毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

エバートン戦は終了間際に追いつかれる 

プレミアリーグweek12 エバートン戦。モウリーニョだったら、猛烈に怒っていた
でしょう・・・。この展開。絶対何かを投げ突けてたに違いありません。笑
チェルシーHPにあった、グラントとファンとのフォーラムの掲載。
シティ戦で6ゴールも決めたもんだからグラントは何か浮かれてるように思えますが。

ただモウリーニョが制約していた動きを開放しただけの攻撃。モウリーニョでも6ゴールは
得点させられた、ただ彼が選んだのは長いシーズン戦えるスタミナ配分と結果だった。

そんな記事を読んだ時は、う~んとうなってしまいました。




チェルシー 1-1 エバートン

チェルシースタメン
クディチーニ
ベレッチ、アレックス、カルバーリョ、ブリッジ
エッシェン、ミケル、ランパード
W-フィリップス、ドログバ、J・コール

(サブ)
イラーリオ、シェフチェンコ、ピサロ、カルー、ベン・ハイム

(選手交代)
29分 カルバーリョout  ベン・ハイムin (腰から落下し負傷交代)
64分 W-フィリップスout カルーin

219ゴール
70分 ドログバ
89分 ケーヒル
-------------------------------------------------------------
日曜日に行われたこの試合。
チェルシーは水曜にCLシャルケ戦(アウェイ)で中3日、
エバートンは木曜にuefa杯ニュルンベルク戦(アウェイ)で中2日。
エバートンは4-2-3-1とも4-5-1とも言えるような並びで、
激しいプレスをかけるっというよりスペースを埋めて、
最後の所はしっかり固く守っていました。

やっぱり相手のプレスが厳しくないと運べるもんですねー。^^
まぁ、でも構えられてるので、どうしても最後がうまくいきません・・・。
エバートンが戻りながら守備をするシーンも、CBレスコットはドログバにも負けず
対応は良かったですし、何と言ってもGKハワードがことごとく弾き返してました^^;

この試合、ゴールシーン以外で最大に盛り上がったであろう45分。
自陣深くでブリッジがカットしカウンター!
左サイドをドリブルで一気に駆け上がり、レスコットの前を触れるか触れないか
という所を通し、中央のSWPへ絶妙なパス!
SWPも全速力で上がっていたのでコントロールが落ち着かないか、と思いましたが
上手くフェイントも交えながら、ゴール前でどフリーのドログバへラストパス。
後はドログバが流し込むだけ。しかしここでドログバは空振り。
あ゛ぁ~っっ!
たぶん、このシーンで今シーズン1番大きな声を出しました。笑
SWPのパスがちょっとバウンドして合わせ辛かったんでしょうね・・・。
でも力まなくても、合わせれば入ってたハズ。あぁ~、残念。

そして無得点のまま前半終了。
なんか上手く守られてスッキリせず後半へ・・・。
エバートンは後半、マクファデンとアニチビの2トップで4-4-2に変更。
モイーズは上手く守れたこともあり、チャレンジしてきましたね~。
逆にチェルシーは前半よりも決定機は減りました。
そしてエバートンボールの時間も少し増えていきます195

そんなチェルシーが先制したのは代わって入ったカルーのCKから。
ドログバがニアに回り込み、ヘディングシュート!
あれだけ攻めて、やっと決まりました。CKで決まったのは久しぶり?

長い時間ゴールを決めたくて決めたくて、やっと先制した後、
相変わらず攻めてはいるんですが、安心からか徐々に集中力を欠いてきた
ように見えたんですけど、チェルシーに細かいミスが目立ち始めます。
失点に至らないけど、細かいミス。

89分、GKハワードのロングフィードから。右サイドでマクファーデンが
中に少し切れ込んでミドルシュート。ゴール前にはケーヒルとベレッチ。
2人が足を出しますが、当てて浮いたボールをケーヒルがオーバーヘッドで
同点弾を決めました。
あ~。がっくり。気の緩みでしょうか?
にしても、マクファーデンに誰も寄せて無かったですよ!!
あそこは、殆ど一緒にやってなかった為からくるマークミスですよね。
あれではクディチーニはどうすることも出来ないでしょう。

  ケーヒルの同点弾

相変わらず、試合後のグラントのコメントはポジティブ。
えぇ、えぇ、何を言うかわかっていましたとも。笑
「重要なのは良いフットボールをした事。」
でも会見で3回も「良いフットボールだった」と念を押さなくても
いいんじゃないでしょうか^^; 何か恐れているのかい?

