毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

CL 予想に反しアウェイでバレンシアに勝利 

10月3日に行われたCL、バレンシア×チェルシー。
負けないで!最低勝点1を持って帰ってきて・・・と願っていたほどで、全く勝利を
期待していませんでした。勝つとは1%も思ってなかったんですよ ひきつり笑い
ファンとしていかがなものかと思いますが、それ程チェルシーとバレンシアの
チーム状況は正反対のものでした。




バレンシア 1-2 チェルシー
バレンシア
ヒルデグラント
ミゲウ、アルビオル、エルゲラ、モレッティ
ホアキン、マルチェナ、アルベルダ、シルバ
モリエンテス、ビジャ

(サブ)
カニサレス、サニー、バラハ、アングロ
ジギッチ、アリスメンディ、アレクシス

(選手交代)
69分  モリエンテスout  ジギッチin
74分  アルベルダout   バラハin
89分  ホアキンout     アリスメンディin
---------------------------------------------
チェルシーのスタメン
ツェフ
フェレイラ、カルバーリョ、テリー、A・コール
エッシェン、マケレレ、ミケル
J・コール、ドログバ、マルダ

(サブ)
クディチーニ、ベレッチ、アレックス、シドウェル
シェフチェンコ、カルー、ピサロ

(選手交代)
84分  エッシェンout  シドウェルin
85分  マルダout    カルーin
89分  ミケルout    アレックスin
---------------------------------------------
ゴール
  9分 ビジャ    219
 21分 J・コール   219 
 71分 ドログバ    219 
---------------------------------------------
テリーはフェイスガードを着けて出場!!
試合前に1%も勝ちはないと思っていましたが、スタメンを見た時、
カルバーリョが入っていたので勝機はあるかも!? という気持ちが芽生えました。
カルバーリョが入った事で、私の予想より攻守共にレベルが上がるから
なんですよね。8月15日のレディング戦から長い間の離脱で、復帰がいきなり
CLバレンシア戦なので、その辺だけが気がかりだったのはありましたけど。

この試合、チェルシーにとっては何としても勝ちたいゲームでした。
スタメン、これがグラントのファーストチョイスなんだと思います。
試合前に言われていた通り、シェフチェンコは結局出場しませんでしたね。

試合開始。やっぱりこの試合苦しめられると思わされる展開から始まりました。
9分、フィフティーのボールをフェレイラがクリアーするんですが、
エッシェンに当たったボールは不運にもPAの方へこぼれました。
もちろん前を向いてるバレンシア選手の方がスピードに乗るのが早いので
テリーも寄せましたがビジャに押し込まれバレンシアが先制。

早い時間に先制を許した事もあり、チェルシーはミスも多く、クロスを入れる
ところまでも全くいかなかったので、やっぱりダメかぁ~って思いましたよ。

ホアキンとモリエンテスだったと思いますが二人のワンツーで
簡単に崩されシュートを打たれましたが、ツェフがセーブ。

あー、この分だと追加点を入れられるのは時間の問題か・・・、と思った後
マルダからのパスをドログバがポストとなり、追い越すマルダへスルーパス。
抜けたマルダがファーサイドでフリーのJ・コールへラストパス!
しかし、クリアーしようとJ・コールの前にモレッティが遅れてスライディングで
滑り込み、押し込む形でチェルシーが同点に追いつきます。
オウンゴールかと思ったんですけど、最後にJ・コールが触ってたらしく
得点者はJ・コールとなりました。^^
J・コール同点ゴール(バレンシア戦)

しかし、その後もバレンシアペース。奥歯を噛みしめる時間が続きます汗
もうチェルシーのバック4人もマケレレも必死でしたねー。
これまでの不甲斐ないチェルシーと何ら変わりはありませんでした。
そして前半ももうすぐ終わりというところで、ドログバが足を高く上げた直後に
でん部?付け根辺りを痛がったので、冷や汗が・・・。
焦りましたが、後半もドログバはしっかりピッチに立ってました。

