毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

クロアチアに破れイングランド予選敗退 

EURO2008の予選、最終戦が終わり数日経ちました。
イングランドは11月21日(水)にウェンブリーでクロアチアと戦ったのですが、
引き分け以上で突破が決まるという条件だったにも関わらず、予想もしなかった
ホームでの敗戦で、EURO2008の本戦へとは進む事が出来なくなりました・・・。
消化試合となるクロアチアに対し、まさかホームで負けるとは誰も思わなかったでしょう。




イングランド 2-3 クロアチア
イングランドスタメン
カーソン
リチャーズ、キャンベル、レスコット、ブリッジ
W-フィリップス、ジェラード、バリー、ランパード、J・コール
クラウチ

(サブ)
ジェームズ、ブラウン、A・コール、ベッカム、ハーグリーブス
デフォー、ベント

(選手交代)
46分 W-フィリップスout ベッカムin
46分 バリーout      デフォーin
80分 J・コールout    ベントin

219ゴール
 8分 クラニチャル
14分 オリッチ 
56分 ランパード(PK)
65分 クラウチ
77分 ペトリッチ
--------------------------------------------------------------
試合前日だったか、予想スタメンが出ていたんですけど「4-4-2ではなく、
ジェラード,ランパード,バリー3人スタメンで使う」と出ていたのを見て
正直、嫌な印象を受けました。変な事を思いつかなければいいんだけど、
って思ってたのですが、出たよッ!って感じです。

キックオフは日本時間では朝5時でした。頑張って起きましたよ~。
雨が降る中、かなり寒そうでしたがウェンブリーのサポーターは熱かったです!
マクラーレン1人傘をさしていましたが^^;

そして、当日スタメンを見てみると予想スタメン通りでした・・・。
マクラーレンは、クロアチアを意識しすぎているのか?
クロアチアホームでの試合も3バックで戦い2-0で敗戦してましたし、
中盤を厚くしたいという思いがあったんでしょうか。
それには、ルーニーやオーウェンが負傷したって事もあったんでしょうが、
普段やってないフォーメーションを1番大事な試合でやるなんて。

引き分け以上で終わるのは余裕だと思えたのは、キックオフ後5分間だけでした。
クロアチアはアウェイ&リスクを負う必要は全く無い状況だったので
様子見だったからでしょう。

そしてクロアチアのファーストシュート。中央からクラニチャルがミドルシュート!
GKカーソンの足元に落ちるシュートでしたが、たぶんキャッチしようとしたんでしょう
けど、カーソンが思ってたより早く落ちたんでしょうね。
手前でバウンドしたボールは右サイドネットを揺らしました。
カーソンは正面でボールを迎えられなかったので、キャッチではなく
タッチに逃げなければダメだったと思うんですよ。
これは避けられた失点でしたっ!
カーソンの痛いミス(クロアチア戦) レシーブ?

6分後の14分にはクロアチアに追加点を許します。
先制点を許した後、イングランドはクロアチアゴールに攻め込みますが
やっぱり守備は堅いですよね。
頼みのクラウチは競り合いで勝てても、良いボールを落とせないので
奪われてしまうし。

そこからクロアチアのカウンター。
ゴール前でダシルバが溜めて4人を引き寄せから裏へのスルーパス。
オリッチが抜け出し余裕で流し込みました。
画像が良くなかったのでわかりませんが、バリー(かな?)はオリッチにつく
べきだったと思いました。

クロアチアは最初から無理をせず、効率の良い戦い方でしたね。
早くも2失点。まだ時間はたっぷりあるものの最低結果の引き分けに持っていくには
2ゴールが必要。ボールポゼッションは高くても厳しいなぁ~と思いました。
窮屈なボール回しのイングランド、バランスが良くて余裕のボール回しのクロアチア。
前掛りになってるので、カウンターが怖かったです。

ハーフタイムでベッカムが出て来た時、ウェンブリーは大歓声でした。
前半クロスが合ってなかった事もあり、ベッカムの精度の高いボールに
期待が一気に集まった感じです。

そしてイングランドの先制は、55分J・コールからのクロスに合わせようとした
デフォーがユニを引っ張られて倒されPKとなり、それをランパードが決めたものです。
誰がキッカーになるのかと思ってましたが、ランパードでした。
心臓はドキドキ。でもGKの動きの逆を取りきっちり決めてくれました。
ランパードPKを決める(クロアチア戦)

