毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

不調を引きずりスパーズに惨敗 

火曜日に行われたボルトン戦の出来が良くなかったチェルシー。
翌日水曜日にあったトッテナムvsアーセナルを観て思ったのは、週末はこの好調の
スパーズが相手なのね・・・少し心配だけど、信じるしかない!勝利を!

そして、土曜日。トッテナムvsチェルシーより前にはマンチェスターダービーのキックオフ。
チーム力的には、まだ少しユナイテッドとのチーム力の差を感じたシティ。
試合はスコアレスで進んでいましたが、時計が90分を過ぎ、追加タイムに入ってから
スコールズが決勝ゴールをヘディングで決めたのでした。
ユナイテッドが勝点3をプラスした事で、ますます私の中では必勝ムード!




2010年4月17日(土) 17:30
White Hart Lane   Attendance: 35,814  Referee: Phil Dowd

   トッテナム 2-1 チェルシー
15分 デフォー(PK)219 219 90+2分 ランパード
    44分 ベイル 219

チェルシー (4-3-3)
ツェフ
フェレイラ、アレックス、テリー、ジルコフ

デコ、ミケル、 ランパード

J・コール、ドログバ、マルダ

選手交代
33分  ミケルout    バラックin
46分  フェレイラout  イバノビッチin
46分  J・コールout   アネルカin

他サブ
イラーリオ、A・コール、カルー、
スターリッジ


トッテナム (4-4-2)
ゴメス
カブール、ドーソン、バソング、アスエコト
ベントリー、ハドルストーン、モドリッチ、ベイル
パブリュチェンコ、デフォー

選手交代
  78分  デフォーout   グジョンセンin
90+5分  パブリュチェンコout  クラウチin

他サブ
Alnwick、Walker、Rose、Livermore、Townsend

------------------------------------------------------------
やはり、まず最初に。

アシュリーがサブメンバーに入りました!
おかえりなさいっ!! 待っていました。
アシュリーがいない間はジルコフが相当頑張ってくれていたので
問題はなかったですが、左SBのスペシャリストの復帰は嬉しいものです ^^

チェルシーは中3日。スパーズは中2日でこの試合を迎えました。
にもかかわらず、出足の反応はスパーズの方が良かったように感じました。
受けた印象としては、パス成功率はチェルシーの方が低かったような・・・。
そして、ホワイト ハート レーンで好調のスパーズ相手とはいえ、
「なんか今日チェルシーの守備は緩いかも」となんとなーく、なんとなく思ってたのでした。
時間が進むにつれ、それは確信に・・・
プレスがかからず、ズルズル下がるシーンが多く、ゴール前に押し込まれるシーンが
続きました。

21915分
CKの流れから。左サイドのベントリーからゴール前にクロス。
ニアに詰めたパブリュチェンコミケルアレックスの間から抜けたボールに
テリーがヘッドで下に叩きつけて処理しようとしましたが、その後ホイッスル。
ハンドということで、ダウドはPKのジャッジをしたのでした・・・。

(スカパー解説の西岡さんが「ハンドかー!? ハンドかー!?」と言ってたのが
 なんだか嬉しそうに聞こえたのは私だけかもしれませんが


PKキッカーはデフォー。これをきっちり決めてスパーズが先制。


その後、チェルシーはどちらかといえばジルコフの突破が一番期待出来たかなと
いう感じでしたが、もうちょっとマルダなりサポートが欲しかった。
他はそう多くはチャンスを作らせてもらえませんでした。

逆にスパーズはチェルシーの右サイドを何度も攻められ脅威でしたね。
ベイルモドリッチはの対応もあってかフェレイラは殆ど攻撃参加出来ず、
守備も遅れがち・・・。

3トップのマルダジョーはボルトン戦での出場時間は短かったのですが、
この試合では良さが出せてなかったですよね。

そして前半途中でミケルは負傷退場してしまいました。
プレスがかからなかったのも、この影響は多少あったでしょうか?
いや、それだけではないですよね。
うまくいかない時間帯が続き、何とか打開したかったところ、
37分頃だったか、スルーパスに抜け出したマルダがゴールネットを揺らしますが
オフサイドの判定。 うーん、残念。

21944分
スパーズの左サイド、スローインから。ベイルが受けて直ぐ近くの
パブリュチェンコにパス。
そこから左サイド前方のスペースへとパスが出てベイルフェレイラが追いかけます。
一旦スピードを落とさせたものの、ベイルに中に切り込まれ、フェレイラをかわした後に
ニアへの速いグラウンダーのシュートを決められ、スパーズ2点目。
あっという間のゴールでした。
早い時間帯からフェレイラのところは危なかったですからベイルもかわせる事が
よくわかってたのでしょう・・・。