後半はこう着状態がしばらく続いた後、ホアキンからのクロスに対し
モリエンテスがトラップ,シュートを打とうとしたところに、ビジャがシュート。
ゴールネットは揺れますがビジャのオフサイドでノーゴール。危なかったですよー。

71分、バレンシアのセットプレーから。
モリエンテスに代わって入った202cmのジギッチが落としたボールを
マケレレがクリアー。
それをJ・コールがハンドくさいけど、^^; 奪って前線のドログバへ
右足アウトにかけて最高のロングパス。あとはドログバのスピードとフィジカルの
強さでシュートまで持ち込み、ゴール!!チェルシーが逆転に成功です!
ドログバ決勝ゴール(バレンシア戦)

特にチェルシーの2点目が決まってから、バレンシアの動きがガックリと
落ちたように思いました。
81分、ドログバの落としからエッシェンがミドルシュートを打ちますが、
打った直後にハムストリングを痛めてしまい、その後シドウェルと交代。

そのシュートで得たCKから、飛び込んだカルバーリョがジギッチと接触して
倒れました。
おでこは直後からすごく腫れ上がってましたね・・・。
その後もプレーしていましたが倒れて手を上げた時は焦りましたよ。
カルバーリョ(バレンシア戦)

後半のアディショナルタイムは息が詰まるようなバレンシアの攻撃が続きましたが
結局、1-2でチェルシーの勝利!
バレンシアのラストはセットプレーでしたが、距離はあったものの
昨シーズンのCLリヴァプール戦に似た感じで、ニアの選手に縦パスを送り
ダイレクトシュートを打たれました。
危うく同じ過ちを犯すところでしたよ・・・><

本当に少ないチャンスでよく2ゴールも決めれたと思いました。
やっぱりドログバがいてこその勝利だったし、カルバーリョが戻ってきたので
ピンチを防げたという事が多かったですし、この試合結果はCLグループステージを
突破する上でグループ首位に立てたので、かなり嬉しいんですけど
まだまだ不安要素はいっぱいです。
シドウェル,テリー

マルダはあまり良くなかったですね。好不調の波があるのかなぁ。
守備に貢献してるって感じでもなかったですしね。グラントはうるさく言わないか。

バレンシアのアルベルダは「チェルシーは勝利に値しなかった」,
フローレス監督は「ビッグクラブというのは、良くなくても少しの仕事で勝利する。
自分達もそういうゲームをやった事があるが、今日はそれが出来なかった」
という意味合いのコメントをしていましたが、それに対して
なに言ってるのよーー!! と反論するつもりは全くありません。
---------------------------
バレンシア 1-2  チェルシー
 4     枠内     3
 9     枠外     5
 4    Blocked    2
83   パス成功率  79.2
79.2 タックル成功率 71.4
56.3  ポゼッション  43.7    (skysports.comより)
---------------------------
それよりも、グラントがどうも満足しているようで気になります。
『クラブにとっての新しい良いやり方で勝利した事が嬉しい。ファンはこの勝ち方に
満足してるだろう。チェルシーのヨーロッパでのアウェイゲームではベストゲーム
だと言う人もいるよ。』
63両得点ともドログバがいなかったら決まってたかどうか疑わしいですよ!
 とてもベストゲームとは思えないし、昨シーズンのバレンシア・アウェイ戦の
 方がこの試合より内容はまだ良かった。

モウリーニョとの最後の別れの時、涙を流さなかったと言われてるJ・コールは
『自由で楽しい』とグラントを支持しているようです。
泣かなかったのが悪いと言うわけではないです。人それぞれですしっ。
63自由?頻繁に流動的に動いて相手を混乱させてるとは思えなかったし、
 ドログバ頼みは一緒、中盤でゲームが作れなかったのも一緒。
 とてもファンタジーには見えませんでしたけど・・・^^;
 
