毎日がPremier!

 チェルシーのNEWS&GAMEがメインです。 コメントは一言からお気軽にどうぞ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング
--/--/--| スポンサー広告
コメント(-)| トラックバック(-)

MLS All-Stars戦 [プレシーズンマッチ 3] 

MLS All-Stars戦です。
PPL Parkでは、フィラデルフィア・ユニオンのサポーターだったようですが、
太鼓をドンドン叩いての声援、頑張ってましたね。^^;
Jリーグっぽい雰囲気と思った方も多かったと思います。
PPL Park



USA Tour 2012

7月25日(水) 25:55 BST
@PPL Park  Attendance 19,236  referee: Referee Baldomero Toledo

  MLS All-Stars 3-2 チェルシー
 21分 Wondolowski  
219  219 31分 テリー
     72分 Pontius 
219  219 58分 ランパード
   90+1分 Johnson 
219


MLS All-Stars (4-4-2)
Nielsen (Kennedy h-t);
Beitashour, Collin (Valdes 35), DeMerit, Morrow (Corrales 55);
Beckham (Farfan 21), De Rosario (c), Alonso (Beckerman 55), Donovan (Pontius h-t);
Henry (Zusi 55), Wondolowski (Johnson 59).
Goals Wondolowski 20, Pontius 72, Johnson 90


チェルシー (4-2-3-1)
【前半】
イラーリオ
イバノビッチ、ケーヒル、テリー、コール
エッシェン、ランパード
ラミレス、マリン、ベナユン
ルカク

【後半】
ターンブル
イバノビッチ、ケーヒル、ダビド・ルイス、フェレイラ
エッシェン、ランパード
ラミレス、マリン、マルダ
ルカク

【選手交代】
60分 ランパードout メイレレスin
60分 エッシェンout ミケルin
60分 ラミレスout  アザールin
60分 マリンout   ピアゾンin
74分 ケーヒルout チャロバin
74分 ルカクout   デ ブライネin
------------------------------------------------------------
ティム・ケーヒルが観に来ていましたネ!
この試合、チェルシーは爽やかなアウェイユニを着用。

MLS All-Starsのボールでキックオフ。
序盤、チェルシーボールになってもプレスが早くて全然うまくボールが
繋げませんでした・・・。
テリーが滑ってしい、ボールに触ってハンドになってしまったりってのもあったし^^;
チェルシーは徐々にポゼッション率は高くなっていくものの攻め倦んでました。


21921分
縦パスが入ってきたのを大きくケーヒルがクリアー。
それをヘッドで前に送られて、中央で受けたドノバンから
左のアンリへとパスが渡り、ダイレクトでゴール前にクロスが入ります。
中央にウァンドロウスキが入ってきたけどボールは抜けて、テリーがクリアー・・・
したのがウァンドロウスキに当たり、その場でバウンドしたボールを押し込まれて
MLS All-Starsが先制。ん~、アンラッキー。


24分過ぎ、自陣でアンリからエッシェンがボールを突いて奪い、中央で拾った
ランパードから最終ライン右のルカクへとパスが渡ります。ルカクはドリブルで
ゴールに向かいながら、シュート!と思うタイミングで中央を上がってきた
ランパードにパス。ここは2人のDFに囲まれ打ち切れずGKがキャッチ。
ここでランパードがズドーンと決めてくれていたら気持ちよかったでしょうねー。

26分あたりでチェルシーのカウンター。
ベナユンからのボールを中央でエッシェンが受け、ドリブルで持ち上がり
切り替えしたところで、後ろからコリンが全身で激突。
エッシェンは後頭部、コリンはこめかみ辺り?がぶつかって暫くゲームは
止まっていました。
エッシェンは割りとすぐ立ち上がったのですが、コリンの方がダメージが
大きかったようですね。


21931分
チェルシーの右CKから。ランパードが入れたボールにテリーがヘッドで合わせて
ゴーーール!同点に追いつきました。
最初はDFの後ろにいたものの、ポジションを上手く取り、体勢はそれ程
よくなかったのですが、上手く合わせましたね、テリー!
テリーvsMLS All-Stars