その直後、ランパードのボレーシュートはゴメスが止めてゴールならず。
先日のアーセナル戦でも良いセーブをしていましたが、この試合も
自信に満ちてたようでした・・・

前半2失点して折り返しです。
解説で言われていましたが、今シーズン2-0で追いかける展開というのは
初めてのチェルシー。なんとか切り替えを上手くして後半戦って欲しいと願っていました。

トッテナム  HTスタッツ  チェルシー

     6  枠内シュート  3
     3  枠外シュート  1
     5   ファウル数   3
     6    コーナー    3
    55% ポゼッション  45%


なんとかせねばと後半から2人選手を交代。
が、後半キックオフ前にドログバが鼠径部を傷めてしまいます。
しかしもう交代完了ということで、枠は残っておらず、そのままプレーする事に。
あ~、2点リードされているなか、この状況は厳しい。
この時点でアシュリーは、この試合でのプレーはなくなったわけです。

早い時間で1点返そうとするチェルシーの裏にはスペースがたっぷりあるので、
デフォーに1本のパスで抜けられた時には、後半立ち上がりにあわや失点かと
思いましたが、ここはツェフがしっかりブロック!!

2点差もあった事で、前半に比べれば、ですがチェルシーのボールを持つ時間は
増えたんじゃないでしょうか。
でも、合間に鋭いカウンターを返されるので、ひやひやもんです。

63分に、ゴメスのフィードに対し、テリーパブリュチェンコの前で処理しようとしますが
入れ替わられ、後ろからパブリュチェンコを倒し1枚目のイエロー。

67分、チェルシーの右サイド。デフォーからスペースへと出たパスにベイル
抜け出し追いつきますが、遅れてテリーがタックルに行き、2枚目のイエローで退場。

あ~~。まだ1点も返してないのに10人になってしまいました・・・。
キャプテン、テリー。自分自身もうまくいかないプレーが何度かありましたが、
チーム全体が良くなかったこともあり、勝利へのこだわり、闘志を見せて
引っ張っていきたいのは観ていてよくわかりました。
でも、ここは遅らせてアレックスのサポートを待って欲しかった。
つい先ほど1枚目のイエローをもらったばかりなのはわかってたはず。
でも、キャプテンだからこそ行ってしまったというのは他のクラブでも
見かける光景ではあります。
だとしても残念なプレーではありますが・・・。
もちろん、来週のストーク戦 テリーはサスペンション。

(それにしても、ダウドっていつもなんであんな威圧的でふてぶてしいのでしょうか^^;)

やはりドログバは無理はきかないし、スピードアップも難しい状況。
9.5人でのプレーと言ってもいいかもしれません。
それでも何とかゴールを奪おうとボールを回し攻撃するチェルシー。
イバノビッチの反転からのミドルシュートは少し枠の上でしたが良いシュートでした。


逆にベイルパブリュチェンコに際どいシュートを打たれてしまうのですが、
うまく(?)ギリギリ枠を外してくれて追加点は許しませんでした。
ここで決められていたら、大敗となるところでした。

しかし、追加タイム5分!まだ時間はある!

21990+2分
チェルシーの左サイド スローインから、中央→右サイドへとボールが渡りバラックへ。
そこからGKとDFの間に低めのクロスが入り、バウンドしたボールでしたが上手く合わせて
ゴール前へとスライディングしながらランパードが押し込み、チェルシーが1点を返します。

解説の西岡さんには「これでもしチェルシーが勝点1を取る事になりましたら
奇跡と言ってもいい」なんて言われてしまいましたが、私は信じていました。追加点を!


しかし残念ながら、このままタイムアップ。
2-1でスパーズに敗れてしまいました。
本当に、本当に勝ちたかったので残念すぎる結果ですが、
ゴールを狙い続けたチェルシーの選手達が観れた事は、良かったです。

追加タイム5分前後、ホワイト ハート レーンは早く終了のホイッスルを鳴らせと口笛の嵐。
それほど同点の脅威を与えていたとも言えますし、可能性はあったと思います。

トッテナム  スタッツ  チェルシー
    11  枠内シュート  6
    10  枠外シュート  3
     7   ファウル数  14
    13    コーナー    4
    50% ポゼッション  50%


ドログバミケルの負傷具合が来週に影響しない程度だったらいいんですが・・・。


一方、この試合の翌日にあったウィガンvsアーセナル。スゴイ展開でしたねー。
アーセナルが先制、追加点を決め0-2としてから、
80分辺りから約10分間でウィガンが3ゴールを決め、逆転勝利!

