0!

試合前、PKを得たら蹴らしてもらえるだろうとドログバは言っていたにも関わらず
蹴らなかったので、試合はまだ決まってないから譲ったのね、
と思ったのですが、蹴りたかったのにぃ~という不満そうなドログバ
ランパードがなだめているシーンが映りました。あぁ、そうだったのか・・・。
そんな状況だったけど蹴ったって事は、本当にランパードの本気度を感じました。
ドログバはゴールデン・ブーツがかかってましたもんね。

そして2-0で前半終了。

チェルシー  HTスタッツ  ウィガン
      4  枠内シュート  2
      2  枠外シュート  1
      8   ファウル数   7
      2    コーナー   1
     50% ポゼッション 50%


後半はゴール祭りでした。
21954分
アレックスからの縦パスをドログバがダイレクトで右ランパードにパス。
ランパードは少しコースを変える為に触ったか、スルーしたか
右サイドのカルーに渡ります。PAに入り仕掛けつつ、オーバーラップした
ランパードにパスが出て、そこからマイナスのグラウンダーのクロス。
パス&Goでゴール前に入ったカルーが押し込み3点目!

21956分
右サイドのゴールライン近くからのドログバのスローインから。
近くで受けたイバノビッチが逆サイドとクロスを入れ、PA大外で待ち構えていた
アネルカがダイレクトでボレーシュート!右サイドネットを揺らし4点目!

21963分
A・コールがゴール前中央に入れたクロスをオーバーヘッドで狙ったドログバ
惜しくもGKのファインセーブでブロックされてしまいましたが、
すかさず左サイドへのこぼれ球を拾ったランパードが逆サイドへと
浮かしたクロスを入れ、ドログバが頭で押し込み5点目!

21968分
A・コールドログバにパスを出し、ダッシュでPAに駆け上がります。
ドログバはキープしつつ、その上がりに合わせてパスを出し、
A・コールが走りながら受けようとしたところをメルヒオットに引っ掛けられPK。
今度は任せてもらえたドログバが左ポストに当てヒヤッとさせられましたが
ゴール!これで6点目!

21980分
中央のJ・コールから右ベレッチへパス。フリーのベレッチは、中央から右へと
流れてきたJ・コールに合わせるようにPAスペースへとパスを出し
そのままダイレクトでJ・コールがシュート。
またもやGKにブロックされますが、こぼれたところがドログバの前。
上手く合わせたドログバが押し込み、7点目!

21990分
アネルカ
からのボールを、中央でゴールを背にしつつ受けたJ・コール
トラップでボールを浮かして右サイドへ浮き球のパス。
受けたベレッチは、PAに進入したJ・コールに合わせパスを出しますが
ここで寄せてきたDFとJ・コールは競り合いでバランスを崩します。
2人とも尻もちをつきますが、粘ったJ・コールが体勢を崩しながら
逆サイドへとクロス。そこにはどどどフリーのA・コールが!
それをダイレクトボレーでキレイに決めて8点目!


今シーズン初の8ゴール!
というか、8ゴール決めるなんて毎シーズン出るわけないですよねっ。
勝つと信じてはいましたが、最後の試合でこんな試合を やってくれるとは><。
試合内容が悪くても、1-0でも勝てばいい試合でしたが、なんと8-0の
大大大勝利で試合は終了~。素晴らしい!!


そして、この試合でハットトリックをしたドログバですが、2点目のPKを蹴らせて
もらえなかった事が良い方向に向きましたねーっ♪

フルタイムのスタッツはスカパーでは出てなかったのBBCから。

チェルシー  FTスタッツ  ウィガ ン
     10  枠内シュート  3
      7  枠外シュート  1
     14   ファウル数   9
      2    コーナー   3
     59% ポゼッション 41%



交代で入ったジョーですが、怪我から復帰してから出場した試合の中で
一番良かったんじゃないでしょうか?
少なくとも私の目には、そう見えました。
ボールも殆ど獲られず、切り替えしなどもキレてましたし、
守備に関しても、大きな仕事を何度かしてくれたと思います!




09/10 プレミアリーグ 最終順位
 Team P W D L F A GD PTS
1  Chelsea 38 27 5 6 103 32 71 86
2  Man Utd 38 27 4 7 86 28 58 85
3  Arsenal 38 23 6 9 83 41 42 75
4  Tottenham 38 21 7 10 67 41 26 70
5  Manchester City 38 18 13 7 73 45 28 67
6  Aston Villa 38 17 13 8 52 39 13 64
7  Liverpool 38 18 9 11 61 35 26 63
8  Everton 38 16 13 9 60 49 11 61
9  Birmingham 38 13 11 14 38 47 -9 50
10  Blackburn 38 13 11 14 41 55 -14 50
11  Stoke City 38 11 14 13 34 48 -14 47
12  Fulham 38 12 10 16 39 46 -7 46
13  Sunderland 38 11 11 16 48 56 -8 44
14  Bolton 38 10 9 19 42 67 -25 39
15  Wolves 38 9 11 18 32 56 -24 38
16  Wigan Athletic 38 9 9 20 37 79 -42 36
17  West Ham Utd 38 8 11 19 47 66 -19 35
18  Burnley 38 8 6 24 42 82 -40 30
19  Hull City 38 6 12 20 34 75 -41 30
20  Portsmouth 38 7 7 24 34 66 -32 19

09/10 プレミアリーグ Top Scorers
 Player  Team Top Scorers
1  Didier Drogba  Chelsea 29
2  Wayne Rooney  Man Utd 26
3  Darren Bent  Sunderland 24
4  Frank Lampard  Chelsea 22
5  Carlos Tevez  Manchester City 22
6  Jermain Defoe  Tottenham 18
7  Fernando Torres  Liverpool 18
8  Francesc Fabregas  Arsenal 15
9  Emmanuel Adebayor  Manchester City 14
10  Gabriel Agbonlahor  Aston Villa 13
11  Louis Saha  Everton 13
12  Dimitar Berbatov  Man Utd 12
13  Florent Malouda  Chelsea 12
14  Nicolas Anelka  Chelsea 11



プレミアリーグになってからのシーズン最多得点97も、
チェルシー歴代シーズン最多得点98(1960/61シーズン)も軽く越えて、
今シーズンのチェルシーは103ゴール!!!!!
そして得失点差は2位ユナイテッドの58から大きく引き離し71とダントツ!
ツェフのクリーンシートがレイナとトップタイの17ゲーム!
そして、ドログバが29ゴールでゴールデン・ブーツをゲット!
不調月間もあり、今シーズンは浮き沈みが激しかったチェルシーですが
終わってみれば最高でしたね ^^

テリー、ランパード、アシュリー  アンチェロッティ&マルダ

残すは15日(土)のFAカップ決勝、ポーツマス戦のみ。
これも優勝して、チェルシー初のプレミアリーグ、FAカップの2冠と
いきましょう~~!!


ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。