毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

W杯予選 クロアチア vs イングランド 

先日9月6日のW杯予選、アンドラ戦では相手にドン引きされて、かなり
攻めあぐねたイングランド。
予選2試合目はクロアチアとのアウェイ戦です。厳しい相手ですよね。
EURO2008の予選では、クロアチアにホーム&アウェイで2連敗していますので
チーム状態からしても勝点1が取れればいいかな、と思っていました。




2010年 南アフリカW杯予選 グループ6
9月10日(水)  Maksimir Stadium /ザグレブ

    クロアチア 1-4 イングランド
 78分 マンジュキッチ219  21926分 ウォルコット
                  21959分 ウォルコット
                  21963分 ルーニー
                  21982分 ウォルコット
--------------------------------------------------------------

クロアチア (スラベン・ビリッチ監督)

プレティコサ
チョルルカ、R・コバチ(53分)、シムニッチ、プラニッチ
モドリッチ、N・コバチ
スルナ、ペトリッチ、ラキティッチ
オリッチ

サブ
ルニュ、クネジェビッチ、クリザナッチ、クネジェビッチ、レコ、
ポクリバチ、マンジュキッチ、クラスニッチ

交代
56分  ペトリッチout   クネジェビッチin
62分  N・コバチout   ポクリバチin
73分  オリッチout    マンジュキッチin

--------------------------------------------------------------

イングランド (ファビオ・カペッロ監督)

ジェイムズ
ブラウン、ファーディナンド、テリー、A・コール
ウォルコット、ランパード、バリー、J・コール
ヘスキー、ルーニー

サブ
ロビンソン、ジョンソン、アップソン、ベッカム、ジーナス、ダウニング、デフォー

交代
55分  J・コールout    ジーナスin  ※頭部負傷で交代
84分  ウォルコットout  ベッカムin
88分  テリーout      アップソンin

--------------------------------------------------------------
ベンチに入っていないブリッジやレスコット達はスーツ姿で試合観戦していました。

試合開始~。ホイッスル
序盤はクロアチアのペースで、イングランドは攻め込まれる時間が続きます。
ウォルコットやJ・コール、ルーニーも守備に追われている状態。
やっぱり、こういう展開になっちゃうんだなー。なんとか失点しないように・・・。

と、思ってましたが20分くらいから徐々にイングランドのボールポゼッションが
上がっていき、ボールを回すことで自分達のリズムを作っていきます。
先日のアンドラ戦に比べると、スペースはありますからね ^^

そして26分
アンドラ戦のJ・コールの2点目に似たような感じで、
バックラインの裏へ抜け出そうとするJ・コールに、ルーニーがスルーパス。
だけど、それはジョーに渡らず、クロアチアDFがクリアー。
それがもう1人のDFに当り、そのこぼれ球を拾ったウォルコットがシュート!!
リズムを掴んでから数分で先制ゴールが決まりました。

       ウォルコット先制ゴール

ウォルコットは、前半では少ない決定機を確実にゴールにつなげましたネ。
イングランドは左サイドより、右サイドから攻撃の方が断然に有効でした。
先制ゴールが決まった事により、イングランドはかなり落ち着きましたし、
完全に自信を取り戻したようにも見えました。

前半のスタッツ
  クロアチア         イングランド
     6   シュート数     2
     2   枠内シュート    2
     5    コーナー     2
    49%  ポゼッション   51%


後半52分、ハイボールをヘッドでつなげようとしたJ・コールに対し、
後ろからスピードアップして競ってきたR・コバチが肘打ちで跳ね除け
ファウルを犯します。(ジョーは、R・コバチが来てるのは見えてなかったと思います。)
落下地点にいたジョーを猛スピードのR・コバチが後ろから肘で
タックルした感じに見えました。

R・コバチはこのプレーで一発退場237

     R・コバチ,J・コール     R・コバチ一発退場

J・コールは勢いで倒されましたが、直ぐに立ち上がり、プレーに戻ろうと歩き出す。
しかし、2・3歩 歩いたところで足がもつれ、いきなり全身の力が抜けたように
地面に倒れ込んでしまいました・・・・・・・・・。え?
そばにいたA・コールがベンチの方へ「急いで入って来い」と手でジェスチャーを
何度も繰り返し、緊迫した雰囲気になりました。
その時、私は固まってしまいましたよ汗とか 重症だったらどうしようって。

結局、J・コールはそのままストレッチャーでドレッシングルームに
運ばれて行きました。
恐れていた「負傷者」が出てしまってため息が出るばかり><。

それまでもポゼッション率では勝っていたイングランドですが、
クロアチアが10人になった事により、かなり楽になりました。

59分、左サイドでボールを受けたルーニーは中央へ持ち込み、ランパードへパス。
ランパードは中央のヘスキーへ縦パスを送り、ヘスキーはちょこっと触って
落とします。そこへルーニーが入ってきて、素早く右サイドのウォルコットへパス。
DFは中央~左寄りだったので、ウォルコットは完全なるフリー!
そして、難なく2点目を決めたのでした ^^

63分、A・コールのパスがDFに引っかかり奪われますが、粘りの守備で
アシュリーがカット、そしてジーナスが拾って左サイド深くえぐってから、
中央へマイナスのパス。
それをフリーのルーニーが簡単に押し込み、イングランド3点目!!