アーセナルとの勝点差が開いた事は喜ばしい事ですが、
チェルシーは最終週、ウィガンと対戦なんですよね。
本当に侮れない相手です・・・。

これでユナイテッドとの勝点差は1となってしまいました。
チェルシーが他クラブを気にせず優勝するためには、残り3試合全勝あるのみです。

4月25日(日) ストーク戦 H
5月02日(日) リヴァプール戦 A
5月09日(日) ウィガン戦 H


チェルシー   勝点77 得失点差54
ユナイテッド  勝点76 得失点差51
アーセナル   勝点71 得失点差39


スパーズはマンチェスターシティをかわして4位に浮上し、このままCL出場枠圏内に
留まりたいでしょう。両チームの直接対決もありますが、
来週はユナイテッドとの対戦。オールド トラフォードでの試合ですが、
ここでも勝点を奪ってもらえると嬉しい。 (さっき自力優勝とか言ってたのに・・・。^^;)
いや、精神的に楽になってプレッシャーが少ない方が戦いやすいという事で
そうなったらいいなとは思っただけです。チェルシーも厳しい試合が残ってますしね。

でも、全勝を達成して欲しい!
本当にあと、3試合でプレミアリーグの今シーズンは終わるんですよ。
全力を出し切ってください!

ブログランキング
こんにちは。
この試合,いい予感しなかったので(アウェイ+あの審判ですから),・・・後半見るのやめちゃったんですよね。。でもこのレポートのおかげで後半の展開を詳しく知ることができました。感謝します。
あと3試合,ワクワクしてきましたね。今年のリーグ優勝を取れれば,とても重みがあると思いますね。
[ 2010/04/21 20:19 ] [ 編集 ]
こんばんは!
いや~相手に決定力があれば4、5点は取られてたでしょう。今季最もダメダメな内容でした。完敗。
相手はまさにプラン通りでしょうネ。2トップがCBを引き付けてサイドで1対1の状況を何度も作られました。中盤のフォロ-が少なかったのが問題。今季はど-も前傾姿勢になり過ぎますネ。上手く突いたレドナップもお見事ですが。
ドログバは問題無いみたいですがエッシェンも間に合わずミケルが負傷とかなり厳しい状況になりましたが何とか乗り切って貰いたい。テリーはしっかり頭を冷やして欲しいですネ。
[ 2010/04/21 23:20 ] [ 編集 ]
>55さん
あぁ、55さん。後半は観戦されませんでしたか・・・。
本当にうまくいかない試合でしたねぇ。
今シーズンのワースト何位くらいになるでしょうか (/_;)
スコアは2-1ですが、まさしく惨敗でした。ダービーなので、もっと接戦した
面白い試合が観れると思ったのですが、殆どスパーズの時間帯でしたし・・・。
でも連敗はしないチェルシーですから、ここから右肩上がりで3試合戦い抜いてくれると
信じてます。リーグ優勝を勝ち取れれば、それはもう重みがありますよね。
ここ数年は、優勝チームが最後までわからない,優勝争いしているチームの負け数が
多いシーズンなんて記憶にないですもん。チェルシー、ユナイテッド、アーセナル共に
残り3試合の中に難敵が残っています。最後に笑ってFAカップ決勝に臨みたいですネ!
[ 2010/04/21 23:23 ] [ 編集 ]
>プレミアンさん
確かパブリュチェンコは6-1になるような試合だった風な事言ってましたよね・・・。
プレミアンさんは最もダメダメ試合と思われましたか。私もかなり上位に入るとは
思ってたんですよね。試合中にため息が本当に出てしまいましたもん。
中盤のフォローが少なかったって事もありますよね!やっぱり!
前傾姿勢になりすぎてサイドを突かれるってのはシーズン序盤に心配してた気がしますし
途中、攻撃力の方が勝ってたので気にならなくなってましたが上手くいかないと
同じ問題が出てしまったという・・・。
そうそう!エッシェンが戻ってくると1度喜んでたのに数時間後にダメという情報が(T_T)
ミケルも負傷で守備も不安ですが、長いシーズンの残り3試合、これぞチェルシーという
試合を見せて欲しいです。テリーは頭冷やして、勝つ為に冷静にキャプテンとして
引っ張っていって欲しいと思います!
[ 2010/04/21 23:39 ] [ 編集 ]
そうですまだ諦めませんよ。大一番のリバポ戦にもきっちり勝って必ず優勝しましょう!
[ 2010/04/23 11:31 ] [ 編集 ]
>jjさん
コメントありがとうございますっ^^
まだまだ首位ですもんね。ホームゲームはもちろんの事、アウェイのリバポにも必勝です。
自分たちの力で優勝を勝ち取りたいですね!
残り3試合は勝負にこだわるプレーを、終了のホイッスルが鳴るまで貫いて欲しいです!
[ 2010/04/24 01:40 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。