毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

チェルシーが敗れ、シティの7連続引分け記録を止める 

先日のカーリングカップでアーセナルを降したものの、プレミアリーグでは
7試合連続で引分けているマンチェスター・シティが今回の対戦相手。
ここのところシティには負けてないので、悪いイメージを持ってなかったのですが
今シーズン、グーンと戦力アップしたシティはまだ1試合しか負けていません。
しかもそれは、シーズン序盤にオールド トラッフォードでのファーギータイムの
お陰で敗れたという考え方も出来ます。 結構、勝つには手強い相手。



2009年12月5日(土) 17:30
City of Mcr. Stadium  Attendance: 47,348  Referee: Howard Webb

マンチェスター シティ 2-1 チェルシー
       37分 アデバヨール 219   219 8分 OG (アデバヨール)
           56分 テベス 219


チェルシー (4-4-2、ダイヤモンド)
ツェフ
イバノビッチ、カルバーリョ、テリー
A・コール
バラック、エッシェン、ランパード、デコ

アネルカ、ドログバ

選手交代
63分    カルバーリョ out  ベレッチ in
64分    バラック out     ミケル in
88分    テリー out      マルダ in 

他サブ
イラーリオ、フェレイラ、J・コール、ジルコフ


マンチェスター シティ (4-4-2)
ギヴン
リチャーズ、トゥレ、レスコット、ブリッジ
W-フィリップス、デ ヨンク、バリー、ロビーニョ
テベス、アデバヨール

選手交代
69分    リチャーズ out   オヌオハ in
76分    ブリッジ out     コンパニ in
90+1分  ロビーニョ out   サバレタ in

他サブ
テイラー、ジョンソン、ペトロフ、サンタクルス
--------------------------------------------------------------

試合序盤は、チェルシーも得点チャンスがありましたが、ギヴンはやっぱり
いいGKですね~。
ドログバは何度か決定機がありましたが、決められずでした。


2198分
左CKから。ランパードが入れたボールのクリアーは逆サイドに流れ、
バラックが拾います。
そこからゴール前にクロス、ファーでフリーのドログバがヘディングで落とし、
イバノビッチが至近距離でシュート!しかしギヴンが足で弾き、跳ね返りを
アネルカがシュート!ギヴンはブロックしますが、ボールはアデバヨール
背中に当たり、ゴーーール!! チェルシーが先制です。


よしよし、早い時間で先制出来たし、このままいこう!と気分良く
していたのですが、徐々にシティは前への勢いを加速させていき、
ボールポゼッションも高めていきました。
特にチェルシーの右サイドから攻められるパターンが多かったような印象。

そして攻め込まれた後、マイボールにして一気に攻撃へと移りたいところ
でしたが、クリアーも拾われたり、途中でカットされたりで勢いが続かない。
シティの守備も良かったですし、特にアデバヨールテベスのところで
ボールが落ち着くので、カウンターの脅威は受けませんでしたが
シティが組み立て直す余裕を与えてしまっていたように思います。


それにしても、ウェブはシティのファウルは取らなさ過ぎだったんじゃ
なかろーか・・・。しかもチェルシーのファウルは取り過ぎのような195
195
あくまでもチェルシーファンからの目線で見たらですが ^^;


34分あたりでアネルカリチャーズが競った時、アネルカのファウルを
取られましたが、アンチェロッティが思わずニット帽子を脱ぎ去り
前に出て行った心境はよーーーっくわかります。

そこで与えたFKからは、ツェフの飛び出しが遅れて、カルバーリョ
ゴールカバーに入って失点を免れ、その後のCKもニアにいいボールが
入ってきて、雰囲気はシティの「イケイケ」ムード。
そして・・・

21937分
左CKから、ツェフの弾いたボールはちょっと短かったか・・・?
それをW-フィリップスがシュート!ボールはリチャーズに当たり、
アデバヨールテリーとピンボールっぽく当たった後、
アデバヨールがニアに押し込みシティが同点に追いつきます。

リチャーズは手に当たってましたが、体に腕をくっつけてましたから
ハンドはとり辛いとは思います。
でも確実にコースを変えてた・・・><。


シティが同点に追いついた事もあり、スタジアムもかなり活気づいて嫌な雰囲気。

1-1の引分けで前半は終了。

シティ  前半スタッツ  チェルシー
   5   枠内シュート   3
   5   枠外シュート   1
   2    ファウル数    9
   8   コーナーキック  2
  51%  ポゼッション  49%


HTを挟んで流れを変えたいところでしたが、後半も変わらずシティペースでした。


21956分
リチャーズから前線に放り込まれたボールをテリーがクリアー。
短かったので再びカルバーリョがクリアーしようとしたところへ
テベスが突っ込んできて、カルバーリョの足がテベスの背中を蹴った
という判断からかファウルのジャッジ。
最初は解説で言われていたように、カルバーリョがクリアー後に
テベスの背中をついでに蹴ったのかも・・・と思っていましたが、リプレーで見ると
クリアーする為に上げた足は、テベスをついでに蹴るための動きは無かった
ように見えました。泣き顔  おまけにカルバーリョにはイエロー。