まずは1点返しました。そして追い付いたのは65分。
デフォーがドリブルで上がろうとしたところを一度奪われますが、
リチャーズがカットし、ベッカムへパス。ダイレクトで入れたベッカムのクロスが
クラウチの胸へ。胸トラップから右足で叩き込んだクラウチのシュートが
見事に決まりました!これでやっと一息つけましたよ。

しかし同点に追い付いてから残り25分の戦い方にも問題はあったかもしれません。
ホームで勝利というのが1番良い結果なのはもちろんですが、
カーソンのナイスセーブがなければ決まってたシーンがいくつかありましたし、
いかにゴールが遠かったかという事を考えると、あせってスローインをして
相手ボールにしてしまったり、リスキーすぎる攻撃でカウンターのピンチに
あってしまったり・・・。もう少し冷静になれれば良かったんですけどね。

アドレナリンが出まくってたので仕方ないかもしれませんが。
ランパードもオブストラクション気味にされた相手に吠えてましたしね^^;


77分にはイングランドの右サイドを使われ押し込まれていました。
2度ほど自陣深い位置でベッカムがクリアーするものの、また右サイドを使われ
ドリブルで上がってきたクロアチアの選手が、すぐ右でフリーだったペトリッチに
横パス。ペトリッチはトラップしてすぐ左足でシュート!
右サイドネットに突き刺さり、クロアチアに3点目。もー、がっくり!!!! 落ち込み
クロアチア、引き分けで勘弁してよ~って感じですよムカムカ

攻撃の手を緩めないクロアチア。
80分、85分、90分、無情にも時間だけが過ぎていきます。
追加タイム3分、イングランドはついに追い付けず試合終了。

それにしても、クロアチア選手達のゴールが決まった後の喜びようは
本戦が決まって消化試合であるチームとは思えない程、尋常でない喜び方でした。
3ゴールどれでも、そのゴールによって優勝が決まったかのような感じでしたよ。
なぜ、これほどまでにモチベーションが高かったのかは私にはわかりません。
イングランドの必死さと、ウェンブリーの雰囲気がそうさせたのでしょうか。
3点目が決まった時、ビリッチ監督はモウリーニョ張りの喜びようでした^^;

あ~ぁ。イングランドはこれで予選敗退です。
EURO2008本戦の組合せドローは12月2日にスイスのルツェルンで行われる
そうですが、興味も半減ですよ。><
--------------------------------------------------------------
EURO2008本戦のポット分け(ロイター通信より)
ポット1
スイス(開催国)、オーストリア(開催国)、ギリシャ(前回優勝国)、オランダ

ポット2
クロアチア、イタリア、チェコ、スウェーデン

ポット3
ドイツ、ルーマニア、ポルトガル、スペイン

ポット4
ポーランド、フランス、トルコ、ロシア

オランダはポット1に入りたくなかったかもしれませんね~。
オランダ・イタリア・ドイツ・フランスのグループが出来たら凄すぎです^^;
--------------------------------------------------------------
予選敗退したイングランドはFIFAランクも下げて、2010年W杯予選の
トップシードから外される可能性が出てきたとか・・・。
これが本当なら悪い事続きです!
マクラーレンは遅ればせながら解任されましたが、後任監督が誰になるかは
重要ですね。
ブログランキング
こんばんは。
ブログにコメントありがとうね。

クロアチアの戦う姿勢は良かった。イングランドファンですが、ちょっとクロアチアに興味があったんで楽しい試合でした。(実は、もう一つの贔屓チームスペインが本戦決めているから、まぁええか・・・的なw)

カーソンは、実は、リバプールからビラへレンタルなんですよね(苦笑) 個人的には、ロビンソンでいいかなって思っていたし、ベッカムは、こういう大一番には必要だった。結局、「策士策におぼれる」みたいな最後だったのかなと思いますね。あと、マクラーレンの傘は、ゴルフか?!とか思って観てましたよ。

とりあえず、次期監督が、今後のイングランドのゆくえを大きく左右するでしょうね。今の主力もぼちぼち歳なんで・・・下手したら90年代初期のフランスみたいに低迷期を迎える危険性も。

