毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

レディング戦 [チェルシー・プレシーズン・マッチ5]  

プレシーズンでのフレンドリーマッチで最終となるレディング戦。
まだ私の中では、レディングから悪いイメージが完全には抜け切れていませんが
でも、ま、だいぶ抜けてきた方だと思います。汗とか
悪いイメージってのは、ツェフの頭に故意にひざでアタックに行ったと思われるS・ハント
なので、レディング自体が悪いイメージってのはおかしな話になちゃいますが・・・。

S・ハントは鼠径部の負傷でこの試合には出られないらしいという事がわかってた事と、
今までは他リーグのクラブとの対戦でしたが、今回はプレミアに近い相手と出来るので
また違った課題が見えるのでは?と楽しみでもありました。



2009年8月1日(土) 現地時間 15:00 Kick Off
    Madejski Stadium
   Attendance: 18, 781

 レディング 2-2 チェルシー
   38分 Kebe
 219   219 88分   カルー
  45分 Davies 219   219 90+1分 Pearce(O.G)


アップロードファイルチェルシー スタメン (4-1-2-1-2)
 ツェフ
 イバノビッチ、カルバーリョ、テリー(c)、A・コール
 ミケル
 エッシェン、ランパード
 デコ
 アネルカ、ドログバ

選手交代
46分     イバノビッチout  ボジングワin
46分     カルバーリョout  アレックスin
46分     デコout       マルダin
63分     エッシェンout   ベレッチin
63分     アネルカout    ストゥーリッジin
63分     ドログバout    カルーin
76分     ツェフout      ターンブルin

レディング スタメン (4-3-3)
Federici
Rosenior, Pearce (c), Cisse, Bertrand
Gunnarsson, Tabb, Davies
Robson-Kanu, Long, Kebe


選手交代
46分   
Gunnarsson out   Bikey in
46分   Robson-Kanu out  N Hunt in
55分   Long out        Church in
55分   Tabb out        Harper in
63分   Davies out       Mooney in
78分   Kebe out        Henry in

----------------------------------------------------------------

昨シーズン、ワトフォードの監督だったブレンダン・ロジャーズ
今シーズンからはレディングの監督になったんですねー。
彼は、チェルシーのユースチームやリザーブチームの監督も務めた事がある人物ですが、
同じく昨シーズン、ワトフォードでフットボールコンサルタントを務めていた
フランク・ランパードSr. も、同職務で先月レディングと契約を結んでいます。

Ryan Bertrand  それと、7月17日にチェルシーからレディングへと
  1シーズンのローン移籍となった、左SBの
  ライアン・バートランドによると、
  ブレンダンは、私がこれまでに最高と思った
  モウリーニョのトレーニング方法を
  キープしています。」 との事です。
 
  プレミアリーグ昇格のプレーオフで敗れ、
  今シーズンもチャンピオンシップで戦う
  レディングですが、チャンピオンシップ開幕は
  プレミア開幕より1週間早く、 総仕上げに
  入ってる事もありますし、侮れない相手ですネ。
      ライアン・バートランド

キックオフ前には7月31日に亡くなったサー・ボビーに1分間の拍手が捧げられました。
皆の気持ちを反映してるかのように、少し雨が降っていました。95
ミケルエッシェンは長袖だったので、涼しかったのかもしれませんね。


序盤はチェルシーが攻める時間が多かったのですが、やはりプレシーズンマッチで
対戦してきた今までのチームと比べても、レディングの寄せは強くてしつこい。
スペースがないし、作ろうとしても上手く対応されてしまっていて
数分毎にシュートは打てているんですが、苦しい展開。

少ないタッチ数で回せて良い感じ!というのが何度かありましたが
サイドが上手く使えてないし、中央はやっぱり守備は堅いです。

デコがPAで倒されて、オッ!というシーンもありましたが、
レフリーには流されましたし・・・ ひきつり笑い

前半の半分が過ぎたころでしょうか?
徐々にレディングボールになる回数が増え、前線へのロングボールや少ない本数で
ゴール前まで攻められるようになってきました。

まずいっ!流れはレディング!

21938分
レディングGKからのフィードで競り合ったボールがA・コールの下に。
A・コールがバウンドを上手く処理できないところをロブソン・カヌに奪われ
シュート! これは何とかA・コールが足に当てます。

けれど、ボールは左サイドのケベにこぼれ、ツェフをかわしてシュート!
これが決まっちゃう。
なんと、レディングが先制・・・。195

21945分
1人カウンターでロングが中央を突っ込んできたので
テリーカルバーリョの二人で挟み込むんですが
倒してしまってファウル。そしてFK・・・。

PAすぐ外のほぼ中央。 これは直接狙って来るでしょー。
キッカーのディビスは、グラウンダーのボールをゴール右隅へと蹴り込みゴール!

Scott Davies 090801   またしてもレディングに得点が  ̄□ ̄
  前半終了間際に追加点を許し、なんてこと。
  45分で2失点~。

  2点目を蹴りこんだディビス
  チェルシー相手にゴールを決めて喜びの
  スライディング!

