毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

何とか、何とか、バーミンガムに勝利。 

プレミアリーグweek20。バーミンガムとはスタンフォード・ブリッジで開幕戦の相手でした。
今週はアウェイでの戦い。先週はエミレーツで1-1のドロー,その前の週は
オールド・トラフォードで0-1と1失点で敗れたバーミンガム。降格争いをしているクラブ
ですが、状況は上向きで厳しい試合となる事はわかっていました。
しかし、これ程ミスが多発するとは・・・。バーミンガム戦までに2・3日休みを取ったのが
逆に良くなかったのか!? と思ってしまうほど相手どうこうという前にミスが目立ちました。




バーミンガム 0-1 チェルシー
チェルシー
ツェフ
ベレッチ、アレックス、カルバーリョ、A・コール
W-フィリップス、マケレレ、バラック
J・コール、アネルカ、マルダ

(サブ)
クディチーニ、ベン・ハイム、ブリッジ、シドウェル、ピサロ

(交代)
29分 W-フィリップスout  ピサロin
85分 J・コールout     シドウェルin
90分 マルダout       ブリッジin

219ゴール
79分 ピサロ
右CK(ベレッチがキッカー)からニアに入ったピサロが
ヘディングシュートを決めました!
------------------------------------------------------------
ちなみにこの試合の実況で言われていた「開幕戦の決勝ゴールは
アディショナルタイムにエッシェンが叩き込んだ」っていう情報は間違ってます。^^;
そんなに苦しんだ記憶がなかったので、確認をするとSWPのマイナスのパスを
エッシェンが叩き込んだのは50分でした。後半開始まもなくです。
データー紹介が売りの実況者が・・・。 それとアブラム・グラントレフリーって誰の事だいっ・・・笑。

ランパードはこのバーミンガム戦の前にフィットネスチェックを受けて
結果が良ければ復帰戦となる予定でした。
しかし、金曜日のトレーニングで再び腿の筋肉を傷めて再離脱らしいです><。
2月6日のカペッロ初采配のイングランド×スイスのフレンドリーマッチにも
間に合いそうにないと言われています・・・。
急ぎすぎたのか!? かなり残念な状況です。

そして、SWPはこの試合中に空中で競り合った後、左足首で着地してしまったと
言っていいくらいに全体重がグキッと乗ってしまい、少しプレーはしたものの
ピサロと交代してしまいました。
チーム一好調のSWP。彼の負傷状態も気になりますね。
23日(水)にあるカーリング杯準決勝、エバートンとの2nd.leg(アウェイ)
危ぶまれているらしいんですが、どうでしょう?もし間に合わないのであれば
SWPの活躍で勝ったような1st.legだっただけに、ちょっと心配です。
そして、26日(土)にあるFA杯4回戦のウィガン戦(アウェイ)には
間に合うでしょうか?

そのSWPと交代で入ったピサロが結局は決勝ゴールを挙げる事になったので
結果としては良かったのかもしれませんが、
やはりサイドの突破というのは殆ど見られませんでしたし、
あのスピードが攻撃に使えないというので、チェルシーはかなり苦しみました。
でもピサロはバーミンガムと相性が良いんでしょうか?
開幕戦でも結構シュートを打ってましたしね。
(開幕戦が一番シュートを打っていたかも・・・^^;)


バーミンガムが前線からのプレスをかけてきた為、チェルシーは
バックラインとツェフのパス交換が何回か続き、ツェフが大きく出そうとした時、
イレギュラーしたのかキックミスのようになってしまって、ちょうどジェロームの方へ
飛んで行き、そのままダイレクトでヘディングシュートを打たれたのが
ポスト直撃! ふぅ~282
雨が降り、ピッチコンディションのせいもあったかもしれませんが
冷や汗たっぷりかきました。