グラントの声を聞いた事がある方は同じ印象を持たれたかもしれませんが、
インタビューでは見た目から想像するより声が高くて丸い穏やかな喋り方ですよね。
だからか、厳しさがないように想像してしまうんです。
褒めて育てるタイプの監督なんでしょうかね。結果が出た事は最高なのですが
この内容で「相手にゲームを支配されたが」とか
「なかなかチャンスを作れなかったが」とかのマイナス面のコメントが聞こえてこない
ってのが気になります。それともグラントの完成予想図はこれに近いのか・・・。

CLで難敵のバレンシアをアウェイで降し、グループ首位に立ったにもかかわらず
このモヤモヤ感。全てはこの試合後のコメントのせいです。
たぶんグラントが指揮を執ってる限り勝ち続けてもモヤモヤしてそうです><。
ブログランキング
あのチーム状態でアウェー戦に勝利したのはビックリしましたね。

未だにグラントの目指すサッカーは見えてきませんね。
グラントの目指す攻撃的なサッカーとは何か?
示して欲しいものです。
今のチェルシーがやってるサッカーはモウリーニョのサッカーの模倣版の様に見えます。
シーズン中なので仕方ない部分もありますが・・・模倣版でOKならば監督交代の意味ないじゃないかと・・・。
[ 2007/10/06 03:22 ] [ 編集 ]
今晩は。
ホンマ、正直勝てるとは思ってなかっただけに、この勝利は素直に喜びたいと思います。内容は兎も角、勝てたと言う事がこの試合の最大の収穫ですからね。
やはりカルバーリョが帰ってきて、JTとのコンビは安定感が全然違いますよね。
グラントが目指すサッカーは全く見えてこないですが、ポゼッションが相手より低いのに、ベストゲームってのは如何なものかと思いますね。
[ 2007/10/06 05:07 ] [ 編集 ]
ともかく、リーグ戦勝ってから満足して欲しいですね。ドログバは出場できませんし、どう戦うのでしょうか。
[ 2007/10/06 08:29 ] [ 編集 ]
ドロ様とリッキーのおかげでしたね◎
巷ではテンカーテをコーチに呼んでくるって話題ですが、グラント監督が使いこなせるか疑問です

今週末のプレミアがどうなるか様子見てみないとわからないですよね
[ 2007/10/06 09:36 ] [ 編集 ]
まだ見ていませんが、注目カードなので書くつもりです。
でも、チェルシー勝ってよかったですね!!
リバプールは敗れたし。。。(T_T)

[ 2007/10/06 14:24 ] [ 編集 ]
勝ってビックリ笑
先制されてからの裏切りは、嬉しすぎますv-238
選手に拍手を送りたいです★
[ 2007/10/06 16:46 ] [ 編集 ]
やっと勝てましたね…。でも正直言ってドログバ リッキーありがとう とバレンシアさんアジャラ放出してくれてありがとうって感じに見えたんですけどね。 自分もグラントのなんだかご機嫌とりのようなコメントにはもやもやしちゃってます…。
[ 2007/10/06 17:56 ] [ 編集 ]
チーム状態が悪かったのに、
結構調子が良さそうだったバレンシアに、
それもアウェイで勝てたのは大きいですね☆
ホントにうらやましいです^^;
それに比べて我がミランの不甲斐なさは・・・><
[ 2007/10/06 18:13 ] [ 編集 ]
>あやっくすさん
とても勝てる状況じゃないと思っていたので試合の流れからしても勝てたのはびっくりしました!
グラント自身は新しいやり方を表現出来たし、その方法で勝利したと思い込んでますけど ^^;
この試合の選手達の動き程度なら、モウリーニョの時でもありましたしね。
特に大きく変わったところはなかったように思いますけど。笑
模倣版から抜け出せるのはいつになるやら・・・。というか、その日は来るのでしょうかね~。