[ 2007/11/25 00:12 ] [ 編集 ]
今晩は。
ホンマ、残念な結果でしたねえ。
ルーニー、オーウェン、テリーなど、予選終盤の大事なところで怪我人に見舞われましたよね。まあそれを差し引いても、慣れないフォーメーションで大事な戦いに臨むってのは、マクラーレンに追い詰められた感がありすぎたのかも知れませんね。
後任監督に誰がなるのかは分かりませんが、誰になってもエラ
い大変でしょうね。
[ 2007/11/25 00:17 ] [ 編集 ]
>コージさん
クロアチアは勝つべくして勝ったという試合だったような気もします・・・。
泥だらけで必死だったイングランドに対し、クロアチア選手の頭は終始冷静だったように思いました。
私もマクラーレンの傘はゴルフかいっ?と思いましたー。笑
戦略をたてるのは上手くないんだから、普通に戦った方が引き分けに持ち込めたんじゃないか
なんて思ってしまいました。
次の代表選手はちょっとずつ若手選手が使われる気もしますよね。
ヤング、ウォルコットなどがもっと成長してくれたら面白いと思います。
[ 2007/11/25 01:07 ] [ 編集 ]
>ランプスさん
前後のセンターが2人ずついないのは、かなり厳しいですよね><
マクラーレンは考えすぎなんですよっ!!
失点したくないんだったら慣れたフォーメーションでやった方が守備の連携も取りやすいと
思うし、中盤を厚くしたから防げるもんでもないと個人的には思いました。
バックスとMFがどうもうまく連携出来てなかったと思うんですよねぇ・・・。
次期監督希望がモウリーニョとトップで名前が挙がってるメディアが多いですが、
それは可能性はなさそうですけど、イングランド人じゃない監督になる可能性もありますね!
[ 2007/11/25 01:17 ] [ 編集 ]
Jコールは、ベンハイムに奢り損になってしまいましたね。
[ 2007/11/25 09:20 ] [ 編集 ]
ユーロにイングランドがいないなんて悲しいです
マクラーレンは経験不足なのとそれを補おうとして奇策を出してきたのがことごとく空回りしたってかんじです
[ 2007/11/25 14:56 ] [ 編集 ]
本当残念です。
後任監督がとっても気になります。
[ 2007/11/25 22:11 ] [ 編集 ]
>shimadaさん
なんか旅行のパンフも集めたとかっていう記事も見ましたが、もし本当に用意したのなら
ただのプレゼントですよね。^^;
ベンハイムは選手として当然の事をしただけなんですけどねっ。
[ 2007/11/26 02:49 ] [ 編集 ]
>シェリさん
色々ありましたけど予選は突破すると思っていたので、イングランドが出場しない大会を
どういうスタンスで観ようか悩んでいます・・・。
マクラーレンは空回りしすぎでした。笑
しばらくは職がないかもしれませんねー。^^;
[ 2007/11/26 02:54 ] [ 編集 ]
>たふたさん
まさかのイングランド予選敗退、残念で仕方ないですねっ。
次の代表戦は3月にフランスとのフレンドリーマッチでしたっけ?
FAも二度と同じ過ちはしたくないでしょうから、次の監督、かなり気になりますね。
[ 2007/11/26 02:57 ] [ 編集 ]
お久しぶりにコメントさせていただきます。
と言いながら出遅れてる感じですが・・・^^;
イングランドが予選敗退してしまったので、yunaさん大丈夫かなとひと事ながらとても心配してたんですよ。
でも元気そうで良かったです(^^)
EUROはイングランドが出場しない分、純粋にサッカーを楽しめるかもしれませんね?
後任監督が誰になるかは相当気になりますね♪
ベッケンバウアー推薦のクリンスマンはどう思いますか?
[ 2007/11/28 01:20 ] [ 編集 ]
>registamilanさん
予選敗退が決まった時は、まさか、まさかだったので一瞬固まりました。笑
EUROはいいゲームが観られればいいなぁ~と、気持ちを切り替えました^^
クリンスマンも良さそうですよね!ドイツ代表はあまり見てなかったんですが
見てて爽快なフットボールでしたし、もしイングランドも同じようにできたら最高なんですけど☆
2010W杯予選では同じ過ちを繰り返さないためにも、色々候補者の噂がいっぱいです。^^;
続けて予選敗退なんてイングランドの歴史上ないかも?です。慎重に選んで欲しいですよー。
[ 2007/11/28 22:23 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。