毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

コミュニティ・シールド2009はPK戦制したチェルシーの勝利! 

もう少し早くアップできる予定でしたがFC2サーバーダウンの為、遅くなりました。
まったくぅ ・・・嫌になりますね。

wembley_robson_tribute.jpg
09/10プレミアリーグのシーズン開幕を告げるコミュニティー・シールド。
先日亡くなった、サー・ボビー・ロブソンに捧ぐ1分間の拍手で始まりました。



The FA Community Shield 2009
 2009年8月9日(日) 15:00(BST
 Wembley Stadium, London
  Att 85,896
 Referee; Chris Foy       Man of the Match; カルバーリョ
  チェルシー  2 - 2  マンチェスター・ユナイテッド
52分 カルバーリョ 219   Win 4-1     219 10分 ナニ
70分 ランパード  219  on penalties   219 90+2分 ルーニー


アップロードファイル チェルシー (4-4-2)
ツェフ
イバノビッチ、カルバーリョ、テリー、A・コール
ミケル
エッシェン、マルダ
ランパード
ドログバ、アネルカ

選手交代
46分   イバノビッチout  ボジングワin
64分   ミケルout     バラックin
77分   マルダout     デコin
83分   アネルカout    カルーin

他Sub
イラーリオ、アレックス、ベレッチ


manchestr-u マンチェスター・ユナイテッド (4-4-2)
フォスター
オシェイ、ファーディナンド、エバンス、エブラ
パク、キャリック、フレッチャー、ナニ
ベルバトフ、ルーニー

選手交代
62分    ナニout        バレンシアin  ※ナニは負傷交代
74分    パクout        ギグスin
74分    ベルバトフout    オーウェンin
74分    フレッチャー out  スコールズin
75分    オシェイout     ファビオin


他Sub
クシュチャク、ギブソン
-------------------------------------------------------------
やはり、ジルコフの出場は見合わせたようです。無理は禁物ですもんね!

試合序盤はチェルシーのボールポゼッションが高かったものの、
先日のイタリア・スーパーカップと比べると淡白フットボールの印象。

前半は、ナニに自由にプレーさせ過ぎでした。
右SBとして入ってたイバノビッチは、スピードやドリブルを武器にした選手に
対応するには、ちょっと厳しいですね・・・。

守備的なイバノビッチ、攻撃的なボジングワという特徴ではありますが、
バランスを考えてボジングワが攻め上がりを抑えてる試合だって
今までにありましたし、アンチェロッティはまだ選手能力をつかめてないのかな?
あ、でもイバノビッチが45分間ずーとダメダメだったという訳じゃないと思います。

21910分
左サイドからナニが中央に持ち込んでシュート。
ツェフカルバーリョミケルがブラインドとなったんだと思いますが、
触る事が出来ず、ゴール。ユナイテッドが先制です。

失点後はユナイテッドのペースがしばらく続き、
チェルシーはちょっとバタバタ感が抜けずという感じでしたが、
その中でも、時折見られるドログバのシュートや
アネルカの振りの速いシュートは、今シーズンやってくれそうな期待をさせられました。

ドログバ

チェルシーの個々の選手達のフィットネスはだいぶ上がってきているみたいなので
あとは、この新たなフォーメーションで上手く対応出来るか、ですよね。

攻撃の時は、それ程影響を受けないとは思いますが、
前がかりでボールを失った時(ダイヤモンドになってから特に多い!)ですが、
『FW+ダイヤモンドの前3人』 と 『最終ライン+アンカー』 との間にかなり大きな
スペースが出来やすい、というか そのスペースをカバーしにくい、というのか・・・。
おまけにサイドに持っていかれると守備が薄々になって
下手したらGKと1対1にもって行かれかねないなーと。
これをどうにかしないと、格下クラブとの対戦でガッチリ守られ、カウンターで
やられて勝ち点落とす・・・という結果になりそう。
特にサイドを上手く使ってくるチーム相手だったらヤバいですね 汗

もちろん、どのチームでもこういうシーンはあるとは思うんですが、多い気がして。
このままでも、体力のあるシーズン前半は対応出来ると思いますけど、
中盤~終盤はキツイです。

テリー_ルーニー

前半、0-1のユナイテッド リードで折り返しますが、シュートはチェルシーの方が
打ってたんですね。3本程多くですが・・・。 ^^;

21952分
流れで上がっていったカルバーリョがクロスを入れ、
逆サイドで拾ったマルダランパードとパス交換。
そしてマルダからクロスが入り、ゴール前でドログバとGKフォスターが競り合い、
こぼれた所にカルバーリョが飛び込みながらヘディングシュート!
これが決まって、チェルシーが同点に追いつきます。

Nani injury
 その後、テリーとの接触で、ナニ
 恐らく肩だろうと思いますが、
 負傷し、バレンシアと交代。
 バレンシアのユナイテッド公式戦デビュー
 となりました。

21970分
エブラルーニーにパス&GOで上がろうとした時にバラックがエブラをブロック。
ルーニーからキャリックへ渡り、そこから出た浮き球のパスを
カルバーリョが前線へクリアー。
それをドログバが拾い、エバンスを軽くかわしてPAにドリブルで持ち込みます。
オシェイリオをひきつけてから、ランパードへマイナスのパス。
そしてランパードは右足を振り抜きシュート!
GKフォスターは触るもGOAL!!  チェルシーが勝ち越し~~!!!!