前半は1-1で終了。
マリンは積極的にシュートを打とうと頑張ってたようにも思えたのですがましたが、
スペースもなく難しそうでした。

パス本数はチェルシーの方が多かったと思いますが
成功率は同じかMLS All-Starsの方が高かったのでは?と思える程。
(あくまでも私の感覚では、ですけど。)
各チームから寄せ集められたチームにしては、回数は少ないものの
シンプルで上手く攻め込んでたように思いました。

チェルシーファンとしては、ちょっと物足りない前半でした。


後半開始。
うーん、なぜこうも簡単にパスを通させてしまうのか・・・。
50分にはラミレスが相手を倒してFKを与えてしまいます。
これまで気がつかなかったのですが、この時、
壁の立つ位置の芝にスプレーみたいなものでラインを引いてましたね。
壁が動いたらすぐ分かりますけど、MLSでは当たり前なんでしょうか?
こんなキッチリしてるなんて、ちょっとビックリしました。笑

57分、右サイドでエッシェン、イバノビッチがパス交換でDFを引き寄せて、
イバノビッチからマリン、そしてランパードへと縦、縦にパスが通ります。
ランパードはいいタイミングで動き出しましたね~。
マリンからのパスを右のボックス内でダイレクトシュート!
これは後半から入ったGKケネディにナイスセーブでしのがれました。


21958分
チェルシーの左CKからの流れで、ファーサイドにこぼれたボールを
ボックス右でラミレスが拾い、少し運んでDFの間を通してクロスを入れます。
中央にはルカク、イバノビッチ、マリンが固まっていてDFもそちらをマーク。
GKも出ますが触れずに、ファーまでボールが抜けてきて、
後ろから入ってきたランパードがワンバウンドしたボールを押し込んで
チェルシーが逆転!
ランパードvsMLS All-Stars

21972分
ベッカムから左サイド前方のスペースへと1本のロングパスが出ます。
追いついたデ・ロサリオがマイナスに戻し、それをダイレクトでポンティウスが
押し込み2-2の同点となりました。
後ろから入ってきたポンティウスには誰も付いてなかったですね・・・。
まったく、こんなあっさりと同点ゴールを決められるとは。


この後は単純にクロスを入れたりという感じでチェルシーにゴールのニオイは
感じませんでした。
追加タイム2分の表示。このまま引き分けで終わるのかなと思っていたのですが。


21990+1分
左サイドのベッカーマンからの縦パスに抜け出したジョンソンが
ダビド・ルイスをかわしてシュート!
これがダビド・ルイスの足に当たってコースが変わり、ふんわりとゴールに吸い込まれ
3-2と勝ち越されてしまいました。
なんと、追加点が欲しかったのに逆に失点してしまいました。
ベッカーマンは落とされたボールをダイレクトで強めに縦パスを入れたのですが、
これがジョンソンの動きとピッタリ合って、やられてしまいましたよ。


その後、ダビド・ルイスがドリブルで中央を駆け上がり、ピアゾンとワンツーで
突破をしかけますが、ベッカーマンに倒されFKをゲット。
ダビド・ルイスが蹴ったボールは壁に当たってしまいノーチャンス。
そして試合終了のホイッスルが鳴りました。

BeckhamHenry.jpg

           この2人の存在感は健在

プレシーズン・マッチといっても、やっぱり負けるのは嫌なもんです。

勝つべき!とかそういうのではなく、気分的に嫌ってだけなんですけどネ。
次のミラン戦では、内容的にあと少しでも光が見えてくると嬉しいのですが

ブログランキング
リバプールファンです。
チェルシーのここまでの調子と、トーレスの調子はどんな感じですか?
うちは新しいサッカーにまだまだ馴染めてない感じです。
[ 2012/08/06 22:04 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/10/28 01:06 ] [ 編集 ]
THANKS FOR YOUR COMMENTS













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


プロフィール

-

Author:-

420 yunapure 420(♀)

チェルシーファン♪
好きな選手は
J・コール、ランパード、ジェラード
カンビアッソ、プジョル 他
いっぱいいますw

コメントお待ちしています266

ブログ内検索
最新 記事+コメント


◎ 全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ロンドン
Weather in London


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。