  彼はアカデミーを卒業して、まだファーストチームの
  公式戦でデビューをしてないそうですヨ!
  やられましたなー。

このままでは帰れないチェルシー!
後半の巻き返しが期待されます。前半はレディングにガッチリ守られ
少ないチャンスを決められちゃいましたからね。 まぁチェルシーも良くなかった。

後半開始時に3人選手が交代しましたが、マルダが入ってきて
リズムが出始めたように感じました。 エンジンがやっとかかってきたかっ!?
マルダはちょっと個性的なプレー(イメージ)を持ってますもんね。

ダイヤモンドのトップはデコが抜けてランパードに。
0-2ですからチェルシーファンのチャントもますます大きくなってきてます。
前半に比べると、ポゼッションの内容が遥かに良くなった感じ。
レディングはますますカウンター狙いしか出来なくなってたかなー。

Reading 090801

けれど、試合終了まで時間がないのにゴールが生まれない!
結果重視じゃないけど、0-2はちょっと厳しいぞ~と思ってたんですが
やっとチェルシーにゴールが!

21988分
ミケルのスルーパスからカルーが抜けてGKと1対1。
GKの股を抜いたシュートが決まり、チェルシーは1点返します。

21990+1分
右サイドを上がろうとしたボジングワが、オブストラクション気味に倒されFKを得ます。
キッカーはマルダ。 いいクロスでしたネ。
アレックスの後ろにいたレディングのキャプテン、ピアースのクリアーがオウンゴール。
(見ていた方は、この同点弾で声が出たハズ!!!笑)

そして試合終了。
プレシーズンマッチだし・・・と、すっかり勝負を諦めてたんですけど、
チェルシーの選手は最後まで得点を狙い、結果、引き分けで終われた事は
大きいかもしれませんね!

けれど、このダイヤモンドのシステムを物にするには時間がかかりそうです。
この試合のスタメンがアンチェロッティのファースト・チョイスかと思いましたが
上手くいきませんでした。

前半はパスで崩そうとしてましたが、それだけでは上手くいかないってのは
昨シーズン、実証済みですし・・・ひきつり笑い


ミケルの負担が大きいなーというのを改めて感じましたし、
開幕までにある程度完成とはいかなさそうです。

でも!
今度こそ、監督に落ち着いて欲しいので、特にアブラモさんには
長い目で見て欲しいです。

次の試合は、9日(日)コミュニティー・シールド、マンチェスター・ユナイテッド戦です237
不安は山盛りですが、スイッチの入り方が違うかもしれませんし、
期待しすぎず、期待することにします。 ^^

ブログランキング
プレシーズンは調子良過ぎるぐらいでしたから課題が明確になって良かったのではないでしょうか?
あとはアンチェロッティがこの試合をどう振り返るかでしょうね!?
[ 2009/08/02 23:42 ] [ 編集 ]
>あやっくすさん
レディング相手というのは、この時期良かったと思います!
実力もありますし、ガツガツ本気で来てくれますし ^^
選手達も、プレミアの感覚に近いものを感じ取れたんじゃないかなーと思いました。
そうですね、アンチェロッティがどう振り返るか。
攻守共に課題は出てますし、今も分析し続けてるでしょうねっ。
プレミアが開幕したらドンドン課題は増えそうですけど・・・^^;
[ 2009/08/03 00:34 ] [ 編集 ]
疲れがたまっていたのでしょうか、全体的にミスが多かったですね。
特に前半はパスミスが多すぎるように感じました。
一方、レディングはなかなか仕上がってる感じでしたね。
特にキーパーはセーブを連発してましたね。

後半はマルーダ、ボシングワが入ったことでよくなりましたね。
でも、まさか追いつくとは思ってませんでした(笑

この試合、個人的にはベレッチが好きでした(^^;
0708のホームアーセナル戦や昨シーズンのストーク戦など、
逆転勝利にはかかせないベレッチという感じです。
同点シーンではベレッチが決めたのかと思いました(笑

いろいろと課題が見つかりましたし、来週のCSまでにどのように修正してくるのか楽しみです。
[ 2009/08/03 09:54 ] [ 編集 ]
この日のスタメンのような4-4-2を続けるのであれば、アンチェロッティには何も期待できません
この試合で前半のメンバーでの4-4-2に見切りをつけることができればいいんですが・・・

なんか一気に不安になってきた
[ 2009/08/03 18:13 ] [ 編集 ]
>sさん
疲れは完全には抜けてないかもしれませんね。
普通に旅行しただけでも疲れるのに、10日位で4試合もやってますし・・・^^;

通る!と思って出したパスがカットされたりしてってパターンのミスが多かったですよね。
レディングはGKもナイスセーブ連発でしたし、中盤から前線が連動して良かったです。

私もベレッチが同点弾を決めたと一瞬思いましたヨ!カメラにぬかれてましたもんねー。
この試合、ベレッチはエッシェンより良かったように思います。
CSでどう修正しているか、確認できますね。なかなか直ぐには難しいとは思いますが^^;
[ 2009/08/03 20:11 ] [ 編集 ]
>ヴィンセントさん
この試合のスタメンがコミュニティー・シールドでも同じだったらどうします~。
1試合で判断するのも難しいところですけど、攻撃が手詰まりでしたもんね。
それとこのダイヤモンド、エッシェンの良さを一度も見ないままプレシーズンが
終わっちゃいます。ただ単にコンディションが上がってないのか・・・?
また一喜一憂が激しいシーズンになるんでしょうかね ^^;
[ 2009/08/03 20:14 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


■チェルシー、ピルロ獲得か? チェルシーはミランのMF、ピルロの獲得に迫っているという噂。 移籍金は1800万ユーロ~2000万ユーロ 月曜日にはイギリスに来るだろうと言われています しかしベルルスコーニはまったく知らないと言ってるそうです 「私とガリアーニ...
プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。