ルーニー同点ゴール
21990+2分
このまま2-1で勝てると思っていましたが、
ギグス
から出たスルーパスに
ルーニーが最終ラインから抜け出しシュート。
ツェフが倒れるタイミングに合わせ、浮かした
シュートでした。これで2-2の同点。
ちっ、上手いなルーニー

勝負はPK戦で決着をつける事に・・・。
あ~、この展開は避けたかった


結果は
 チェルシー
ランパード
バラック
ドログバ
カルー
 ユナイテッド
ギグス
キャリック

エブラ


PK戦を制す

  チェルシーは4人とも成功!
  そしてツェフギグスエブラを止めて

  コミュニティー・シールドはチェルシーの勝利!!

  COME ON CHELSEA!!!!

    
90分で決着がつかなかった時点で、あーダメかも。と思ってしまいましたが、
ツェフの2セーブで見事、コミュニティー・シールド ゲットです ^^
エブラはちょっと平常心を保つのは難しかったのかもしれませんね。


でも、両チーム共に言い分がある試合となりました・・・。

バラックがブロックしてエブラを倒したシーン
ユナイテッド側からだと、なぜレフリーが止めなかったのか。
その前にあったバラックが倒れたシーンでは試合を止めたけど、
一貫性がなく、判断がおかしい。

チェルシー側からだと、レフリーは止めなかった
(その時点ではユナイテッドのボールとなっていたので流した)から続けた。

ファーガソン監督は、バラックは退場となるべきだったとか言ってるみたいですね。
しかし、その後プレーを続けたチェルシーの選手達を責める気はないようです。
ユナイテッド公式には、
「かつてチャリティー・シールドと呼ばれていたこの試合だが、チェルシーには
チャリティーはなかった」みたいな感じで上手い事(?)書かれてました。
まぁ、真剣勝負ですし・・・ ひきつり笑い

こればっかりは、レフリーのジャッジに従うしかない訳ですが、
この時は、その流れでチェルシーの逆転ゴールが決まったので
ちょっと問題になってしまったんですね。
お互い立場が逆でも、それぞれ同じ反応をしていたでしょうネ。



ま、他にも色々と論議はあるようですが、やはりシールドを掲げている選手達の
嬉しそうな顔。これに尽きます。 何度も見たい光景ですね☆
Chelsea_Shield1.jpg 2009winners_Community-S.jpg

DAILY EXPRESSによると、チェルシーがPK戦を制して勝利したのは
11年前、リーグカップの準々決勝1998年のイプスウィッチ戦以来だとか!
そりゃー、私の記憶の中にPK戦で勝った記憶がない訳だ・・・ ^^;

中継で言われてましたが、ここ4シーズンのうち3回は
コミュニティーシールドを制したクラブが
そのシーズンのプレミアリーグ優勝
しているんだそうです。

11年ぶりでPK戦を制し、開幕前にタイトルを獲得。
幸先いいですね~。
「試合終了間際で失点」は癖にならないようにしてもらわないといけませんが、
気分よく、開幕を迎えられます。 ^^

ブログランキング
マンU相手に勝利はうれしいですね!!
PK戦で勝てるとは思っていなかったので驚きました(^^;
バラックが元気そうでよかったです。

いよいよ、リーグが開幕しますね!
その最初の試合となるチェルシー対ハルシティ、
是非勝ち点3を獲得してほしいです。

しかしこの布陣まだうまくいってるようには思えませんし、
改善が必要な部分もありますね。
レディング戦から明確に変えてきたところはないようでしたし、少し不安です。
[ 2009/08/11 11:08 ] [ 編集 ]
こんばんわ!
本当久しぶりにPKでの勝利でしたね。
僕もPK戦での勝利は記憶になかったです。(苦笑
内容的には課題盛りだくさんという感じでした。
特に守備面で。

僕もミケルの前のスペースは気になりました。
プレミアはスピードが速いから、ゴール前にいくまでが速いので、記事中でご指摘があったように、守られてカウンターが恐いですね。

やっぱり「守備がしっかりしないと」って感じです。
その辺をしっかりアンチェロッティには改善してほしい所です。
[ 2009/08/11 22:21 ] [ 編集 ]
>sさん
タイトルの大きさは全く比べ物にならないのに、FA杯でエバートンに勝つのと
コミュニティー・シールドでユナイテッドに勝つのと、嬉しさは同じくらいですもんね!

PK戦になった時はため息出ましたー ^^;
バラック、全く問題なさそうでしたね!ホントに驚異的な回復力だな~。笑

開幕戦のハルシティでつまずく訳にはいきませんし、勝ち点3は絶対ですねっ。
新システムでしっくり来るまでは、結果重視となるカモですねe-330
試合数をこなして修正しながら慣れていくしかないのかしら・・・。
[ 2009/08/12 00:03 ] [ 編集 ]
>たふたさん
この試合は総じてGKで決まったようなもんですね。
ファン・デル・サールだったらどうなってたか・・・考えない事にします。 ^^;
ケガ人が多いユナイテッドと、ほぼベストメンバーのチェルシーでしたけど、
やっぱりユナイテッドはユナイテッドと思わされた試合でした!強いです。
ホント守備面では気になるところ満載でしたね。
SBが上がってる時だったらもっと厳しい事になるでしょうし・・・。
このシステムで、まだまだなのは監督も選手達も理解してるコメントをしてますし
早期に改善出来る事を期待したいですネ!
[ 2009/08/12 00:06 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。