毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

イングランドvsブラジル、注目はベッカム 

6月1日、Newウェンブリーで初のイングランドA代表の試合が行われ
ました。相手はメンバーを試行錯誤しているブラジルです。
結果は1-1のドロー。マクラーレン体制で初選出となったベッカムは
果たしてイングランド代表に必要なのか?
それが大きく注目された試合でした。マクラーレンと選手達の
プライオリティは「勝利」の結果を出すことだったと思いますけどね。



私はイングランドに注目していたんですけど、スタメンはだいたい
予想通りでした。バック4はどうなる?って感じでしたけど。
ジェラード&テリー
---------------------------------------------------
イングランド
GKロビンソン
キャラガー、キング、テリー、ショーリー
ベッカム、ジェラード、ランパード、J・コール
スミス、オーウェン

ブラジル
GKエウトン
ダニエウ・アウベス、ナウド、ジュアン、ジウベルト
カカ、ジウベルト・シウバ、ミネイロ、ロナウジーニョ
ロビーニョ、バグネル・ラブ
---------------------------------------------------
まさしく結果を求める姿がイングランドの選手達から見えました。
今までのEURO予選で私が見た試合では、あんな体を張った
プレーや闘志というか、伝わってくるものはありませんでした。
マクラーレン監督だけでなく選手達も崖っぷちだったんでしょう。
とても親善試合での守備意識ではなかったと思います。

そして注目だったベッカム
やはりFKでのあのボールの質、精度は必要だというのは誰しも
思ったでしょうが、正確なロングパスも充分な魅力ですよねー。
そこに出せるのか!?そこが見えてたか!?
そんな感想はマクラーレンが率いてからのチームでは
なかったので、ベッカムが代表に選ばれるべき選手であるという
事も証明したように思います。
ベッカムだけではないんですけど、守備でも戦ってましたしね。

攻撃の形が出来ない・・・これは変わりなかったんですけど ^_^;
ブラジルも守備が堅いですからね~。
イングランドではスミスとJ・コールには不満だったようです。
まだまだ彼らは自分のベストまで今季持ってこれてなかったですし
その辺はもうちょっと待ってもらいたいですね。

ブラジルも良く見られるカウンターの迫力ってのが殆どなかった
印象でした。中央でロナウジーニョとカカのパス交換で、ジェラードが
1人で対応ってシーンはやられるか?って思いましたけど。

この試合の先制ゴールはイングランド。
68分、オーウェンへのファウルでのFK(右サイド)から。
キッカーはこの試合で殆どのプレイスキッカーとなったベッカム。
ファーサイドのテリーがぴたりと合ったボールにヘディングシュート!
オォ~、テリー!!久々に見ましたよ。これはかなり嬉しい☆
テリー先制ゴール  ベッカムFKでテリーのゴールをアシスト
まぁ、終了直前にジエゴにヘディングシュートを決められましたが、
クロスが入った瞬間に「あ~・・・」って思いました。
もう勝ったという気持ちが強く集中力を欠いていたんでしょうね。
テリーも交代していなかったってのも多少あるんでしょうか?
ハムストリングを痛めてるみたいですが、テリーまで離脱となると
イングランドの守備も不安になりますので、早い時間の交代は
正解だったと思います。エストニア戦は重要ですからね!
----------------------------------------
イングランド     スタッツ     ブラジル
     4     枠内シュート      3
     3     枠外シュート      13
     1    Blockedシュート    3
     3      コーナー       6
     22      ファウル      16
     77.4    パス成功率     83.1
     36      タックル       29
     72.2   タックル成功率     58.6
     45.8  ボールポゼッション   54.2
----------------------------------------
チームとしての将来性はブラジルの方が大きい気がしました。
イングランドは次のエストニア戦では「戦える」んではないで
しょうか。ルーニーのサスペンションは痛いんですけどねっ。
でもこれでベッカムのスタメンは間違いないでしょう。

ブログランキング
こんばんは。
この試合は、私も観ました。
一応、イングランドに注目していたんですけど、いつの間にやらブラジルに気を取られてしまいました(笑)

個人的には、イングランドの左SBショーリーは良いと思いましたね。初めて見たよ。
でも、イングランドの最後の失点は、エリクソン体制の時となんら変わってませんね。悪い癖・・・ずるずるDFラインが下がってPA内に並ぶ・・・v-12
[ 2007/06/03 01:58 ] [ 編集 ]
>コージさん
こんばんは!
イングランドで私の目を惹いたはベッカムとジェラードぐらいでした・・・。
ブラジルの方が有効なパス回しが出来てましたよねー。
その中でもカカとロナウジーニョが持つと何かやってくれるにおいもしたし、この2人がいないだろうコパ・アメリカがどうなるかは心配ですが。
私もショーリーのプレーを意識したのはこの試合が初めてです。
キャラガーは比べると可哀想かもしれないですけど、ショーリーの方が良かったですね。
これからアシュリー達とのポジション争いに加わりそうです。
失点シーンにはもうガックリですよ~e-282
[ 2007/06/03 03:07 ] [ 編集 ]
ベッカムはいいけど、またランパードが批判されていますね。
[ 2007/06/03 08:45 ] [ 編集 ]
>shimadaさん
ウェンブリーではランパードの交代の時、一部でブーイングがあったみたいですね・・・e-351
まぁ、ランパードに対しての期待は大きいですし、他の選手が同じパフォーマンスだったとしても批判はなかったかもしれませんね。
[ 2007/06/03 10:39 ] [ 編集 ]
ベッカムはやっぱスゴいですよねv-10
アメリカに行っても代表出てほしいなぁ~v-266
ブラジルはハングリー精神がすさまじいですからね…底辺も広いし、強い強いv-237
[ 2007/06/03 12:47 ] [ 編集 ]
>○ふう○さん
ベッカムは存在感ありましたよねー。
この試合ではベッカムのクロスがなければイングランドに
ゴールはなかったでしょうv-237
アメリカに行っても召集されるかはマクラーレンのみが知るって
感じですね。
ブラジルは例えあまり知らない選手でも相当うまいですし、
これからも面白いサッカーを見せてくれそうです。
[ 2007/06/04 00:02 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


■ Friendly Match at the new Wembley on 1 June   イングランド(1-1)ブラジル    ・後半23分 テリー(イングランド)    ・後半45分 ジエゴ(ブラジル)この試合の詳細は、ブログランキングにてサポーターの方のエントリーをご覧下さい。■ 試合総
[2007/06/03 01:58] ◆ Football Kingdom ◆
プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。