毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

FA杯、チェルシーはバーンズリーに敗れる!! 

FA杯準々決勝は3月8日(土)と9日(日)に2試合ずつ行われる予定です。
チェルシーの相手は、5回戦アンフィールドでリヴァプールに勝ったバーンズリーです。
アンフィールドでの勝利後、バーンズリーの選手達はかなりハイテンションだった
ように思います。当たり前ですよね。
そして、土曜日の試合は、チェルシーがバーンズリーのホームに乗り込んだ訳ですが
スタンドには「BARNSLEY GIANT KILLERS」と書かれたフラッグやTシャツを
掲げている人達が映し出され、お祭り騒ぎはそのまま引き継がれていました。



バーンズリー 1-0 チェルシー

チェルシー
クディチーニ
ベレッチ、カルバーリョ、テリー、ブリッジ
W-フィリップス、エッシェン、バラック
J・コール、アネルカ、マルダ

サブ
イラーリオ、ベン・ハイム、ミケル、ピサロ、カルー

選手交代
62分 マルダout  カルーin
74分 ベレッチout ピサロin

219ゴール
66分 オデジャイ
----------------------------------------------------------------
キックオフ前の映像で、チェルシーの選手達を入り待ちしていたファンにサインを
しているシーンが映し出されていました。そしてグラントも。
私があの場にいたら、間違ってもグラントにはサインしてもらわないでしょう。

スタメンを見たら、CLオリンピアコス戦とガラッと代わり、明らかにローテーションで
選ばれた選手達。サブには、ランパードもドログバも入っていません。
チャンピオンシップのバーンズリー相手にこのメンバーで十分と考えたのかもしれませんけど。

・バーンズリーは、アンフィールドでリヴァプールに勝利したという事。
・チェルシーは、CLでの絶対負けられない試合が終わって緊張の糸は切れてるはず
・そしてグラントでは選手の士気を十分に上げられない
これらの事を思っていたので、特にサブメンバーを見て嫌な印象を受けたのは事実です。

私が気分良くないのは負けたことではありません。
もちろん、ここでバーンズリー相手に負けたのは残念でなりませんけどネ。
明らかに勝ちたい気持ちはバーンズリーが勝ってましたし、勝つに値してたと思います。

グラントはFA杯を獲ると言っておきながら、明らかに最高のメンバーで臨んでなかった。
ローテーションでいくならFA杯を獲るという発言はするべきではなかった。

バーンズリーをナメてて勝てると思っていたか、(得点が必要なのに交代カードは2枚しか
使えなかったのも、メンバー選出時点で詰めが甘かった。)
負けたら負けたで仕方ないし残りプレミアとCLを優先してローテーションを組んできたか、
になると思いますが
前者ならゲームが読めない監督、後者ならメディアだけでなくファン心理も読めない監督。
どちらにせよ、チェルシーの監督には役不足。
有言実行・・・。獲るなら全力で、全力でいかないなら「獲る」と言わないで欲しいデス。

カーリング杯決勝でスパーズに敗れて以降、またグラント解任の声は増えてるように
思えます。「グラントは悪くない、能力のない彼を監督にしたトップが悪い」という意見も
見ましたけど ^^;
--------------------------------------------------------------------
ゲーム内容はというと、バーンズリーが狙い通りに戦えていたと思います。
体を張って守り、奪ったらとにかく何でもトップへロングフィード。
またこのオデジャイというナイジェリアの選手は柔軟な選手で、あまりボールを
失わなかったんですよね。

それとチェルシーはスタジアムの雰囲気と勢いのあるバーンズリーに押されてか?
合わせてしまってたように思えました。
バーンズリーは特に前半、パスの殆どがハイボールでした。
私は良く知らないんですが、「イングランドの伝統的なスタイルなのかな?」と思ったほど
プレミアではあまり見られないフットボールだったように思います。
チェルシー自慢のテクニックも何もないって感じです。

なんだかガチャガチャした試合でした。・・・これでは、わかりづらいですね。^^;
バラックはお疲れだったのかパスミスも多く、かといってフィジカルは強いけど
出足の早いバーンズリー選手に、俊敏性のないバラックが奪い返せるシーンもなく、
SWPも出続けてこそ好調をキープしていた選手なのに、ローテーションの弊害だと
私は勝手に思ってるのですが、コンディションは良くなかったです。
J・コール1人頑張ってたように見えましたが、彼1人では引いて守る相手を崩せません。

後半に入って、前半よりもマシにはなりましたが、シュートが決まらない。
ボールポゼッション率は高く、攻撃回数は圧倒的にチェルシーの方が多いのに、
数少ないバーンズリーの攻撃の方がヒヤヒヤさせられましたしね。
ポストに直撃をくらった時は、息が止まりましたよ汗とか

そして失点シーン。
エッシェンの上がりに合わせて、ベレッチだったかがパスを出すのですが、エッシェンの
かかとに当り、(カルーがよくやるやつですね^^;)奪われ逆襲。
中央をドリブルで挙がり右へ展開。そこからゴール前にクロスを上げられ
オデジャイにヘディングシュートを決められました。なんて事はないシーンです。

クロスを上げる選手とオーバーラップをかけてきた選手に対し、ブリッジ1人。
カバーの選手が来なかった(間に合わなかった)
そして、オデジャイには誰も付いてなかった!
クディチーニが処理をしようとジャンプした上からヘディングシュートを打たれたのですが、
クディチーニは落下点にいたものの、一瞬早くジャンプされたんですよね・・・。
まぁ、1人の選手が悪いと言ってしまえばおしまいですが、
チームがカウンターへの準備をしていなかった、とも言えます。