このシーン以外でもディフェンスは苦しかったですね~。
特に前半40分あたり、ジェロームのシュートコースにベレッチが入り、
その弾かれたボールを再びジェロームがシュートし、ゴール前でアレックスが
クリアーしたシーンは息が止まりました。

苦しみながらも、バーミンガムの最後の精度が低かった為になんとか
勝利できたチェルシー。
ホームの時は2失点しましたが、1失点はセットプレーでかぶってしまった感じで
やられたのと、2失点目はジョンソンが軽くてカポに突破されてしまった事からの失点。
しっかりと守れば負ける事はないと予想していましたが、危なかったです。

アネルカはまだ数回トレーニングを一緒にしただけでしょうから、まだまだ
これからですね。でもあのシュートは強烈でしたっ!

トップのアーセナル、マンUも勝利した為、勝点差は4のままですが
このバーミンガム戦、引き分けなくて良かったです汗とか
------------------------------------------------------------
ちょっと参考程度にsky sportのスタッツを見てみました。

【1月1日】
  マンU    1-0   バーミンガム
    7   枠内シュート   4
    5   枠外シュート   8
    9  Blockedシュート  2

【1月12日】
アーセナル   1-1   バーミンガム
    6   枠内シュート   2
    8   枠外シュート   1
    8  Blockedシュート  1

【1月19日】
バーミンガム   0-1   チェルシー
    2   枠内シュート   6
    6   枠外シュート   3
    7  Blockedシュート  4

 ※スカパーの放送ではこんな数字でした。
  バーミンガム       チェルシー
    7   枠内シュート   9
    8   枠外シュート   3

スカパーのはブロックされてるものも枠内に数えられてるっぽいですね。
ホームとアウェイの違いはやはり、かなり大きいのか。
シュート数はマンUやアーセナルには及びません。
数字が全てではないですし、カウントする人によって数字は違ってくるんですけど
チェルシーの今の課題は攻撃ですね。やっぱりSWPは絶対必要な選手です。

ディフェンスの方はクリーンシートがずっと続いているという訳では
ありませんが、なんとか耐えてますしね。

まぁヴィラ戦の4-4で引き分けってのはグラントの作戦ミスでしょう。
・・・という事にしておきます。笑
それにしても、まだ苦しい試合は続きそうですね。
早くみんな揃って欲しい!かなり切実です!!

ちなみに先日契約完了したイバノビッチですが、ロシアリーグは11月に
終了しているため、ずっと試合から離れているようで
フィットネスを上げる必要があります。
チームとの連携もありますし、メンバーに入るのは結構先になりそうですね。

ブログランキング
ホンマ、何とか勝ったって感じの試合でしたねえ。Jコールは割合良かったものの、SWPの怪我はかなり痛そうやったんで、心配ですね。
アネルカは、これから一緒に練習していくことで連携の密度が上がれば、やってくれそうな気配ですが、イヴァノヴィッチはしばらくかかりそうですね。
怪我人続出で、選手のやりくりは大変でしょうが、ここが踏ん張りどころやと思うので、頑張って上二つに喰らいついていって欲しいですね。
[ 2008/01/21 23:14 ] [ 編集 ]
イヴァノビッチの加入は将来性ある若い人材の確保と後半戦へ向けてDFラインへの保険みたいなものだと思います。
おそらく実力発揮するのはシーズン終盤から来シーズンにかけてではないでしょうか?
SWPの負傷が気になりますね。エッシェンかSWPが中盤から前線へボールを運んでくれないと攻撃が組み立てられません。
左サイドは機能してませんし・・・(^_^;)
仮にSWPが離脱するようですと・・・グラントのお手並みは意見といったところでしょうか?(笑)
[ 2008/01/21 23:43 ] [ 編集 ]
誤:グラントのお手並みは意見
正:グラントのお手並み拝見
[ 2008/01/21 23:46 ] [ 編集 ]
>ランプスさん
痛さは比べ物にならないんですけど、私もかなり高めのヒールを履いて足を踏み外した時、
足首に全体重がかかって泣いた経験があります ^^; あれの数十倍いたいんだろうなぁと
思うと、その後もプレーを少しでもやったSWPはさすがだと思いました。
精密検査はこれからかもしれませんが、じん帯損傷の疑いがあるとか脅してる記事もあるので
大した事がない事を祈るばかりです。ここでのSWPの離脱は痛すぎですもんね。
アネルカはチームに馴染めばやってくれそうな気配ありますよね。
それが数少ない明るいニュース><。 まさに踏ん張りどころですねっ!
[ 2008/01/22 00:07 ] [ 編集 ]
お互いですがミスパスが多くて見ていて楽しい試合ではなかったです。