>ランプスさん
ここで勝った事で、失いかけてた勝つためのスピリットは思い出してくれたように思います。
フローレス監督はいいタイミングでチェルシーと戦える、と言っていましたが、これは
チェルシーにとっても、奮い立つにはとても良いタイミングだったと思います。
何といってもカルバーリョの復帰が大きかったですね!
ベンハイムだったら抜かれてたかもしれないシーンとかもありましたし ^^;
これがベストゲームと言われてフフンと満足してるようではこの先チームは伸びないでしょうね。

>shimadaさん
プレミアで勝てなければ意味ないですよね。持続性がないというか、たまたまこの試合だけ・・・
ドログバがつぶされなかったから・・・、とこの試合限定で結果が出た事になりますし。
ボルトンは低迷してますけど、アネルカの一発もありますし気が抜けないです。
このボルトン戦だけでなく、その後も見ていかないとダメですね。

>シェリさん
ドログバも不調で、カルバーリョもまだ戻ってきてなかったら、この結果は違ったものに
なってた可能性はありますよね・・・。
グラントは、ヨーロッパでトップのスタッフが必要と言ってるみたいですけど、扱えるのか?
って感じですよね。選手にもまだ信頼されてないように見えますし。
テン・カーテはこの時期に来るでしょうかね~。でも2~3週間で見つけるって言ってましたし
近々誰かしらは入ってくるわけですよね。優秀な人が入ると良いですね!

>コージさん
いや~、まさか勝ってくれるとは・・・^^
半分CLもあきらめかけてたんですけど、これで今シーズンもまだCLを楽しめそうです!
リヴァプールはホームでまさかの敗戦でしたねー。私も見ましたけどベニテスの言う通り
今までで最悪だったんじゃないでしょうか?私のイメージでは結果が良くなくても、
一番リヴァプールサポが最後まで温かい応援をしていると思ってたんですけど
帰っちゃってましたしね・・・。でもあんなに戦う意志が見えない,ミスが多いってなると
仕方ないかもしれませんね。まるでアンフィールドじゃないみたいでした。

>○ふう○さん
先制された時には、やっぱりそういう展開になるよなー、なんて納得してしまってました。^^;
同点に追いついても、オウンゴールっぽかったし「たまたま」って感じで、このまま引き分けで
帰れたらいいなーってくらいに思っていたのが、後半に逆転した時にはホント驚きました。
「逆転したよ・・・」そこでやっと私の気持ちが切り替わって、絶対勝って帰ってってなりました。笑
まぁそれくらい内容は悪かったんですけど、これでチームが目覚めてくれると良いですねv-238

>デッコさん
やっと勝ちました☆しかもメスタージャで勝てるとは!!!
カルバーリョが戻ってきてなかったら・・・、アジャラがまだいたら・・・、と考えると??って
なりますし、ドログバが仕事出来た事が得点できた大きな要因ですよねー。
チェルシーと対戦するチームの殆どがドログバをつぶしますが、この試合では不十分でした。
なのでチーム自体が全体的に機能しているとは全然思えない試合だったのは確かですね。
グラントは自分のやり方で勝ったという事を周りにアピールして信じさせ、
信頼獲得の為に必死ですね。笑

>registamilanさん
『調子の良かったバレンシア』ってとこがポイントですよ~!
しかもアウェイでしたし。
全く期待してなかったので、この勝利は大きかったです ^^
ここで勝ち以外の結果だったら、残りのグループステージの試合は、もっと暗い気持ちで
観戦してた事になってたかもしれません。やっぱりCLは楽しみたいですもんね!
ミランはリーグ戦も結果が出てませんけど、セルティック戦はまさかの結果でしたねー。
でもセルティック、ホームでしか力出せませんし^^; ミランはなんだかんだ言っても
勝ち抜けるのは固いと思ってます。
昨シーズンも苦しみつつ、結局はビッグイヤー獲得したくらいですしねe-68
[ 2007/10/07 02:51 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。