あくまでもエンターテイメントなフットボールをするのがプライオリティならってのが
前提ですが、SWPは下げるべきではなかったんじゃないですかねー。
確かにクロスは2回ほどふかしたり、ミスもありましたが、それを上回る程
彼の特徴であるスピードが生かされていましたし、その後も良いパスも出てました。
まぁパフォーマンスが落ちてきたからって事なんでしょうか。
前半の終了間際にドログバが決めていれば、SWPは大活躍した印象で
終わってたかもしれません。

でも、代わって入ったカルーのプレー時間は25分以上ありましたが
殆ど記憶に残っていません。なぜカルーに拘るのでしょうか。
シェフチェンコより、ピサロよりトリッキーだから?

良いフットボールをしたと言うなら、リードは1点しかないんだから
残り何分と考えるかは色々あると思いますけど、勝ちでSHOWを締めくくるという
考えは持てないんでしょうかね?ひきつり笑い
そして、ベンチには中盤の選手が1人も入ってませんね・・・。

なんか中途半端なんですよね。この試合のように勝てる試合で取りこぼしてては
例え良いフットボールをしても喜びは半減してしまいます。
モウリーニョチェルシーからファンの私は半減どころじゃありませんが。

ランパードもグラントの事を「穏やかで物静かな紳士」と言ってますが、
果たしてそんな人がこれから先、大一番の試合の時に渇を入れられるのかも
疑問ですし、緊張感を持たせて、鼓舞させるのは難しいでしょう。
ホントに3倍の給料を払って、グラントと長期契約するつもりなんでしょうか?
まぁ、契約なんてあってないようなもんでしょうけど。

アブラモビッチ(ホーム・エバートン戦)
アブラモビッチのこの表情!!
そのうちこの方も勝利魅せるフットボールを両立させよ!と
言い出すに違いない・・・と思ってますが^^:


ちなみに、グラントはいまだにフィットネスコーチを探してるみたいですね・・・。
ブログランキング
4-3-3に拘った分、ウインガーのカルーの優先順位が高かったのでしょうね。

テリー、カルバーリョ、ツェフの3人が揃うことは、当分なさそうですね。
[ 2007/11/13 08:49 ] [ 編集 ]
シュートっぽいボール入れたのってマクファーデンだったんですね
録画した画質が悪くて誰かわからなったもので…

グラント監督のメソッドって戦術やトレーニング何に関しても古いんでしょうね
やっぱりトップリーグの最前線で仕事をしてる人に遅れをとってる気がします
[ 2007/11/13 12:03 ] [ 編集 ]
ケーヒルって名前を聞くだけで鳥肌が立つ僕ですが、やはりその前のシュート気味のクロスに誰も寄せにいかない事が失点の原因でしょうね。
ちょっとエバートンをなめていたのかな?って気がします。