     ルーニー久々ゴール 

76分にはPAでランパードがDFをかわしてシュートを打ち、ネットを揺らしますが
ホイッスルが鳴り、ノーゴール。
ボールのない所でファウルでもあったのか?ヘスキーがDFを倒したのかな・・・?
なんでゴールが認められなかったのかは、ハッキリと分かりませんでした。^^;

78分、フィードされてきたボールにテリーは頭でクリアーしようとし、
クロアチア選手はスルナだったか?は、足を高く上げて自分の前へ落とし
抜け出します。
そしてゴール前で逆サイドにパスを送り、マンジュキッチが押し込み1点を返しました。
うーん、あのシーンはハイキックを取るんじゃないでしょうか、普通。
もう少しでテリーの頭にスパイクが入るところでしたよっ!!

82分、 クロアチアが攻め上がってたところで、ボールをカット、
ゴールを背にボールを受けたルーニーは、トラップしながら前を向き
バックライン裏のスペースへスルーパス。
右サイドからウォルコットが抜け出し、ゴール前中央でシュート!
なんと、ウォルコットがハットトリックを達成です。
カウンターが決まりましたね~^^

     ウォルコット,ハットトリック

そして試合は1-4でイングランドが快勝!!
それにしても、これほど得点差がつくとは思いもしませんでした。
R・コバチの退場がキーポイントとなったようにも思います。
11対11でもイングランドの方が優位だったと言えば、そうですけど ^^


スタッツ
  クロアチア         イングランド
     8   シュート数     9
     3   枠内シュート    7
     5    コーナー     2
    45%  ポゼッション   55%


でも久しぶりにルーニーもゴールを決めましたし、何と言っても4得点全てに
ルーニーは絡んでますもんね。これはイングランドにとっては嬉しいですよっ。
ランパードも、目立ってましたしね~。
よくバリーと比べられますが、この試合はランパードの方が出来は良かったデス☆

さて、心配なのがJ・コール。10針ほど縫ったそうですが
試合後、無事チームメイトの中へと戻り、普通に話してたそうで、
大事には至らなかったようですね!! 安心しました。^^

        デフォー,ウォルコット,J・コール


グループ6 (2008年9月10日時点)
 

試合数

勝点

GF

GA

 イングランド

2

6

2

0

0

6

1

 ウクライナ

2

6

2

0

0

4

1

 ベラルーシ

2

3

1

0

1

3

2

 クロアチア

2

3

1

0

1

4

4

 カザフスタン

3

3

1

0

2

4

6

 アンドラ

3

0

0

0

3

1

8


アンドラ戦、クロアチア戦とアウェイゲームが続きましたが、2連勝し
得失点で2位のウクライナに勝り、グループ6トップとなりました!

年内にあるW杯予選はあと2試合です。
10月11日(土)にウェンブリーにカザフスタンを迎え、
その4日後、10月15日(水)はベラルーシとの対戦でアウェイゲームですね。
このまま首位で突っ走っていって欲しいなぁ~。
ブログランキング
おはようございます!
まさかこれほど点が入るとは思いませんでした。
ウォルコットは調子がいいとは聞いてましたが、代表戦で3点取るとは驚きです。

ジョーは10針も縫ったんですか~!
ヒヤッとしましたが、大丈夫そうなので安心しました。
ジョーまで離脱なんて事になるとチェルシーとしては、かなり厳しいですからね。

グループ首位ですが、まだまだ長いですからね~。
しっかり勝ち点を積み重ねていって欲しいですね!
[ 2008/09/12 07:17 ] [ 編集 ]
正直引き分けで十分かなって思ってましたが
見事に快勝しましたね~~。

ジョーは10針も縫ったんですね・・・
でも、そこまで深刻な事態ではなさそうなので安心しましたね。
[ 2008/09/12 10:41 ] [ 編集 ]
>たふたさん
お返事、すごく遅くなりました!!すみません。><

良くても1点差くらいでの勝利かな~と思ってたので、この結果はビックリです。
ウォルコットは代表戦は何キャップ目でしょうね。
でもまだかなり少ないと思うんですけど、ハットトリックとは・・・。
しかもクロアチア相手に!今後の活躍を期待しちゃいますね^^
ジョーはシティ戦も無事出場してましたね。まだちょっと痛々しいですけど・・・。
でも、プレー出来る状態なので安心しました。
予選はまだまだ長いのでこれからが勝負ですね~!!
[ 2008/09/16 23:01 ] [ 編集 ]
>銀杏さん
金・土・日・月とPCから離れておりました・・・。お返事遅くなってすみません!!(>_<)

私も、2連敗してたクロアチア相手だし、アウェイだし、引き分けでもOK!って
思ってましたが、こんな点差で勝てるなんて。しかも内容的にも勝ってましたしね^^
ジョーは倒れ方がヤバかったので、なんらか脳に影響したのかと思って、
かなり動揺してしまいましたが、大事に至らなかったので本当に良かったです!
[ 2008/09/16 23:06 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。