毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

オランダ戦 結果引分けたが不甲斐無いイングランド 

6月10日のW杯予選、アンドラ戦から約2ヶ月ぶりのイングランド代表の試合。
このオランダ戦はフレンドリーマッチですが、相手が相手ですし、
結構楽しみにしてたんですよねっ!!
ただプレミア開幕直前にアウェイで試合するっていうのは、どうなんだろーってのは
ありましたが・・・。



2009年8月12日(水)19:45 (BST)  Amsterdam ArenA
Att:50,000  
RefereeNicola Rizzoli (Italy)
Man of the Match: デフォー 
     オランダ オランダ  2 - 2 イングランド イングランド
カイト 219
ファンデルファールト 219  

10分
38分
49分
77分



219 デフォー
219 デフォー


-----------------------------------------------------------

オランダ
 (監督: ファン・マルヴァイク)

ステケレンブルフ
ハイティンハ、オーイエル、マタイセン、ブラーフハイト
デ・ヨンク、
ファン・デル・ファールトスハールス
ファン・ペルシー、カイト、ロッベン

選手交代
46分   ファン・デル・ファールトout  スナイデルin
46分   ファン・ペルシーout      バベルin
55分   ロッベンout           アフェライin
78分   カイトout            フンテラールin
82分   スハールスout         メンデス・ダ・シウバin

他サブ
フォルム、マルセリス、ファン・デル・ヴィール、デ・ゼーウ

-----------------------------------------------------------

イングランド
 (監督: ファビオ・カペッロ)

グリーン
ジョンソン、ファーディナンド、テリー、A・コール
ベッカム、バリー、ランパード、ヤング
へスキー、ルーニー

選手交代
46分   バリーout     キャリックin
46分   ベッカムout    W-フィリップスin
46分   へスキーout   デフォーin
59分   ルーニーout   C・コールin
68分   ヤングout     ミルナーin
84分   A・コールout   ブリッジin

他サブ
ロビンソン、アップソン、レスコット、ウォルコット、ハート

------------------------------------------------------------

まず、国家斉唱。
ゴスペルっていうのでしょうか?マイクを持って歌ってた方たち、素敵な声でしたね~。
あの声で、なんだか神聖な試合って感じを受けちゃいました ^^

この試合でも、サー・ボビーへの黙祷がありましたが、
まさかアムステルダム・アレナでもボビー・ロブソンのチャントが聞こえてくるとはっ。


そして、ご存知の通り、負傷者が両国共にいて多少メンバーはいつもと違いますが、
エールディビジはここ何シーズンも見ていない事もあり、
オランダーのメンバーの中では、初めて見る選手もいました。


試合開始からイングランドは何かおかしい。
攻撃もイマイチだったんですけど、それ以前にボールポゼッション時の
パス回しがおかしい。
それを象徴していたのはリオ。コンディション悪かったんでしょうか?
バックパス、それスルーしたらGKグリーンまでは短いでしょっ、てのを
任せちゃってカイトに狙われ、グリーンがダッシュしてタッチラインにクリアーとか汗とか


21910分
キーパーボールでグリーンからランパードへ。
そこへカイトファン・ペルシーが挟みに来たのでリオへバックパス。
リオはダイレクトでグリーンにバックパスをしますが、コースが中央過ぎたというか
角度が悪過ぎでしたね。
中央で狙ってたカイトがカットして、出てきたグリーンを1度かわし、
(その間にテリーが猛ダッシュでゴールマウスにカバーに入ります。)
ゴールライン際で更にグリーンをかわし、ニアをぶち抜きゴール!
テリーも足を出しますが、あの至近距離でスピードがあるシュートのクリアーは
相当難しいでしょう・・・。 なんてつまらないミスでの失点でしょうか  ̄□ ̄


失点以降も、オランダはクラブチームのように気持ちよくパスをつなげて
攻撃してくるのに対し、イングランドはリアクション・フットボールになってました。


21938分
1失点目と同じくGKから。
グリーンからリオへ。リオからバリーへパスが渡りますが、そこへ
ロッベンファン・デル・ファールトで挟みに来たので、
というか、バリーは前から寄せてきたファン・デル・ファールトしか
見えてなかったのでしょう。
テリーにバックパスをしたつもりがロッベンがかっさらって行き、シュート!
これはグリーンが足に当てて弾きますが、正面にこぼれたボールを
ファン・デル・ファールトがシュート!
これが決まってオランダ2点目です。

同じようなミスから2失点もするなんて・・・。 むぅ…
それだけオランダのボール奪取ポイントが前からで、
前線の選手達が連動してプレスが速かったので、イングランドは前に出せずに
バックパスの選択しか与えてもらえなかったんですよね。
もう、ため息しか出ませんよっ 282

前半は、ランパードルーニーが何本かシュートを打ったシーンの印象は
残ってるものの、他は、ほっとんど何も出来なかったように思います。

Rooney_De Jong






  ルーニーとデ・ヨンク

  マンチェスター対決!