グラントはウィンガーの交代しかできないのでしょうかね?
[ 2007/11/13 14:56 ] [ 編集 ]
ベンチにカルー、シェバ、ピサーロとFWを3人も置く意図が全く理解できません。もし中盤がヤバかったらどう動くつもりだったんでしょうかね? 残りはキーパーとベンハイムなわけで... モウリーニョだったら、シェバかピサーロの一人はベンチ登録させてないでしょう。バランス悪すぎです。
話変わって、バルササポの大半がライカールトを即刻首にしてモウリーニョを連れて来いと望んでるらしいです。アブラモビッチがバルサみたいな魅力的なサッカーをチェルシーに望んでる傍ら、バルササポは魅力的よりも勝てるサッカー、しかもモウリーニョを望んでるという現実。皮肉ですかね(苦笑)
[ 2007/11/13 19:42 ] [ 編集 ]
ベンチがやるべき事をやってのドローならば諦めもつきますが、なんだかモヤッとする内容でしたね。
これからもこんな試合を見ることがありそうな予感がします。
[ 2007/11/13 21:29 ] [ 編集 ]
>shimadaさん
グラントって4-3-3に拘ってますね。
4-4-2のイメージが良くないのかなぁとも思えるので、これから先どーんな状況でも
4-3-3でいきそうですね。^^;
後ろ4人は揃わないですよね・・・。まるで順番を決めて休んでるかのように
揃わないってのは、ホントに不思議です!
[ 2007/11/13 21:57 ] [ 編集 ]
>シェリさん
私もハッキリとはわからなかったんですけど、モイーズ監督の交代が的中したと
言われていたのと、解説の三浦氏がマクファーデンって言われてたので間違いないかなぁと
思いました^^;
グラントは、あまり思考が柔軟じゃなさそうですよね。たぶん古いままなんだと思ってます。
何かあった時に、この監督なら対応してくれる!って思わせる有能な監督の部類には
入ってないでしょうね。
どこかの会社がランキングなんかつけたらたぶんランク外かもしれませんね~。
[ 2007/11/13 22:08 ] [ 編集 ]
>たふたさん
あのシュートぎみのクロスを楽に打たせてしまったのが全てですよね。
ベレッチが負傷離脱を覚悟して頭から突っ込むか、倒してカードをもらった上で、PKを外す
事を祈るか、ケーヒルがシュートミスするか・・・くらいしか失点を防げる可能性は見つけられ
なかったですもん><。
グラントはウィンガーの交代カードを切るのが精一杯だと思います^^;
[ 2007/11/13 22:15 ] [ 編集 ]
>まちゃさん
これまでの試合のベンチメンバーを見ても、かなり偏ってたように思いますっっ!
この試合はまだゲームをコントロールできてたから良かったですけど、
悪い流れを止める事とか、2人負傷者が出たりしたら対応出来ませんね。笑
試合中のあらゆる事を想定して臨むのも監督の重要な仕事だと思うので呆れちゃいます。
バルサですか!皮肉ですね~。笑
万が一、モウリーニョなんて事になったらwowwowチャンネルも加入するかもです。
でもホントに結果優先で、バルササポは満足できるんでしょうか^^;
[ 2007/11/13 22:31 ] [ 編集 ]
>あやっくすさん
ベンチの動きは鈍いですね。
ベンチメンバーからしても、取られたら取り返す作戦しか望めない感じですよね。
後手後手作戦しか出来ないように思います。
悪い流れになってきたところで、流れを戻すとか止めるとかはベンチの仕事なんですけどね。
ワイドに攻めると言ってるのはいいですけど、監督が試合自体を攻めないとぉー><。
[ 2007/11/13 22:39 ] [ 編集 ]
またグラント節がでましたね(笑) 攻撃的な、か魅力ある、か良いサッカーってコメントが必ず入りますもんね。正直うんざり…。
そろそろモウリーニョサッカー見たいですね。バルセロナだったら志向するポゼッションサッカーも出来そうだし、デコやメッシとやるのを見てみたい気がします。
[ 2007/11/14 15:43 ] [ 編集 ]
>デッコさん
またまた出ましたね~。笑  今シーズンはずっと続きそうじゃないですかっ?^^;
でも言い続ける事で、不快に思う人も増え続けるって事はわかってなさそうですよね。
私の中で、グラント支持率は下がる一方ですよ。もうマイナスかなぁ・・・。
モウリーニョサッカー見たいですね。
デコ、メッシ・・・あぁ~、そうなって欲しいとだんだん思ってきました!
ちなみにバルサでは1番はプジョル、次にヤヤ・トゥレが私のツボを突いてくれる選手です☆
[ 2007/11/15 00:25 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。