攻撃面では特に左サイドは機能してませんでしたね。
ある程度攻めのパターンが無いと厳しいですね。
ショーンが離脱してしまうとかなり苦しいので怪我の具合が気になります。
[ 2008/01/22 00:09 ] [ 編集 ]
>あやっくすさん
イバノビッチは来シーズンに向けてかもしれませんね~。
しかし、私にとってかなり期待の大きい保険です☆(まだプレー見てないのに。笑)
遅攻になるとやっぱりシュートを打つまでいけないのは相変わらずですもんね・・・。
運びやのエキスパートがいてくれると全然違ってくるんですけど。
左サイドはどうしましょっか。マルダとアシュリーの相性なんでしょうかね? ん~。
グラントのお手並み拝見出来るでしょうか。守備を固める為の判断は早いんですけどネ ^^;
[ 2008/01/22 00:16 ] [ 編集 ]
>たふたさん
見ていて楽しくなかったですねっ。私的には楽しくない要素がもう1つありましたが・・・。笑
左サイドは全然物足りませんね。
バラックも絡みたいところですが、この試合ではイマイチ攻撃は上手くいってなかったです。
攻めのパターンをチームに擦り込むとしたらテン・カーテなんでしょうけど、その辺は
どうしてるのか聞きに行きたいくらいですね~。SWPがもし離脱となってしまったら、
期待出来るのはJ・コールの突破なんですけどジョー1人だけだと苦しいですね。
SWPの検査結果は明日あたりには出るでしょうかっ。ケガの具合はかなり気になります!
[ 2008/01/22 00:26 ] [ 編集 ]
う~ん
確かに微妙な試合でしたね
勝ってるから大丈夫なものの、ちょっと負けでもしたら批判分子がでてきそうな所がイヤな感じです
私はむしろマルダ、ブリッジの方が相性がいいかもって思いました
[ 2008/01/22 04:08 ] [ 編集 ]
イバノビッチはベンハイムの代役扱いでしょうか。勝ってよかったです。アネルカが入っても攻撃がチグハグしているので、そうすぐには得点アップとはいかないかも。
[ 2008/01/22 08:38 ] [ 編集 ]
>シェリさん
この試合は引き分けでもおかしくなかった・・・ポスト直撃だったのが入ってても
ミスからなので、下手したら負けてても納得しなきゃいけない状況だったかもしれませんね。
攻撃は手詰まりで、守備はバタバタしてたイメージしか残ってません。
批判分子は隠れつつも、既に存在してる可能性があるようなっ。
マルダとブリッジの方が相性良いかもしれませんね。だとしたらチーム力を上げるより
個の能力を重視してるん感じですね・・・グラントの言ってた通りテクニック重視 ^^;
[ 2008/01/22 21:33 ] [ 編集 ]
>shimadaさん
イバノビッチってどこのポジションをやらせたくて獲得したんでしょうね?
右SBがベストポジションって他の選手に言われてましたし、よくわかりませんね。
普通に考えたらベンハイムの代わりって思ってしまうんですけど。
今、アネルカが決めるとしたら個の力での方が可能性高そうですね。
ビハインドの時とか、どうしても得点が必要な時はどうするつもりなんでしょうか・・・><。
[ 2008/01/22 21:39 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。