そこでカペッロは後半から3人一気にメンバーチェンジ。
ベッカムヘスキーに代わって入った、W-フィリップスデフォー
前線を活性化する狙いがあったんだろうと思います。

21949分
オランダの攻撃で、カイトから出たパスをキャリックがカットしますが
そのボールが自陣ゴールへと向かってしまいます。
それをスナイデルが追いかけてきますが、グリーンがクリアーの形で前線にフィード。
それをルーニーが胸トラップをしてつなげようとしますが後ろから倒され・・・
しかし浮いたボールは後ろのランパードへ。そこからダイレクトで
高く浮かしたボールを前線に送ります。 これが絶妙なパス!
バックラインから抜け出したデフォーがドリブルで中央を駆け上がる~。
そしてシュート!左ポスト内側に当たってゴーーール!!

イングランド、早い時間で1点返しました ^^ よしっ!

デフォー2

徐々にイングランドがプレスも連動して掛けられるようになり、
前半ほどは、思い通りにパスを回させないようになってきました。

21977分
右サイドのC・コールから逆サイドのスペースへふんわりとパスが出ます。
C・コールがトラップしている時にミルナーは徐々に左に開き、出た瞬間にダッシュ)
50/50のボールにハイティンハは足を高く上げてきますが、
ミルナーは頭で前に落とし、そのまま抜け出しPAに進入。
そしてゴール前に低くて速いクロスを蹴りこみ、
デフォーが合わせ、ゴーーーーール!! そしてミルナーはガッツポーズ91
W-フィリップスが後ろにもいましたし、このシーンではどちらにしても
ゴールが生まれてたでしょう~ ^^  イングランドが同点としました。

Jermain_Defoe.jpg


前半は似たようなタイプの選手が並んでいましたが、やはり前線で
かき回せるタイプの選手の必要性を痛感した試合でしたね。
ウォルコットはコンディション悪かったんでしょうか?

この試合で113キャップ目となったベッカム
何度かあったFKも味方と1度も合わず、いいとこなし。
彼の良さは全く出てなかったので45分で交代も納得です。

ベッカムって両腕にタトゥーをあんなに入れてましたっけ?
ウヨウヨしてて、チョ~気持ち悪いんですけど・・・ ^^;


そして、ルーニーに代わって入ったC・コールですが
へスキーに似たタイプって感じですけど、この試合ではよりパワフルだったし
ボールが収まる。 ん~、ヘスキー危うしです。^^;


ヤングは何とかしようと頑張ってるのは分かったんですけど、
なかなか良いところ出せず。

でも、代わって入ったミルナーが良かった!
この試合が代表デビューとなった彼ですが、左サイドの突破を何度か見せてましたし
同点弾に繋がるクロスも素晴らしかった。 ^^

各選手のパフォーマンスの差がハッキリ出てしまった試合でしたネ。
1回のミスが失点に繋がってしまったリオバリーは、こんな大きな失敗をするのは
稀でしょうから、それ程心配はしていませんが、
終始、さえないプレーをしていたジョンソン! もう最悪でした。 軽すぎる~。
チェルシー時代もここまで酷かったかなー?ってくらい。
Daily Mail に " COME BACK Gary Neville! " とあったのには
笑ってしまいましたが ^^;
ベニテスは冷や汗かいてないかナ?


試合内容的には、EURO2008で快進撃を見せたチームと、予選敗退のチームを
そのまま表したような感じでした。
オランダはミスからの得点だけでしたけど、組織はしっかりしてたし
エブラの言葉を借りるなら「大人と子供の試合」だったかも? 言い過ぎ?^^;

・・・にしても、カペッロの選手交代はあたりましたねー。
ゲームの流れを変えましたヨ。

次は、9月5日(土)にフレンドリー・マッチでスロベニア戦、
9月9日(水)にW杯予選で大事なクロアチア戦
(共にウェンブリー・スタジアムで)があります。

オランダ戦のように、気持ちがどっかへ行っちゃってる試合をしてたら
クロアチアにやられちゃいますよ、きっと。
彼らはホームでイングランドに1-4で敗れてる事もありますし、
グループ6で1位突破を狙うには、イングランドに勝利するのは必須となりますもんね。

でもクロアチア戦前に、オランダと試合して横っ面をはたかれたのは良かったです。
強豪国と試合するのは久しぶりでしたから、チーム状態が
よく分かったと思います。
この試合を糧に、クロアチアに勝ってW杯出場権を手にして欲しいです スマイル10000円

ブログランキング
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。