そこで与えられたFK。テベスが蹴ったボールにツェフは逆モーション。
ボールは壁の外を抜けてゴール。シティが逆転です。
ついてない時はとことんついてない。


これまでウェブのジャッジに観ている私はイライラ。
プレミアで一番マシと思ってた人なんですけどね ^^;


81分、右デコから、PAファーでフリーのドログバへクロス。
ももトラップでオヌオハをかわした後、オヌオハドログバをタックルで倒しPK!
よし、ここで追いつけるぞ。頼むランパード!と祈りながら観ていましたが
ランパードの蹴るコースを読んで止めたギヴンの勝ちでした。
ランパードの蹴る前のステップの時、ちょっと嫌な感じがしたのは
確かなんですけど、止められるとは・・・。
止められた!同点に追いつける絶好のチャンスを逃してしまいました。
確率的にランパードは左に蹴りこむ事が多い気はしますが、それでも
今までキッチリ決めてきてたんですよね・・・。んー残念でなりません。

その後も、エッシェンのパスから、素晴らしいコントロールでドログバ
シュートを打ち、同点に追いつけるチャンスもありましたが、惜しくもシュートは
ポストを右に外れてしましました。

88分にはテリーがひざの負傷で交代。CBはエッシェンイバノビッチの2人。
両チームには疲れてる選手もチラホラ出てきてましたが、
最後までシティは集中していましたね。CCアーセナル戦とあまり変わらない
メンバーで臨んできたシティの方が後半バテると期待していたのですが
期待通りにはいきませんでした・・・。

結局2-1でチェルシーの負け。
シティの7連続引分けってのを止めたのがチェルシーになるなんて・・・。
あー、同点に追いつけるチャンスがあっただけに、この結果は悔しいです。
残り時間が少ないながら、負傷交代したテリーの具合が気になりますが
来週には問題ないだろうということが公式に載ってましたよね。
大したことがなくてよかったです。


シティ   FTスタッツ  チェルシー
   8   枠内シュート   6
   5   枠外シュート   5
   12   ファウル数    17
   9   コーナーキック  6
  48%  ポゼッション  52%



チェルシーはこの試合でイエローカード6枚です。
FAからかどこからか、1試合につき1チームがもらうイエローカードの枚数で
お咎めが出るっての何かありませんでしたっけ??
記憶の片隅にそんなのがあって、6枚からだったかなーとふと頭をよぎりました。

チェルシーは先日のカーリングカップでもブラックバーンに負けてますので
これで公式戦で2連敗です。
次は、8日(火)CLアポエル戦(H)ですね。
CLは既に1位突破が決まっているため、完全に消化試合となりますので
アポエル戦では、若手が起用される事を期待しています。
と、同時にもしアポエル戦で負けると、公式戦3連敗となり
チームの雰囲気は更に悪くなるので「勝ち」という結果も欲しいところ。

私としては何としても3連敗は避けたい。

この辺の兼ね合いが難しいですね。

それにしても、2ndユニは何か呪われているのかと疑うくらい
勝率悪すぎです。 何なのーーーと叫びたい気分 ^^;

ブログランキング
うーむ負けましたか。アウェイユニじゃなくて,もうかっこいい3rdユニ使えばいいのになーと思ったり。
アンチェロッティが審判のことを言っていたので,もしかしてあの悪名高きフィル・ダウド?と思ったのですが,ウェブだったのにも驚きです。
リアルタイムで見てないのですが,皆さんの記事を読むとどうやらチェフのパフォーマンスがいまいちだったようですね。。うーむ。辛い。
[ 2009/12/07 19:56 ] [ 編集 ]
こんばんは!
シティ気合い入ってました。普通に強かったです。
守備陣は踏ん張ってたんですが・・・崩された失点じゃないし。激しいプレスに苦しみ攻撃が機能しませんでした。悔しいですが内容を考えれば妥当な敗戦でしょうか。
テリーのケガが軽傷だったのが不幸中の幸いですネ。ホームとはいえエバートンは難敵ですからキャプテンには居て貰わないと。
[ 2009/12/07 23:17 ] [ 編集 ]
>55さん
同点に出来るチャンスはあったんですけどね・・・。
そうです、レフリーはヴェブでした。チェルシーの何人かの選手はジャッジに
結構イライラきてたように見えました。^^;
ツェフは飛び出して触れず、あわやゴールってところをカルバーリョがヘッドで
コーナーに逃れたり、テベスのFKも壁の内側だったので反応して欲しいところ
でしたが全試合完璧は望めませんし、こんな日もあるさと次の試合を見るだけ
ですね。シティの7連続ドローを止めたのがチェルシーってのがすごく嫌です><
[ 2009/12/07 23:24 ] [ 編集 ]
>プレミアンさん
シティさすがにユナイテッドにしか負けてないだけあって強かったですねっ。
チェルシーの選手達は同時にストレスも相当溜めてたようにみえましたし、
ランパードのPKにも影響したのか?ギヴンが良かったのか・・・。
引分けでOKの試合内容だ!ってPKもらった時思いました。
悔しいですが、負けでも納得せざるをえないかな。
テリーが負傷交代した時には焦りましたが軽症との事でよかったです!!
週末はエバートンですね。スパーズ戦も粘って引分けましたし今シーズン不調
とはいえチェルシーには難敵ですからキャプテンにはいてもらわないとダメですね^^
[ 2009/12/07 23:41 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。