得点が入ってからは、殆どワンサイドゲーム。
バーンズリーは1人を前線に残し、10人でゴールを守ります。
体を張ってゴールを守る姿は、何が何でも失点しないぞという気迫が、それはもう
すごいもんでした。
チェルシーはバーンズリーって事で燃えられなかったのかもしれません。
そして同点に追い付くことも出来ず試合終了。

ホイッスルと同時にバーンズリーのサポーターたちはピッチに一斉になだれ込んでました!
降格争いをして、リーグ最終戦で残留を決めた試合後のように多くの人がっ。
プレミアのビッグ4といわれるクラブに2連勝したんですもんね。
選手や監督を褒め称えたい気持ちはとてもわかります。お祭りのようでした ^^;

バーンズリー     スタッツ     チェルシー
       3     枠内シュート     2
       4     枠外シュート     11
       0    Blocked シュート   14
       3      コーナー      10
      31.2  ボールポゼッション   68.8        (SKY SPORTSより)
--------------------------------------------------------------------
チェルシーはカーリング杯に続きFA杯も敗れ去りました。
もう一試合のマンU×ポーツマスは、これも波乱と言うべきでしょうか?
GKファンデルサールとハーフタイムに交代したクシュチャクががPAでバロッシュを倒し
退場&PK。
カードを使い切ってたのでリオがGKを務めたそうですが、止めるのは難しいでしょう。
0-1でポーツマスが勝ち、準決勝へと駒を進めています。

日曜日には残り2カードが行われます。
Middlesbrough × Cardiff City
Bristol Rovers × West Brom
もしかして、もしかすると決勝の地ウェンブリーにはプレミアのクラブが立ってないって事に
なるかもしれません^^;
ブログランキング
ローテーションをするなら、ピサロとシドウェルが先発している姿を見たかったです。最近見ていないので・・・・
[ 2008/03/10 08:23 ] [ 編集 ]
途中から見たんですが、なんか浮き足立っているなぁと思いました
なんかよくない感じと思いました
エッシェンはグラントのファーストチョイスじゃないんですかね?
それよりミケル君も最近見ていませんね
[ 2008/03/10 18:25 ] [ 編集 ]
ランパードやドログバ外して勝利にこだわらないならば、ミケルやシドウェルやピサロをスタメン起用してあげた方が良かったような?(^_^;)
グラントは読めない監督ですね。。
[ 2008/03/10 21:42 ] [ 編集 ]
CL明けの試合は、えてして結果がでない事多いですよね。マンU、アーセナルもそうでしたけど。
リバプールの敗戦を教訓にして欲しかったですが、ミイラ取りがミイラになっちゃいました。(悲
プレミアのクラブはミドルズブラも負けたようで、ポーツマスだけになってしまい決勝にプレミアのクラブはいない可能性出てきましたね。

[ 2008/03/11 00:35 ] [ 編集 ]
>shimadaさん
ピサロはまだ、ローテーションで後半に途中出場とか数少ないながらありますけど、
シドウェルは全然見ませんね。
同じローテーションをするなら、この試合ではシドウェルとか出場機会の少ない選手の方が
奮起してくれたんじゃないかなぁーなんて少し思いました。
[ 2008/03/11 01:19 ] [ 編集 ]
>シェリさん
浮き足立ってるって表現はぴったりですね!!
なんか良くなかったってのは、最初からだったような印象があります。(/_;)
エッシェンはファーストチョイスじゃなくなっちゃったんでしょうか。
今、中盤のファーストチョイスは、バラック、マケレレ、ランパードなのかなぁって感じがします。
ミケルはコンディション悪いんでしょうか??この試合でもセンターはエッシェンでしたしね・・・。
ローテーションとはいえ、使う選手と使わない選手がここにきてハッキリしてきた気がします。
[ 2008/03/11 01:32 ] [ 編集 ]
>あやっくすさん
私も勝ちにそれ程こだわらないないなら、普段出てない選手をスタメン起用した方が
良かったんじゃないかと思いました。
どうしたかったのかわからない程、ちょっと中途半場な起用でしたね。
スタメンはまぁまぁだなぁーと思ってサブを見たらドログバもランパードも入ってなかったので
勝ちにもこだわって無さそうに思えましたし。うーん、よくわかりません・・・ ^^;
[ 2008/03/11 01:42 ] [ 編集 ]
>たふたさん
うーん、やっぱりチャンピオンシップのクラブに負けたってのはショックは大きいです。
リヴァプール×バーンズリーも確認の為、選手は見たようですが活かせなかったようで><。
ベスト4にプレミアのクラブが1つってのは1908年以来だそうで、100年ぶりって事ですね!
そして、どんな決勝になるんでしょうか・・・^^;
[ 2008/03/11 01:50 ] [ 編集 ]
ホンマ、今回のメンバーでは、バーンズリーをナメてたと言われても仕方無いですよね。
今までローテーションなんて使ってなかったのに、ここに来てのローテーション導入で、何か出場選手のモチベーションが下がってるイメージがありましたね。
グラントの選手起用については、言いたいことが山ほどありますが、全力を出して負けたって感じがしないだけに、めっちゃ悔しいですね。
[ 2008/03/11 03:14 ] [ 編集 ]
>ランプスさん
まさか一発勝負って事を忘れてた訳ではないでしょうしね ^^;
ランパードは軽い腿の負傷があったみたいなので大事を取ったのかもしれませんが、
ドログバまでメンバーに入ってなかったのはよくわかりません。
なんかいつもピサロは苦しくなってから、投入されてるようでかわいそうな気もします・・・。
私もモチベーションは下がってると思いましたよ~。
全力を出さずに負けるのは、必ず後悔するもんなのですけどねi-195i-195
[ 2008/03/12 00:09 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。